虫歯の多さとニキビの酷さは関係しているかもしれない

虫歯とニキビの関係

俺はニキビ以外に、虫歯も他人以上に多かった。だから、もしかしたら、虫歯とニキビには何か関係があるのかな?と考えるキッカケになった。そして、俺なりの結論から言うと、虫歯とニキビは関係あるんじゃないかと思う。

ニキビ跡が治らない事と虫歯は関係あるのではないか?

俺の場合は、ニキビが頻繁にできるというより、ニキビ跡が治癒しない事が問題だった。そこで疑問に思ったのが、ニキビができないようになったのに何故ニキビ跡は回復しないのだろうか?という事だ。

顔の切り傷やたまにできるニキビは、数日でキレイサッパリ回復する事は確認できた。つまり、自然治癒力(回復力)は正常だといえる。それなのに、ニキビ跡の部分だけが治らない。この事から以下の事が考えられる。

  • ニキビ跡の炎症ダメージがとても深い
  • 回復力と同等レベルのダメージが発生し続けている

つまり、悪化はしないが回復もしない、均衡状態で回復と破壊が繰り返されている可能性がある。または、ニキビ跡のダメージが深すぎて、回復に時間がかかりすぎるのか。

俺のニキビ跡は、頬とフェイスラインにある。そして、その部分は丁度、虫歯があって、今現在銀歯をしている位置でもある。以前、虫歯がニキビと関係あるという情報を得た時から、その点が少し気になっていた。

それ等が偶然の可能性もあるが、少なくとも虫歯ができるという事は食生活が悪いというサインでもあるし、少しもニキビに関係ないという事はないだろう。という事で、虫歯とニキビの関係を考察した。

虫歯とニキビの関係・影響

虫歯の毒素が皮膚から排出されてニキビになる

以前ネットで見た情報では、虫歯の毒素が皮膚から排出されて、それがニキビになるといった感じのメカニズムだった。それもあり得ない事ではないだろう。

歯には、象牙質の液体移送システムというものがあり、そこから毒素等が体中の血管にのって運ばれていく。それが皮膚にいけば、ニキビとして皮膚から排出されるのかもしれない。

歯科金属アレルギーでニキビになる

もう1つ、歯科金属アレルギーがニキビを引き起こす可能性も高い。金属アレルギーの人の場合、銀歯を埋め込まれると、その銀歯が少量ずつ溶け出てきて、体内でトラブルを引き起こしていくと考えられている。

銀歯を入れたからといってすぐにトラブルがおこる訳ではなく、何か月、何年と積み重なり、やっとニキビ等のトラブルとして現れるから厄介だ。

また、銀歯には水銀などの有害金属を混ぜて作った安価な銀歯もあり、昔はそれを詰めるのが主流だった。水銀は水俣病などを引き起こす原因でもあり、安価だという理由だけでその危険な物質を体の中に埋め込んでいた時代があったというだけで驚愕だ。

今は水銀アマルガム(水銀を含む銀歯)が使われることは少なくなっているようだが、それでもまだ完全に廃れている訳ではないらしい。また、昔つめた銀歯が水銀アマルガムだった場合は、ニキビに限らず、そのせいで体中の不調を引き起こしている可能性もある。

糖質を過剰摂取している食生活

虫歯は糖質を過剰摂取している人にしかできない。砂糖を含むお菓子、米、パンばかりをたくさん食べ、糖質を過剰に摂取している人は、虫歯になると同時に食生活の乱れにより体中に不調をきたしてもおかしくはないだろう。

糖質はどれも血糖値を急激に高める食べ物ばかりだから、血管を傷つけ、体を老化させていく事にも繋がる。また、消化に負担がかかり、胃腸へのダメージも高まり、脳機能にも悪影響がある事も分かっている。

ニキビと糖尿病の関係についての記事を書いたが、糖尿病になるような人は糖質を過剰摂取している可能性が高く、同時に虫歯もできているのではないだろうか?糖尿病・虫歯・ニキビ、これ等は裕福な食生活をできるからこその病気だ。ここに何かヒントが隠されているような気がする。

虫歯がある人はライフスタイルを変えてみよう

もしあなたに今ニキビがあり、更に虫歯もあるのであれば、まずは虫歯ができないようなライフスタイルを送るようにしてみるべきだろう。上述したように、少なからず虫歯とニキビは影響し合っている筈だから、虫歯を失くすようなライフスタイル(食生活)をしていればニキビ改善にも繋がる筈だ。

※余談だが、虫歯は削らなくても糖質をとらなければ自然治癒すると言われている。これについてはここで語るのもどうかと思うから「名医は虫歯を削らない~虫歯も歯周病も自然治癒力で治す方法~」という本を読んでみてくれ。

具体的なライフスタイルの変え方

糖質をなるべく摂らない糖質制限をする

具体的にどのようにライフスタイルを変えていけばいいのか?俺の考えだと、「糖質制限」に落ち着くと思う。糖質を摂らなければ虫歯はできないし、胃腸へのダメージ、血管へのダメージも緩和される筈だ。それが少なからずニキビの改善に役立つ事は間違いないだろう。

砂糖だけでなく、ごはんやパン、麺には多くの糖質が含まれている為、糖質制限をするとなると、お菓子だけでなく炭水化物全般を制限する事になる。中々勇気がないとできないかもしれないが、本当にニキビを治したいのであれば一度やってみて損はないと思う。

それに健康を意識するのであれば、遅かれ早かれぶち当たる壁だと思うから、早めに有益な事実を知っておくにこした事はない。以下の本が参考になり、多くの人に支持されている。一度読んでみてはどうだろうか。


いつものパンがあなたを殺す―みんな大好き!パン、パスタ、シリアル・・・・・の真実


炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学

GI値の低い食べ物から食べる

炭水化物などのGI値の高い(血糖値を急激に上げる)食べ物は、ニキビにも虫歯にも悪い影響をもたらす。お菓子やアイス、炭水化物などは総じてGI値が高い為、食事の時はGI値が低く、血糖値の上昇を緩める食物繊維を含む野菜などから食べ始めるのが好ましい。

そのような食べ方をする事で、急激な血糖値上昇による虫歯の発生だけでなく、血糖値を抑えるインスリン分泌の時に同時に分泌される皮脂の分泌も抑えられ、ニキビの発生も抑制できると考えている。

俺が実践している「皮脂を減らす食事法」を5分で教える

GI値に関しては、「(食品名) GI値」で検索するとたくさん出てくるが、ここにも一応掲載しておく。内容が完全に正しい訳ではないし、思い違いも発生するかもしれないから、参考程度に。

GI値

まとめ

虫歯とニキビの関係は少なからずあるだろう。虫歯もニキビも、生活習慣・食習慣が乱れている事で起こる病気だから、虫歯ができるという事はニキビもできやすい状態だろうし、その逆もまたしかりだ。

  • 虫歯の毒素が皮膚から排出されニキビになる
  • 歯科金属アレルギーによりニキビが発生する
  • 糖質の過剰摂取によりニキビが引き起こされる

どれも考えられる話ではあると思うが、個人的には「糖質の過剰摂取によるニキビ」が一番虫歯とニキビの関係を表しているのではないかと思う。

現在、虫歯の事を意識し、色々とライフスタイルを変えている。そのおかげか肌が確実にキレイになってきている事を実感している。しばらくはこのままの生活を続けていき、更に効果が明確になってきたら、再びその事について報告したいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. かな より:

    はじめまして。かなと言います。
    こちらの記事とは無縁な事ですがどこにコメントしたら良いかわからないのでこちらにコメントさせていただきます。
    トレチノイン治療を一ヶ月前にはじめました。
    ほんとにばかではずかしいのですが、ほとんど知識をつけずはじめました。
    使った場所は陰部と乳首です
    最初はトレチノインと天然クリームを塗ってました。

    約一ヶ月、トレチノイン(0.5)と天然クリームだけを使ってました。天然クリームを使ってたせいで範囲はどんどん広がりました。
    なんの異常もない色素沈着していない皮膚の部分は真っ黒になり、酷く血が出たり、怪我をしたみたいになってます。範囲が太ももまで広がりました。
    多分炎症後色素沈着だと思います。
    はじめから色素沈着している部分も逆に黒くなりました。
    このままトレチノインを使い続けたらどうなりますか?どうしたら、黒ずみを消せますか?黒ずみのない肌はどうなってしまうのでしょうか。。
    今はバイキロノンだけ塗っています。
    炎症後色素沈着したらどれくらいで元にもどりますか?

    どうすればいいでしょうか。
    下手くそな文章で申し訳ありません。
    真剣に悩んでます。。(TT)(TT)
    皮膚科にいく予定ですが貴方様の意見等も聞きたいと思い質問させていただきました。少しでも意見等を聞かせていただきたいです。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>かなさん
      ブログを運営しているシンイチです。

      まず、かなさんが使ったトレチノインは0.5と記載がありますが、0.05%でしょうか?
      0.05%であればいいですが、いきなり0.5%を使ったのであれば、それはマズイ結果にもなるでしょう。(0.5%が存在するのか分かりませんが)

      赤みや出血、黒ずみが出ているとの事で、トレチノインの反応のオンパレードですね。適切なレベルであれば問題ないですが、出血が起こるレベルだと少し強いかもしれません。
      写真などを見ていないので正確な判断はできませんが、一度トレチノインを中止してハイドロキノンだけを使ってクールダウンさせた方がいいでしょう。
      つまり、かなさんの今の対処でいいと思います。炎症後色素沈着もハイドロキノンにより改善していくので、気長に塗り続けてみて下さい。
      ただ、これからの季節は紫外線が強くなってくるので、日焼け止めを塗るのも忘れない様にしましょう。

      皮膚科にいくとの事ですが、全ての皮膚科医がトレチノイン治療に詳しい訳ではない事も知っておいてください。
      詳しい先生であればいいですが、そうでない場合は説明不足・情報不足のままトレチノイン、ハイドロキノンを使う事にもなります。
      製品について詳しい説明がないようであれば、「ハイドロキノンを塗る時は日焼け止めを使った方がいいんですか?」と質問してみて下さい。
      「別に使わなくてもいいですよ」みたいなことを言われる様であれば、その先生は少なくともトレチノイン・ハイドロキノンに関しては知識不足だと言えると思います。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA