重度の顎周りニキビがただの化粧品で治った理由を解明した

顎周り

重度の顎周りニキビが、たかが化粧品で治った!?

重度のニキビは、殆どがパワーのある医薬品じゃないと治らないと俺は考えていたが、偶然、重度の顎周りニキビを化粧品で治した体験談を発見してしまった。

俺は化粧品で重度のニキビは治せる可能性は低いと考えている。しかし、やはり自分のニキビの原因と上手くマッチすれば、化粧品でも重度のニキビを治すことができるようだ。

しかも、ネットでゴリ押しされている商品だっただけに、その商品に良いイメージを持っていなかった。だが今回のケースで、その商品の評価を見直す必要を感じ、こうして記事にした次第だ。

顎周りニキビの隠れた原因にアプローチできる

その重度の顎周りニキビを治した商品というのは「メルライン」という顎周りニキビ専用のクリームだ。あなたも、もしかしたらネットで一度は見かけた事があるかもしれない。

メルライン

メルラインはネットでゴリ押しされ、挙句の果てにはニキビの知識がなさそうな人までがステマしている。そんな現状を知っていたから、メルラインは悪くないのに俺はメルラインを不愉快に思っていた。(本当に悪いのはステマの人)

だからこのサイトでも紹介する気はなかった。しかし今回たまたま、メルラインを使って重度の顎周りニキビを治した信頼できる体験談を見つけたので、紹介するべきだと判断した。

メルラインで重度の顎周りニキビを治した体験談

その体験談というのが、「ひどい顎のニキビが治らない僕の89日間の記録を公開します」というブログに掲載されているジョーさんの体験談だ。以下の画像が実際の顎周りニキビの改善具合だ。

顎周りのニキビ

出典:ひどい顎ニキビが治らない僕の89日間の記録を公開します

このブログでは、BeforeとAfterだけでなく、89日間の変遷を事細かに記録してあり、メルラインを使い始めてから顎周りのニキビが治り始めたのが一目で分かるようになっている。

ではなぜこれだけの重度の顎周りニキビがただの化粧品で治ったのか?それは恐らく、メルラインの保湿成分がこのケースの顎周りニキビの原因とマッチしたからだ。

実は、「乾燥と皮脂のバランス」が本当のニキビの原因

ニキビの原因は皮脂の多さだと思われているが、実際は皮脂の量に対する肌水分量のバランスが悪化することがニキビの原因だという事がFUJIFILMの研究で分かっている。

部分的な乾燥
出典:FUJIFILM

つまり、肌水分量の少ない「部分的な乾燥」をしている箇所に皮脂が分泌されるとニキビになりやすい。メルラインは高い保湿効果がある為、乾燥を改善しやすく、それがニキビの改善に繋がっているのだろう。

顎は乾燥しやすく、皮脂が出やすい

また、上図の【水分量分布】を見ると分かるように、顎周りの肌水分量は極端に少ない。つまり、顎周りは乾燥しやすくニキビができやすい部分だと言える。

顎周りの肌水分量

更に、乾燥している箇所は刺激に弱くなり、その刺激を緩和するために皮脂が分泌される。乾燥している部分は皮脂が分泌されやすくなることで、乾燥性の脂性肌(インナードライ肌)になり、ニキビができやすくなる。

顎周りはニキビは、インナードライを解決しなければいけない

顎ニキビは、乾燥と皮脂のバランス悪化が原因だ。そして、乾燥と皮脂のバランスの悪化するのは、顎は乾燥しやすく、その乾燥から肌を守るために皮脂が分泌されるからだ。

顎周りのニキビを治すには、乾燥と皮脂バランスが悪化する負のループを断ち切らなければいけない。前述した体験談の方は、その負のループを断ち切るために脂性肌の根底にある乾燥(インナードライ)を治すべくメルラインを使ったという訳だ。

顎周りのニキビ
出典:ひどい顎ニキビが治らない僕の89日間の記録を公開します

メルラインは保湿成分が多彩で、多彩な保湿成分により乾燥が治れば顎周りニキビは治る。だからメルラインで顎周りニキビが治ったのだろう。

顎周りのニキビが治らないのは皮脂対策をしているからではないか?

顎周りはインナードライになりやすい。それを知らず、皮脂がバンバン分泌されているからといって脂性肌だと判断し、皮脂対策をしていたとしてもムダになのだ。その脂性肌の根底にあるのは「乾燥」だから、あなたが本当にしなければいけないのは乾燥対策という事になる。

「ひどい顎のニキビが治らない僕の89日間の記録を公開します」のジョーさんも、自身の肌質を「乾燥と脂性の混合肌」と記述している。つまり、ジョーさんと同じようなインナードライ・混合肌で、顎周りのニキビに悩んでいる人は、メルラインで治る可能性が高いと考えられる。

勿論、メルラインで治るのならトレチノインなどの医薬品でも治る可能性は高いが、トレチノインには副作用もあるし夏には治療は行えない。しかし、メルラインならノーリスクで治療を行えるから、自分のニキビの原因と完全にマッチしているのなら、医薬品ではなく化粧品のメルラインで治療するのも十分アリだ。

とりあえず数か月使うだけ使ってみる価値はありそうだ

メルラインはあくまで化粧品だから、これでどんな重度のニキビも治るという事ではない。しかし、今回のジョーさんのケースのように、自分のニキビの原因と化粧品の性能がマッチしていれば、重度のニキビをも治す事は可能だ。

だからこそ、これから紫外線が強くなりリスクの高い治療が困難になるこの季節に、インナードライ肌の顎周りのニキビに悩んでいる人はとりあえずメルラインを使ってみるという選択肢を設けてもいいと思う。

ニキビ跡を化粧品で治すのは非常に困難

ジョーさんのケースは、ニキビ跡にまで発展していなかったからメルラインで治ったが、ニキビ跡に発展していたらそのニキビ跡は治せていなかっただろう。化粧品でニキビ跡を治すのは非常に困難だ。

だから、顎周りのニキビがニキビ跡に悪化する前に、とりあえず可能性を信じて使ってみてもいいと思う。それで治ればバンザイだし、治らなければ夏が明けてからトレチノイン治療に踏み切ればいい。

数か月経ってからメルラインを使っても、その時にはニキビ跡になっている可能性もある。ただのニキビならメルラインで治る可能性もあるから、今、メルラインで治るうちに治しておきたい

勿論、最初から勇気をだしてトレチノイン治療をするのも良い。ただ、季節的な問題でリスクが大きいから、その所をよく理解するべきだと思う。(トレチノイン治療についてでもなんでも気軽にメールしてくれ。)

180日間の返金保証もついている

また、メルラインには180日間の返金保証もついている。もし、メルラインで顎周りのニキビが治らなかったら、原因と完全にマッチしていなかったと割り切り、返金してもらえばいい。

そして、返金してもらったお金でトレチノインを購入し、トレチノイン治療をはじめる。返金保証があるからこそ、このような二段構えの治療が行える。

メルラインを使うべき人のまとめ

  • インナードライ肌(混合肌)
  • 口・顎周りのニキビが治らない
  • 皮脂ケアをしてきたけど治らない
  • ニキビ跡に発展していない
  • 今どんな治療をすればいいか迷っている
  • トレチノイン治療は夏はしたくない

本当は化粧品は推奨したくはない。しかし、ジョーさんのような重度の顎周りニキビを治したケースがある以上、その希望を見て見ぬふりすることはできない。

インナードライ肌で、顎周りのニキビに悩んでいるあなたは、メルラインを使ってみる価値があるかもしれない。積極的に推奨するわけではないが、今何もするべき治療がなく、生活習慣も整え自然治癒するのを待っているのなら、そのサポートとしてメルラインを使うのは最善の策と言える。

>>メルライン

追伸

メルラインで重度のニキビが治る可能性が高いのは、「インナードライ肌」の「顎周りニキビ」だ。その他の原因の重症ニキビでは治る見込みは少ないと思う。

夏の間はレーザーやトレチノイン、強いピーリングはできず、重度のニキビ、ニキビ跡は治しにくい。だが、インナードライの顎周りニキビなら夏でもメルラインで治せる可能性がある。

顎周りのニキビが、メルラインで治らないニキビ跡に悪化する前に早期に治してしまうべきだ。それに関しての相談などがあれば気軽にメールしてくれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA