ニキビの為に食品アレルギー検査(IgG検査)をやった結果②

アレルギー検査
どんな食品が俺のニキビ肌に影響を与えている可能性があるのかを知るため、食品アレルギー検査キットを使い、食品を摂ってから数時間後に反応が出始める「遅延型フードアレルギー」の検査を行った。

遅延型フードアレルギー検査にも二種類あり、前回は「IgA検査」、今回は「IgG検査」を実施した。>>ニキビの為に食品アレルギー検査(IgA検査)をやった結果①

ヤバイのは乳製品と大豆だけだと思ったら・・・

前回のIgAアレルギー検査では、何がアレルギーなのかを特定するための追加情報を得るための検査のようで、そこでは乳製品と大豆のアレルギーレベルが高かったのが衝撃的だった。

乳製品アレルギー検査キット結果

ニキビにとって乳製品は良くないことは分かっていたため、以前から乳製品は摂らないようにしていたが、それはこの検査上では正解だったと言える。

しかし、今回送付されてきた二種類目のアレルギー検査「IgG検査」では、IgA検査よりも更に衝撃的な結果を知ることになってしまった。

俺って実は結構なアレルギー体質だったのか・・・!?

検査結果を一目見て言葉を失った。なぜなら、IgA検査ではアレルギー反応が出ていなかった食品にまで、かなり高いアレルギー反応が出ていたり、食品全体的にアレルギー反応が少なからずあったからだ。↓以下が実際の結果。

allergy2
食品アレルギー検査IgG2

俺は自分がアレルギー体質だなんて思ってもいなかったが、こうして見てみると、アレルギー反応が出ている項目がたくさんあった。特にIgA検査では反応しなかった卵白・卵黄も、IgGでは「極めて高いアレルギーレベル」に足を踏み入れようとしてしまっている。

卵と乳製品にこれだけ重度のアレルギー反応が出ちゃったら、食生活はガラリと変わってしまう。パンやアイス、お菓子なんかはほぼ食べられないだろう。

それに、最近の俺は卵の栄養価を見込んで、毎日2個は卵を食べていた。それに発酵食品という事で納豆(大豆)もかなり摂っていた。つまり、今までの体に良いと思っていた食生活は、俺自身のアレルギーを強めているだけだったのだろうか・・・?

野菜などでも、高いアレルギー反応とまではいかないが、「低い」「中程度」のアレルギー反応がチラホラある。初めてこの検査結果を見た時は、「俺ってこんなにアレルギー体質だったのか?」と、かなりショックを受けた。

遅延型フードアレルギー検査は意味ないという説

今回の結果があまりにショックだったから、本当に遅延型フードアレルギー検査って正確なのかを調べる為に情報収集をしていたところ、以下のような記述を目にした。

血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起

日本小児アレルギー学会は、食物アレルギーの原因食品の診断法としてIgG抗体を用いることに対して、「食物アレルギーハンドブック 2014 子どもの食に関わる方々へ」(2014年日本小児アレルギー学会発刊)において推奨しないことを注意喚起しています。米国や欧州のアレルギー学会でも食物アレルギーにおけるIgG抗体の診断的有用性を公式に否定しています。
その理由は、食物抗原特異的IgG抗体は食物アレルギーのない健常な人にも存在する抗体であり、このIgG抗体検査結果を根拠として原因食品を診断し、陽性の場合に食物除去を指導すると、原因ではない食品まで除去となり、多品目に及ぶ場合は健康被害を招くおそれもあるからです。
日本小児アレルギー学会は食物抗原特異的IgG抗体検査を食物アレルギーの原因食品の診断法としては推奨しないことを学会の見解として発表いたします。

出典:日本小児アレルギー学会

要約すると、

  • IgG反応は、実際はアレルギーがない健康な人にも出る
  • 検査結果に則り、誤って食品を断つと、健康被害が出る可能性
  • 日本小児アレルギー学会は、IgG検査だけでのアレルギー検査は推奨しない

つまり、IgG検査に引っかかったからといって、実際にアレルギー反応があるワケではないという事らしい。これが本当なら除去しなくてはいけない食品が大幅に減るからとても嬉しい事だ。

嘘はどっちだ?

しかし、実際に検査結果として出てしまうと、どうしても「危険なんじゃないか?」という意識が入ってきて、ついその食品を避けがちになってしまう。完全に割り切るためには、IgG検査が無意味だという明確なソースが必要になる。

遅延型フードアレルギーの検査をキットを使って自宅でやられてしまうと病院側が検査費用を得ることができないから、病院側の利益を守るために医療業界が吹聴しているだけかもしれない。その情報を信頼するに足るソースを提示してくれれば、あるいは判断材料となるようなケースをいくつか提示してくれれば、IgG検査を無意味だと思えて、いくらか不安も取り除かれるだろう。

今まで特に不調はなかったように思う

もし俺が本当に卵に対してかなり重度の遅延型フードアレルギーをもっていたとすると、腑に落ちない点がある。

俺は最近は意識して卵を食べているが、かなり重度の遅延型フードアレルギーを患っている割には特に不調になるという事もなく生活できていた。頭痛がするとか、下痢になるとか、一般的に言われているような副作用は特に出ていない。

単純に俺が認識できない部分で不調が発生しているという可能性もあるが、ここまで重度のアレルギーだったら何かしらの反応が出るのではないだろうか・・・とも思う。

IgG抗体のレベルは食品の量に比例しているだけ?

日本アレルギー学会によると、「IgG抗体のレベルは食品の量に比例している」とも言われている。つまり、たくさんその食品をたくさん食べたから、IgG抗体の量が増え、検査上ではアレルギー反応が高く見えているだけだという。

卵に関しては、これは納得がいく。卵は1日2個を毎日食べていたし、これだけの高いレベルで反応が出てもおかしくはないだろう。

しかし、そうなると疑問なのは、「なぜ、断っていた乳製品の反応もあれだけ高いレベルになっているのか?」だ。また、他の食品でも、アーモンド、マッシュルーム、昆布、オート麦、しょうがなどは特に沢山摂っているワケでもなかったのに、これだけの反応が出ている。

考えられる答えとしては、以下のものが挙げられる。

  • それ等に関しては本当にアレルギーがあった
  • 体質的にそれ等の食品のIgG抗体が多いだけ
  • それ等の食品と同じ科に属する食品を食べていた

特に、「それ等の食品と同じ科に属する食品を食べていた」というのが一番可能性が高いかもしれない。

調べてみると、アーモンドはバラ科に含まれ、同じバラ科であるリンゴ、梨、キウイ、白ごまを俺はたくさん摂っていた。また、オート麦はイネ科で、イネ科の代表である白米を俺は摂っている。しょうがは、酢の製造の際にも使われているらしく、俺はよく酢を摂っていたから、それでレベルが高かった可能性もある。(マッシュルーム、昆布に関しては不明だった)

自暴自棄にならず、情報を集めていく

IgG抗体検査は正しいのか無意味なのか、それを確定させるにはまだ情報が足りなさすぎる。提供される情報には常に疑いを抱き、すべてを鵜呑みにしないようにすることが重要だろう。

今回の検査結果で、卵や乳製品、大豆、他多くの項目で高いアレルギー反応が出たが、それ等の食品を摂ったからといって特に自分の体に不調が出ているワケではない。厳密にいえばニキビ跡があるという不調はあるワケだが、それ等の食品を摂らなかったからといって改善されているワケでもなければ、摂って悪化しているワケでもない・・・難しいところだ。

とりあえず、「自分はアレルギーの可能性がある」という情報を得られただけでも、この検査をやってよかったと思う。アレルギーによりニキビが悪化している可能性もある、という新しい治療の切り口を見つける事もできた。

今後は、自分の食生活が体にどのように影響を及ぼしているのかを、より一層注意深く観察し、この検査結果の真偽を確かめていこうと思う。

>>ニキビの為に食品アレルギー検査(IgA検査)をやった結果①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. マカロン田中 より:

    シンイチさん

    ご丁寧なお返事ありがとうございます。
    なにかと情報が少ない分野なので、とても助かります。

    私は、食事制限をするついでに、「添加物除去」「精製物除去」もしています。

    添加物除去は、加工品などに含まれている「香料」などの除去です。
    結果的に、加工品は食べられません。笑
    なんとなく体に良さそうなので続けています。

    精製物除去とは、白米・小麦を食べずに、発芽玄米・グルテンフリー小麦を食べることです。
    こちらも、なんとなく体に良さそうなので。笑

    他にも、1日2食にしてみたり、運動してみたり、と色々やっています。
    効果があるものが分かったら、またコメントします!

    ※IgGとIgAのキットを注文しました!
    ※(ambrosiaの公式サイトでセット販売されているやつです)

  2. マカロン田中 より:

    私は、半年前にIgG検査を受けました。
    それから食品除去生活を行っています。調子が良いですよ。

    今、IgA検査を受けようか迷っています。
    IgGとIgAの違いについて、何かご存知ですか?

    Ambrosiaは平日しか電話窓口がないし、
    ネットで調べても、IgAの情報が出てきません。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>マカロン田中さん

      食品除去で快調になっているとの事で、おめでとうございます。
      私はあまり除去食をしてもしなくても体調に著しい変化は見られませんでした。
      謎が深まるばかりです。

      IgGとIgAの違いですが、私は、IgGは血液中のIgG抗原の反応で、IgAは腸粘膜を守るIgA抗原の反応だと記憶しています。
      IgA反応が高い食品があるという事は、その食品が腸粘膜を攻撃するリスクが高いという事だと思います。

      不確かなので、参考程度にお願いします。正確な情報が分かったら追記しますね。
      私の場合はIgGとIgAでずいぶん異なる反応が出たので、一度IgA検査も行ってみてもいいと思いますよ。

  3. じゃろ より:

    このブログを参考にさせてもらっています。
    遅延性アレルギーかどうかは精査する方法が少なく、検査結果だけではなく実害があるかどうかが問題なので、ひとつずつ除去食を実施してアレルギーかどうかを判断するのが確実ではないでしょうか。
    ニキビだけでなく、あらゆる不調のサイレント要素として無視できないだけに、今後もぜひとも食品アレルギーについてのレビューを発信して欲しいです。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>じゃろさん

      はじめまして、じゃろさん!
      貴重なご意見ありがとうございます。

      確かに一つずつ除去食を実施していく方法がベストだと思われますが、どこにどのようにダメージが出ているかがとても分かりづらく、アレルギーの判断が難しいのも遅延性アレルギーの厄介な所だと思います。
      アレルギーだという先入観が入るだけで、日常のなんてことない事もアレルギー反応のせいにも思えてしまうし、情報を確定させるにはまだまだ時間がかかりそうです。

      それまで色々と情報を掲載していくつもりなので、参考になれば幸いです。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA