ベピオゲルの重症ニキビ治療に対する実績

ベピオゲルの重症ニキビへの実績をあらわす画像

ベピオゲルが重症ニキビへの新しい希望になるか?

最近、日本で認可され皮膚科で出されるようになったニキビ治療薬のベピオゲル。「新しい薬だぞ!すごいぞ!」と日本ではハシャいでいるが、海外では約50年も前から使われている薬で、日本がニキビ治療で遅れていることがよく分かる。

海外の難治性ニキビ治療のメインはアキュテインだが、それでも現在も使われているぐらいベピオゲルはベーシックな薬のようだ。今回日本が、そんなベピオゲルを認可した事で、重症ニキビに悩む人にまた1つ新しい希望が生まれたのかもしれない。

ベピオゲルの重度のニキビへの実績

色々なニキビ治療薬を使ってきて、それでもニキビが治らないという人にとっては、新しく出てきたベピオゲルで本当に治るのか?と疑心暗鬼になると思う。そして、軽度のニキビに対してではなく自分の様な重症(難治性)ニキビでも改善するポテンシャルがあるのかを考察してみる。

過酸化ベンゾイルとディフェリンを併用し改善したケース

ベピオゲルの主成分である過酸化ベンゾイルとディフェリンを併用すると、ニキビへの効果が高まると言われている。以下は、「ディフェリンゲル(一般名:アダパレン)によるニキビ治療ガイド」出典の画像だ。

bpodiff2

かなり化膿して腫れあがっていて、根気強く治療しなければ治らないタイプのニキビだ。過酸化ベンゾイルとディフェリンゲルを併用したのが功を奏し、早期に改善できたのだろうか。ただ、このタイプならトレチノインでも改善できそうだ。

ベピオゲルとアダパレンを併用すると効果が高まるデータ

欧米の臨床試験では両者の合剤で症状が「早く」「より良い状態に」なることが分かっており、重症の人には併用療法がお勧めだ。
出典:ニキビの新薬「BPO」改善早まり再発も予防

ベピオゲルを使ったが効果が出なかったケース

ニキビ治療専門の高円寺南クリニックの症例で、ベピオゲルを使っても改善しなかった人の例が掲載されていた。高円寺南クリニックでベピオゲルを処方した訳ではなく、ベピオゲルを使って治らなかったから高円寺南クリニックを訪れたという経緯だ。

ベピオゲルを使った改善しなかった重症ニキビの例

イソトレチノイン(アキュテイン)治療のモニターを承諾していただいた患者さんです。

【患者】20代前半男性 【体重】56kg
【現病歴】7年前よりニキビができ始め、4年前から現在にかけて顔全体に炎症性ニキビが多発するようになった。市販のニキビ治療薬、内服ビタミン剤、抗生物質、漢方薬、ディフェリンゲルやベピオゲルなどの外用剤、クリアタッチ(ニキビ用の光治療)、ピーリング石鹸など、さまざまな治療を行ったが改善しなかったため、当院へ受診した。
【既往歴】花粉症
【過去の治療歴】市販のニキビ治療薬(複数種類)、ピーリング石鹸、内服ビタミン剤、抗生物質(セフロキシム、ロキシスロマイシン)、漢方薬(桂枝茯苓丸加ヨクイニン、当帰芍薬散、荊芥連翹湯)、外用剤(アクアチムクリーム、ダラシンローション、ディフェリンゲル、ベピオゲル)、光治療(クリアタッチ)

出典:医師が本気で考えるニキビ治療|高円寺南クリニックニキビ専門外来

先のケースと比べると軽度なニキビなのにベピオゲルで治らないという所を見ると、人の体質やニキビの種類によってアプローチすべき治療方法というのは変わるんだな~と思い知らされる。

この彼の場合は、高円寺南クリニックでアキュテインを使うことで、以下の画像まで改善したようだ。

ベピオゲルで治らなかったニキビをアキュテインで治したケースの症例写真

出典:医師が本気で考えるニキビ治療|高円寺南クリニックニキビ専門外来

高円寺南クリニックは、自身もニキビに悩んだ故にニキビ専門の医師になった岩橋院長のクリニックだ。アキュテインの第一人者でもあり、ニキビ改善に尽力してくれるであろう信頼できるクリニックの1つだと思う。もし、アキュテインに興味があったり通える範囲内にあるのだったら一度行ってみる事を推奨する。

トレチノインでもダメだったのにベピオゲルが効いたケース

27 :スリムななし(仮)さん:2010/03/24(水) 17:24:34

13歳位から20年近くもニキビと戦ってきて、病院でもらったイオウのローションから始まり、ビタミン剤や亜鉛サプリ
ここ数年は東大のトレチ治療・ディフェリン・マンデリック酸・パントテン酸・サルチル酸・乳酸・病院のピーリングや
フォトダイナミック・高濃度VCローション・漢方まで試してきた。努力の結果、大きなニキビとかは出来なくなったけど、
顔中のコメドや、無くなっては出来る小・中くらいのニキビは全然治らない。ニキビがあまり無い時でも肌の質感が
オイリーでプツプツしてて、なんか本当にイマイチ。もう一生綺麗な肌にはなれないと思ってた。

『トレチで治らないのに、プロアクティブ程度で治る訳ないだろ!』って先入観もあって、なぜかニキビ治療の定番?
過酸化ベンゾイルだけは試してない事に気がつき、Acne.orgのトリートメントを注文。2週間前から使い始めた。
正直ほとんど期待してなかったのに、現在ニキビがほぼ消滅・・・顔中乾燥して細かい角質がたくさんあるけど、キツイ
トレチ治療をした身なので、まったく許容範囲内です。 毛穴も超縮んでます。油田も解消。。 ポーラズチョイスのBHA
も注文したので、角質除去とコメドを無くす為に肌の様子を見ながら、過酸化ベンゾイルと並行して塗る予定です。

油田で常に赤ら顔っぽかったのも改善して、白く均一な肌色になりつつあります。今まで使ったお金と時間を考えると、
何で今まで過酸化ベンゾイルを試さなかったのか凄く悔やまれますが、嬉しくて毎日鏡をみてニヤついている状態。
私の場合は、肌質を考えるとニキビが無くなってもずっと塗り続けた方が良さそうです。

酷いニキビや万人に合うとは思いませんが、個人的には今までの薬で一番効いているようなのでご報告まで。

出典:【ニキビ治療】過酸化ベンゾイル【アメリカ最主流】

この人の場合は、過度に悪化した重症ニキビというよりは、中程度のニキビが長い期間継続して多発してくるタイプの重症ニキビだったようだが、トレチノインなどでも改善しなかったのがベピオゲル(過酸化ベンゾイル)で改善したという事は、かなり相性が良かったのだろう。

なんでこういう結果になったのかは分からないが、こういうケースもあるという事が分かっていれば、自分が似た境遇の場合にとても参考になる筈だ。

175件のベピオゲル使用者のカスタマーレビューも参考になる

元々ニキビができやすい人、黒ずみに悩む人、悪循環でニキビができてしまう人など、175件のたくさんのベピオゲル使用者の生のカスタマーレビューが掲載されているオオサカ堂も参考になる。

ちなみに、このブログのコメント欄でもベピオゲルの効果について教えてくれた人がいた為、参照させてもらう。

初めまして、こんにちは。大変興味深くサイトを拝見させてもらいました。ここ何年か顔の一部でニキビというか毛穴のつまりに悩まされてます。皮膚科も受診してみました。一般的なニキビ治療薬を処方されたり、去年発売されたベピオゲルを処方されたことがあります。効果があったのはベピオゲルでした。しかしこの病院、通院しずらく、市販のものでなんとかならないかと悩み中です。医師からもニキビといわれたり、ニキビというより毛穴がつまって炎症起こしてるみたいとか、毛孔性角化症じゃないかとかバラバラの答えが返ってくる感じです。長くなりましたが、このような状態のものにも効果が期待できるでしょうか?最初はデフェリンの購入を検討していましたが、毛孔性角化症の治療にトレチノインを使うとことがあると聞き悩んでます。

このコメントへの返信でも、ベピオゲルの代わりにジェネリック品である「ベンザックジェル」を勧めた。それなら皮膚科にいかずネットで購入できるからだ。ちなみに、正確にはカスタマーレビューもベピオではなくベンザックの物だが、内容は全く同じだ。

ベピオゲルはニキビ跡には効果が薄い

ベピオゲルは、ニキビ治療薬として赤ニキビ・白ニキビ~重症ニキビには効果があるかもしれないが、ニキビ跡に対しての効果は弱いと考えている。

ベピオゲルの一番の強みは、酸化作用でアクネ菌を繁殖させない殺菌作用であり、ピーリング作用もない事はないが、トレチノインなどに比べるとニキビ跡へのピーリング効果は劣るだろう。

だが、ベピオゲルによって新規のニキビができなくなる⇒ニキビが悪化しなくなる⇒ターンオーバーにより自然とニキビ跡が治る、というサイクルも期待できるから、ニキビ跡が治らない訳ではない。

自分の症状がニキビなのかニキビ跡なのか、それを明確にして薬を選択することが、治療成功率を高めるのに重要だ。

結論:自分のニキビに合うと思ったら試すべき

いくつかのベピオゲルの症例を見てきて、症状の軽~重に関わらず効く人には効き、効かない人には効かないという当り前の事を再認識したと思う。

これは本当に当たり前の事だ。「自分のニキビの原因」を解消できるようなアプローチをしなければニキビは治らない。ベピオゲルの効果を発揮すれば治せる症状だった場合は治せるし、そうでない場合は効果は出ない、単純なことだ。

例えるなら同じ腹痛でも、①お腹いっぱいで痛い、②内出血が起こっていて痛い、ではその痛みを解消させるアプローチは異なる。お腹いっぱいの人が内出血を止める薬を飲んでも改善はしないし、内出血の人に浣腸をしても更に悪化するだけだ。

大切なのは、自分のニキビの原因を解消する適切なアプローチをすることだ。

ベピオゲルがその適切なアプローチになる人もいれば、そうではない人もいる。だから、今まで色々なニキビ薬を使ってきてダメだったけど、ベピオゲルで治った!という人がいてもおかしくないと思し、逆にベピオゲルで治らなかったけど、あの薬で治った!というのもあるだろう。

自分にとって適切なアプローチ法を見つけるために、片っ端から色々な薬を使っていくのも悪くないが、時間、お金、リスクがかさむ為、あまりオススメはできない。だが、自分の肌質・ニキビの原因を分析した後に、それを解消できる可能性のある薬を見つけたのなら、積極的に使っていくべきだと思う。

ベピオゲルに匹敵するポテンシャルのある薬

ベピオゲルが効く人もいればそうでない人もいるという事で、ベピオゲルが効かなかった人向けにベピオゲルに匹敵するポテンシャルがある薬をいくつか紹介しておく。選択肢としてだけでも頭の片隅に置いておこう。

トレチノイン

ターンオーバーを劇的に加速させ、古い肌を排出し、肌を生まれ変わらせる薬。ニキビ、ニキビ跡、シミなど大抵の肌トラブルは改善できるポテンシャルがある。

特に、ニキビ跡・シミ(色素沈着)に効果が見込め、俺を含め多くの人がトレチノインのお世話になっている。

アキュテイン

先ほど紹介した高円寺南クリニックで扱っている海外の難治性ニキビ特効薬。今できているニキビを改善させるポテンシャルは高いが、ニキビ跡には効果が出にくいのと、副作用が強い内服薬だから病院で処方してもらうべき。

ベンザックジェル

成分は全くベピオゲルと同じジェネリック品が「ベンザックジェル」。いちいち病院で顔を見せるのも気疲れするし、処方してもらう手間も省けて価格も安い。

追伸

どの薬を使うかはあなたの肌質次第だが、何を使うにしてもメールやコメントをしてくれれば相談にのる。気軽に連絡してくれ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket