ニキビ肌に悩む俺が使って良かった薬オブ・ザ・イヤー2016

ニキビ肌に悩む俺が2016年に使ってよかった薬

あけましておめでとうございます。重症ニキビの治し方専門ブログを運営しているシンイチです。

2016年も1年間色々な薬を使い肌へのケアを試みてきたから、その中で一番使ってよかったと思う薬を紹介しようと思う。

【関連記事】俺が使って良かったと思う薬オブ・ザ・イヤー2015

2016年に肌のために使ってきた薬

  • トレチノインジェル
  • BIHAKUENトレチノイン
  • ユークロマハイドロキノン
  • BIHAKUENハイドロキノン
  • ルミキシル
  • ビール酵母
  • アロエベラクリーム
  • ディフェリン

2016年は、スキンケア用品で肌自体をケアする事より、食事などで体を健康にする事で肌をきれいにすることを心がけていた。その為、2015年ほど多くの薬を使っていない。

2015年のミルバソゲルほど劇的な製品はなかったが、それでも2016年も新たに良い製品を発掘する事ができた。

オブ・ザ・イヤー2016「アロエベラクリーム」

ニキビ肌に悩む俺が使って良かった薬オブ・ザ・イヤー2016は「アロエベラクリーム」にしたいと思う。

トレチノインとも迷った所だが、トレチノインが効果あるのは周知の事実だし、殿堂入り感がある為、2016年に初めて使ったアロエベラクリームに譲る事にした。

圧倒的な保湿力

アロエベラクリームの特徴は、その高い保湿力だ。つけた瞬間から吸収されていくような滑らかさもあり、付け心地も悪くない。

今まで保湿製品で本当に良いと思ったものはあまりなかったが、アロエベラクリームは、保湿力に関しては俺が今まで使ってきた保湿製品の中で一番かもしれない。

トレチノイン治療の新規ニキビ防止

トレチノイン治療の時に、新規ニキビが発生してしまう原因として保湿不足が挙げられる。

俺がトレチノイン治療を行ったときに新規ニキビが発生し、どうしようかと悩んでいた時アロエベラクリームを見つけた。

アロエベラクリームを塗り始めてからは徐々に新規ニキビはおさまっていき、それ以降新規ニキビの発生率はとても緩やかになった。

痒みによりひっかき防止

トレチノイン治療の時にもう1つ悩んでいたのが、寝ている時に痒みで患部をひっかいてしまい、血を流し、カサブタになってしまう事だ。

カサブタになったら、またそのカサブタに痒みを感じて、寝ている最中にひっかいてしまい、負のループができあがっていた。

これを解決するためにもアロエベラクリームの保湿力が役だった。

アロエベラクリームを塗り始めてからは夜中にカサブタをひっかく事もなくなり、カサブタは次第に小さくなり消えていった。

寝ている最中にひっかいてしまうと、血で布団が汚れてしまうから、その点でも地味に困っていた為、アロエベラクリームで解決してくれてよかった。

乾燥に悩んでいるならアロエベラクリームがおすすめ

もし肌の乾燥で悩んでいるのであれば、一度アロエベラクリームを使ってみることをおすすめする。値段も安いし、刺激も俺の場合は感じなかった。

ベトベトしないから毛穴をふさいでニキビの発生を助長することもないだろうし、とにかく使いやすいの一言だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. a より:

    いつもブログ大変参考にさせていただいております。
    しつもんなのですが、このアロエジェルを使用する場合、ビタミンC誘導体化粧水→アロエジェル→トレチの順でしょうか?
    それとも、アロエジェル→ビタミンC誘導体化粧水→トレチの順でやられていましたか?
    宜しくお願い致します。

    • シンイチ より:

      アロエジェルは水っぽくてすぐにとけるので、どの段階で使用してもいいと思います。
      自分の場合は、アロエジェルとビタミンC化粧水を併用した事はないですが、すぐに乾くアロエジェルを先に塗ります。

  2. 匿名 より:

    このアロエベラクリームはトレチノインを塗る前に使うものですか? それともトレチノインを塗った上からアロエベラクリームを使うのですか?

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>匿名さん

      油分の多い製品の場合はトレチノインの後に塗るべきですが、アロエベラクリームは水っぽいのでどちらでも大丈夫です。
      ただ、アロエベラクリームは、トレチノインを巻き込んで流れ落ちていく可能性があるので、最初にアロエベラクリームを塗り、吸収されるまでまってからトレチノインを塗る方がいいかもしれません。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA