ニキビのかさぶたを剥がさない様にする方法

hand-474279_640-min

ニキビのカサブタを無意識に剥がしまくっていた

治りかけのニキビはカサブタ状になるが、俺のその時の悩みは、寝ている時に無意識に引っ掻き、剥がしてしまうことだ。それによりまた傷ができてカサブタが新しく作られ、ずっと同じ箇所にカサブタをキープしてしまう。

カサブタを引っ掻き続けていれば色素沈着になるリスクも高まるし、見栄えも悪い。それにいつ肌の奥のほうまで引っ掻いてしまって更に傷を広げてしまうが不安になるだろう。

特にトレチノイン治療中は、ニキビの上から皮剥けすると、出血してカサブタになりやすい。俺がフェイスラインのニキビを治す時にトレチノインを使ったら、以下のようなカサブタができてしまった。しかも毎晩引っ掻くから1ヶ月くらい治らなかった。

ニキビのかさぶた

朝起きると爪の間にカサブタが入り込んでいたから、「爪をきれば引っ掻けなくなるかも」と思い爪を短くしてみたが、朝起きてみれば指とフェイスラインに固まった血がこべりついていた。頑張って引っ掻いたらしい。

他にも拳を握った状態でテーピングでグルグル巻きにして、強制的に引っ掻けない様にした事もある。しかし、朝になれば外れていて、カサブタも剥がれていた。

カサブタを引っ掻かなくする本質的な対策

引っ掻いてしまう原因は「痒み」

やはりこれらのような対症療法ではなく、本質的な対策をするのが賢明だと思い、「カサブタを引っ掻いてしまう原因」を突き止めることにした。

なぜカサブタを引っ掻いてしまうのかを考えると、一番に思いつくのは痒みだ。起きている時は引っ掻くのは我慢するが、カサブタのある部分はむず痒くひっかきたくなってしまう。

ひとまず痒さが引っ掻いてしまう原因だと仮定し、次にどうすれば痒みを抑えられるかについて考えた。

痒みの原因は「乾燥」

痒みを抑える方法として、かゆみ止めを塗るなどを思いついたが、トレチノイン治療中だった為かゆみ止めの成分を肌につけたくない、無駄な刺激を起こしたくないという理由で却下。

同時に「そもそもトレチノイン治療中だから肌が乾燥していて、そのせいで痒くなっているのではないだろうか?」という事に気付いた。だから、この時から化粧水・クリームを使うことで保湿して痒みを抑える方法をとることにした。

その日の晩、俺はB.glenの「10YBローション」をトレチノイン前に塗りこみ、保湿対策をした。すると、次の日の朝は爪の間にカサブタがついておらず、無意識のうちにカサブタを剥がさずに済んだ。

やはり俺の場合、カサブタを剥がしてしまう理由は、乾燥による痒みだったのだろう。寝る前に保湿しはじめたらカサブタを引っ掻かなくなり、徐々にカサブタは小さくなっていった。

せっかくトレチノイン治療しているのにカサブタを引っ掻いているせいで全然傷が治らずに治療が無駄になる所だったから、早めに本質的な原因を見つけられたのは大きい。

保湿力の高いものでなければ無意味だ

試しに10YBローション以外の化粧水で保湿した時があったが、その次の朝はカサブタを剥がしてしまっていた。以前、ニキビだらけだった俺が辿りついた”化粧水が浸透しない理由”でも述べたが、やはり浸透力の高いものを使う必要がありそうだ。

また、アロエベラクリームも保湿に有効だった。寝る前にカサブタの上からピンポイントでつけてみたが、抜群の保湿力で痒みを感じず、起きた時にカサブタを引っ掻くことはなかった。

カサブタを無意識に引っ掻いている人は保湿をしてみては?

全ての人が同じ原因かどうかは定かではないが、俺があまりの痒さに寝れずにネットでリサーチした結果、ニキビのカサブタを寝ている時に剥がしてしまい困っている人は多数いた。だから一つの対策として保湿を頭に入れてみてくれ。

俺が使っていた10YBローション、アロエベラクリームは特に保湿力の高さを感じられる。(10YBローションは高いけど)新しく保湿製品を頼むのなら、10YBローション又はアロエベラクリームを購入してみるといいと思う。

10YBローションはB.glenの公式サイトでの販売になるが、アロエベラクリームはAmazonで購入できて速達なら次の日には届く。それと注意だが、あくまでこれらの保湿製品は、痒みを抑えるための保湿製品であって、ニキビを治すために使用したわけではない。

化粧品で重度のニキビなどを治すのには、無駄な時間と費用がかかりすぎるし、治る可能性も極端に低くなると考えている。ニキビを治すのにはトレチノインなどの医薬品を使うことを推奨する。

【関連記事】ビーグレンで重症ニキビを治すのは不可能だろう

カサブタを引っ掻かなくなることで、カサブタの治りが圧倒的に早くなり1ヶ月近くずっとカサブタがあった状態が嘘のように治ってきている。今カサブタを無意識に引っ掻いてしまう事に困っている人は、手を縛ったり絆創膏を使ったり等の「引っ掻かない様にする」対策をするのではなく、保湿などで「引っ掻かなくて済む」対策をするといいかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA