ポジティブ思考でスコトーマを外す事がニキビ治療で重要になる

ニキビを治すためのポジティブ思考

ニキビに悩む人にメンタル的なトラブルは付き物で、あなたも激しく落ち込んだり、苦しい気持ちで溢れている事と思う。

それでもこの記事を見たという事は、あなたが「ポジティブに生きたい」「ニキビを治したい」と心の底から思っているからで間違いないだろう。そして、その気持ちがあれば、それを叶える事は可能だ。

ニキビを治す上で、ポジティブに生きる事は超がつくほど重要で、これは科学的にも解明されている事実だ。その事を知らないあなたは、ニキビによる負の情動に支配され、常にニキビを治すという目的に対して遠回りを余儀なくされてしまっている。

「精神論に過ぎない」と思うかもしれないが、違う。これは脳科学的な見地から証明されている「事実」だ。

負の情動はスコトーマを生む

ニキビに悩み、「こんなの治るかよ・・・」「もう死にたい・・・」とネガティブ思考、負の情動を発すると、スコトーマが生じてニキビ治療が遠回りになる。

スコトーマとは、医学的には盲点の事だ。ただし、脳機能科学におけるスコトーマは「心理的盲点」と呼ばれている。

つまり、あなたがネガティブ思考をして「私のニキビは治らない」と強烈に思い込む事で、本来どこかにある筈の「あなたのニキビを治す方法・情報のヒント」に心理的な盲点がかかり、その情報が見えなくなってしまうという事だ。

脳機能科学により、この事は解明されている。ニキビ治療においてポジティブに生きる事は、ニキビを早く治す近道になり得る確かな事実だ。

スコトーマがかかる例

スコトーマ(心理的盲点)がかかると、ごくごく単純なことも見えなくなるという例えを紹介する。

朝、家を出る時に、家の鍵がない!という体験をした事があると思う。その時にも、「絶対あそこに置いた」「早く出なくちゃ遅刻しちゃう→遅刻して怒られる負のイメージ」という思い込みが強まり、家の鍵が見えなくなるようにスコトーマがかかってしまう。

この時に、少し思い込みをやめればすぐにスコトーマは外れ、家の鍵は見つかるが、焦れば焦るほど見つかり辛くなると言われている。

スコトーマができてしまう理由として「知識の不足」と「自分にとって重要でない」ことが挙げられる。

以下、苫米地英人氏の「努力はいらない!「夢」実現脳の作り方」で挙げられているスコトーマができる理由の解説を抜粋した。

知識の不足によるスコトーマ

1つは、その物事に対して知識がないから見えない、という理由です。例えば、地質学で「リップルマーク」と呼ぶものがあります。波によってつけられた砂の模様のことで、これがなんらかの理由で地表にそのまま残っていることがあります。

昔、海だったのが、火山の噴火などで隆起して山になったという場所の地層にリップルマークが残されていることがあるのですが、地質学の知識がない人がたまたまそれを目にしても、めったく気にも留めないでしょう。

あるいは「何か地層に波のような模様がついているな」くらいは思ったとしても、そこから「この山が海の底だった」という考えに至ることはできないでしょう。これは知識がないことから生じる盲点です。

努力はいらない!「夢」実現脳の作り方,苫米地英人,第1章 本当の夢を見つける方法,p.32

リップルマーク

知識がないからリップルマークの意味を分からず、「この山が海の底だった」という情報をスコトーマにより見逃してしまうという例だ。

ニキビ治療においても、乾燥が原因で脂性肌になってしまっているのに、その事を知らず、乾燥対策ではなく脂性肌対策だけをしてしまい、結局ニキビが治らないという事がありますが、これもスコトーマが生じた結果と言える。

自分にとって重要でないからできるスコトーマ

盲点ができるもう1つの理由は、自分にとって重要尾である物事しか見えない、というものです。例えば、テーブルの上にバナナとリンゴが置いてあったとします。

バナナを食べたいと思って家中探していた人が、「お、ここにあった!」とバナナを食べて、そのあとどこかへ出かけていったとします。この人にあとでテーブルの上に何があったかと尋ねても、リンゴについてはまったく覚えていないことがあります。

目には入っていたけれど、この人にとってリンゴは重要でなかったから、認識していないのです。重要なのはバナナであって、リンゴもいっそにあったということは盲点に隠れてしまっているわけです。

努力はいらない!「夢」実現脳の作り方,苫米地英人,第1章 本当の夢を見つける方法,p.32

バナナを食べたいからバナナしか目にい入っておらず、リンゴの存在は重要でないからスコトーマに隠される。このようなケースはたくさんあると思う。

負の自己暗示がスコトーマをかける

でも、ニキビ患者はニキビを治したいと切実に思っているから、ニキビを治す事は自分にとって重要なのではないか?だとしたらスコトーマはかからないのではないか?と疑問がわいたんじゃないだろうか。

結論からいえば、確かにそうだ。しかし、それが当てはまるのはポジティブに治療に臨んでいる人のみになる。

スコトーマは、自分のコンフォート・ゾーンの範囲で作用する。コンフォート・ゾーンというのは、自分が強く情動を感じ、心地よいと感じる無意識の範囲のことで、肌が綺麗になった自分のコンフォート・ゾーンをイメージする事、そこに近づく事ができる。

例えるなら、ニキビができはじめた当初は「ニキビがこんなにできるなんて私らしくない」とニキビ肌の自分に違和感を感じ、本当の自分ではないと思うが、この時、コンフォート・ゾーンは「肌が綺麗な自分」に設定されていた筈だ。

しかし、そんなニキビ肌の状態が何年も続き、ニキビ肌の自分が当たり前になり、そこにコンフォート・ゾーンが再設定されてしまったのではないだろうか?つまり、「肌が綺麗な自分」はコンフォート・ゾーンの外になり、自分には違和感を感じる状態になってしまったのだ。

そうなると頭は、心地よい自分である「ニキビ肌な自分」を維持しようとし、肌を綺麗にするための情報をスコトーマをかけて見えなくする。肌が綺麗な自分は「違和感」になるから、脳的には綺麗になってしまっては困るのだ。

ここで問題なのは、ニキビ肌に対してネガティブになり、「私は治らないんだ・・・」「ずっと肌汚いままなんだ・・・」と自己暗示してしまう事だ。脳は現実と想像を区別できない為、このような自己暗示を真に受け、コンフォート・ゾーンを汚い肌に設定し、汚い肌を維持し続けようと働く。

つまり、ネガティブな自己暗示をするほど、肌をきれいにする方法が見えなくなってしまうのだ。心当たりがあるんじゃないだろうか。

スコトーマを外して綺麗な肌になる

まず、簡単におさらいすると、ネガティブ思考により汚い肌の自分をコンフォート・ゾーンに設定してしまい、それを維持するために、肌を綺麗にする方法に対してスコトーマをかけて見えなくしてしまう。これがニキビ治療においてネガティブ思考が厳禁な理由の1つだと言える。

「なら、スコトーマを外してしまえば、ニキビを治し肌を綺麗にする方法が見えてくるじゃん!」その通りで、スコトーマが外れれば、今まで全く気付かなかった有効な治療法にたくさん気付き始め、肌を綺麗にする近道になるだろう。

コンフォート・ゾーンをズラしてスコトーマを外す

では、どうやってスコトーマを外すかというと、今現在のコンフォート・ゾーンである「肌が汚い自分」から、「綺麗な肌の自分」にコンフォート・ゾーンをズラせばいい。言い換えるなら、自分は既に綺麗な肌だ!と自己暗示をかけるのだ

こうする事で、常にニキビに対してポジティブに考える事ができ、自分は綺麗な肌だと思い込む事ができるようになり、スコトーマが外れる。そうなれば、今まで見えなかった「肌を綺麗にする方法」が忽ち見えてくる筈だ。

目標と期限を設定する

例えば、「綺麗な肌になる」という目標を設定したとしたら、コンフォート・ゾーンをそこまで引き上げる必要がありますが、その目標を達成するための期限を設ける事が重要だと苫米地氏は語っている。

目標と期限を設定したときに、未来においてそれを設定しているのであれば、「今の自分はどうでなければならないか?」ということを想定するのです。

例えば、仮に「5年で社長になる」という目標であれば、「5年後に社長になる人は最低でも、今すでに部長くらいでなければいけないだろう」といった具合に考えてみるのです。ここで、「今の自分は部長どころか、ただのヒラ社員だから、とても無理じゃないか・・・・・・」なんて思うことはありません。

ここで想定する「今、こうなっているべき自分」は、必ず現在の自分の姿と違っているはずですが、それでいいのです。というのは、もし違っていないとすれば、あなたはそのままでいても、5年後に社長になるということです。それは夢などでなく、単なる「予定」ということでしょう。

たいせつなのは、未来の目標達成のために想定した「今、こうなっているべき自分」の姿をよく思い描き、その姿と現在の自分との間にあるギャップをしっかりと認識することです。そして、まずは「こうなっているべき自分」にコンフォート・ゾーンをもっていくということです。

努力はいらない!「夢」実現脳の作り方,苫米地英人,第1章 本当の夢を見つける方法,p.38,39

目標を決め、期限を決め、綺麗な肌になる自分をリアルに実感することで、それに必要なこと・ものをキャッチできるようになる。

これを「胡散臭いオカルトだ」と一蹴するか、「興味深い事実だ」と捉えるかで、あなたの生活は大きく変わるだろう。脳機能科学的な事実を信じるなら、本当はニキビを治したいのにわざわざネガティブ思考してしまっている自分が馬鹿馬鹿しくなるのではないだろうか。

ネガティブになるメリットがない!ポジティブであれ!

ニキビに悩みネガティブになってしまう気持ちはとてもよく分かる。俺もあなた同様、肌の事でとても悩み、人生が大きく変わった一人だ。

気持ちはとてもよく分かるが、今の俺に言わせれば、ネガティブ思考をするメリットが何一つないんだ。ニキビを治したいのにわざわざデメリットしかないネガティブ思考をするメリットが見当たらない。だからネガティブ思考をやめた。

ネガティブ思考をやめ、ポジティブ思考に切り替えるようにした所、人生は途端に楽しくなった。明るくなった。色々な事が見えてきた。あのネガティブ思考の落ち込んだ暗い日々はなんて無駄だったんだろうと、切実に思えた。

ネガティブ思考にメリットは全くないが、ポジティブ思考の恩恵は計り知れないほどある。人との絆を深め、日々を明るく過ごし、自分に必要なこと・ものを適切なタイミングで得られる事が実感できる。

どうかあなたも、ニキビを治したいと焦る前に、まずはポジティブ思考をはじめてみてほしい。今のあなたに見えていないとてつもなく重要な物がたくさん見えてくる筈だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. sp より:

    こんにちは。
    こちらの記事と関係のないことでごめんなさい。
    私はニキビ肌(敏感肌)で皮膚も薄く、赤ら顔がひどいです。学生のためお金がなくトレチノインにはまだ手を出せません。そこで肌断食(化粧水を一切断つ)でターンオーバーを正常に戻す、というのを見て、実践してみようと考えているのですが保湿をしなくてもニキビ改善の見込みはあるでしょうか…。身近に相談できる人がいないため、どうすればいいのかわからない状態です。
    長文失礼いたしました。ご迷惑であれば無視してください。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>spさん

      保湿だけがニキビ改善の手段ではありません。保湿は飽くまで一つのスキンケアに過ぎず、ニキビを治すというのはニキビの本質的な原因を解消する事だと考えています。
      つまり、spさんの本質的なニキビの原因を探り、解消しない事には、保湿だけしても肌断食をしてもニキビが改善する事はないでしょう。

      勿論、肌断食や保湿で本質的な原因を解消できる可能性もありますが、まずは一度自分のニキビの原因、脂性肌、乾燥肌、肌トラブルの原因は何なのだろう?と真剣に考えてみる事をおすすめします。
      結局、ニキビは体の不調のサインとして表に出てきているものなので、体のどこかにトラブルが発生している事が原因だと考えて間違いないでしょう。
      だからこそ、体の不調をピンポイントで改善することで、ニキビも改善できるようになると思います。

      肌断食は有効な手段の1つではあるので、是非実践してみていいと思います。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA