重症ニキビに対して洗顔フォームは無意味だ。正しいケアをすべき。

洗面台

企業のCMなどの甲斐あり、私たち消費者は「ニキビを治すためには洗顔フォームを使う必要がある!」という意識を持ってしまっています。そして、気休めの洗顔フォームで時間とお金を浪費し、ニキビを更に悪化させていっているのではないでしょうか?

むしろ洗顔フォームを使う事でニキビが悪化する事も充分に考えられますし、私は洗顔石鹸を使ってニキビが爆発的に増えた経験もあります。ニキビは肌の病気ではなく、体内の病気を知らせる手段として肌に現れているだけなので、過剰なスキンケアは必要ないと考えています。

ニキビを治す効果のある「医薬品」ならともかく、効果もない「化粧品」を使うのは無意味なのではないでしょうか?どちらにせよ、本質的な原因を解消できているわけではないので、本当の意味でニキビが治ったとは言えません。

洗顔フォームを使ってニキビを治そうと思っている人は、今一度考えなおすべきだと思います。早期の時点で有効な治療方法に切り替えられれば、ニキビ跡やクレーターにならずにすむし、短期間で治す事も可能です。

洗顔フォームは唯のビジネスに過ぎない事に気付けば、無意味さが分かる

ニキビケアのCM

文明病であるニキビが増えたのは、ここ最近の話なのではないかと思います。飽食の時代になり、いつでもどこでも手軽に安価に”不自然な食べ物”を食べる事ができるようになったおかげで、体内で様々なトラブルが起こるようになりはじめたのではないでしょうか。

そうした動きを察知して、「ニキビは金になる!」と考えた企業が、こぞって化粧品やニキビケアクリームなどを開発し、売り込んでいっているという背景が考えられます。中には、本当に「人々を悩ますニキビを治したい!」という思いで製品開発をしている人もいるかもしれませんけどね。

ただ、どちらにせよ、「ニキビを治す」という目的を掲げておいて、肌の事にしかフォーカスしない時点でたかがしれていると思います。ニキビは肌の病気だと思い込み、「肌に潤いをもたらす!」とか「肌のバリア機能を高める!」とか言っても、結局それ等は対症療法にしかならず、本当の意味で「ニキビを治す」事には繋がらないのではないでしょうか。

ただ、ビジネスで洗顔フォームなどのニキビケア製品を提供している人達を責めても仕方がありません。それよりも、私たち消費者が、相手の言葉を鵜呑みにせずに「本質を理解する」力を養い、「この製品が本当にニキビに効くのか?」という疑問を持つ様になる事が求められていると思います。

最近では「ニキビは皮膚科へ」というCMも見られますが、それだって全ての皮膚科医が情熱をもってハイレベルなアドバイスをしてくれる訳ではない事を肝に銘じておかなければいけません。医師を神の様に扱い、「医師がそういうんだからそうなんだろう」と思考停止し、自分の事(ニキビ)を全て他人に放り投げてしまえば、思わぬ所で被害を被るかもしれません。

洗顔フォームなどを選ぶ時も、「自分のニキビは○○が原因だから、それを解消する成分である◇◇を含んだこの洗顔フォームなら治るかもしれない!」と、自分のニキビの原因を考えて使うのなら良いと思います(ベストだとは言いませんが)。ただ、「あ、これニキビに効くって書いてある。良さそうだしこれにしようかな。」という風に選ぶのは全く持ってナンセンスだと主張したいです。

それでも、洗顔フォームをニキビに使う事は対症療法でしかなく、体のトラブルのサインとして現れたニキビを隠す事にしかなりません。やはり、洗顔フォームを使ってニキビを治すのは非合理的と言わざるを得ないと思います。

余計なクレンジングでニキビを悪化させた体験談について

先述しましたが、私はニキビに悩み始めた頃に洗顔石鹸を使うようになり、見違えるように酷くなった経験があります。「これはマズイ!」と思い、すぐに石鹸はやめた所、しばらくして勃発したニキビはひいていき、元の酷いニキビ肌に戻りました。

この時、特に理由もなく「良さそうだから」という理由で洗顔石鹸を買っていますが、それは先述したようにナンセンスです。本来治療というのは、自分のトラブルの原因を見つけて、それに対して適切なアプローチをする事だと思いますが、多くの人が私と同じように”治療とは言えない治療”を行っているのではないでしょうか。

洗顔石鹸を使ってニキビが勃発してしまったのは洗顔石鹸が悪い訳ではありません。その結果を予想できなかった私の知識不足が悪かったんです。ここを「この石鹸最悪じゃん!ふざけんな!」と他人のせいにしても何も進歩しません。本当にニキビを治したいのであれば、ポジティブ(建設的)に考え、この経験をどう活かすか、これからどうするかを考えるべきでしょう

洗顔フォームの「界面活性剤」が肌バリア機能を弱める

では、私が洗顔石鹸を使ってニキビが悪化してしまったのは何故なのか?それは恐らく、洗顔石鹸に含まれる界面活性剤の働きによる所が大きいのではないかと思います。

界面活性剤は、簡単に言えば交わるはずのない「水」と「油」を強制的に混ぜ、洗顔フォームとして使いやすくする為のものです。その成分がバリア機能を破壊しる事で、肌はより乾燥しやすくなり、そこからインナードライ、脂性肌、ニキビとどんどん悪化していく事が考えられます。

肌のバリア機能

出典:http://www.alcare.co.jp/news/0511_1/

通常の肌の場合、肌のバリア機能は正常なので、多少洗顔フォームで洗った程度ではバリア機能が損なわれる事はないと思います。しかし、ニキビができている人は、既にバリア機能が弱っている可能性があるので、そこに更なる刺激が加われば、バリア機能が損なわれる事も無理はないのではないでしょうか。

また、洗顔フォームには新陳代謝を促進するためのピーリング作用もあり、それにより肌のバリア機能が脆くなっている表皮にダメージが与えられ、本来なら肌の表面だけをピーリングする所を、肌の少し奥までピーリングしてしまい、一層肌のダメージを増やしてしまう事になります。

私の場合は、既にニキビが多い状態だった為、肌のバリア機能は弱まっていたと思います。そこにピーリング作用&界面活性剤により肌にダメージが加算された結果、より肌水分の蒸発が進み、ニキビが勃発するようになってしまったのでしょう。また、馬鹿だった私は使用回数も多かったので、それもニキビ勃発に拍車をかけてしまっていたと思います、完全に馬鹿です。

ニキビ治したいなら洗顔フォームではなく「本質的な治療」をするべき

皮膚科でニキビに悩んでいる患者に、医者は洗顔フォームを勧めると思いますか?「洗顔をしっかりするように」というアドバイスをするかもしれませんが、そのようなアドバイスをする医師は個人的には信頼なりません。

恐らく大半の医師が奨めるのは薬です。ディフェリンゲル、ベピオゲル、クリンダマイシンゲルなど、どの皮膚科でも処方されるような薬ばかり処方されるでしょう。ですが、これ等の薬を黙って使っているだけでは、あなたのニキビは治りません。医者はあなたが思っているより「神のような存在」ではない事を理解すべきです。

皮膚科医とはいえ、一目で各人のニキビの原因を見抜く事は困難です。しかし診療時間は限られているので、「う~ん、とりあえずお薬出しておきますね」という感じに、最近流行りのディフェリンやベピオゲルを処方するといった「画一的な診療」が多いように思います。

全ての医師がそうだという訳ではありませんが、ニキビ治療に対して本当に情熱を持っている医師は多くはないのではないでしょうか?中にはディフェリンの副作用(副反応)を説明せずに処方する医師もいるようですし、医師の言葉に頷いていればニキビが治ると思い込んではいけません。

それにより被害、不安を被るのはあなた自身なのです。だからこそ、しっかりと自分のニキビの原因を自分で察する。その為の知識もつける。そして専門的な知識を持つ医師と協力しながら治療をしていく、これが望ましいニキビ治療ではないかと考えています。

自分のニキビの原因を考える為にはたくさんの知識が必要になってきますが、それを医師だけに頼るのではなく、自分自身でも積極的に知識をインプットしていき、医者と共に治療を進めていく姿勢を見せなければいけないと思います。良い意味で「医者を信頼しない勇気」を持つ事も必要なのではないでしょうか?

自分自身にニキビの知識がついてくれば、自分のニキビの原因は何なのか?どのような治療をすれば本質的な原因を解消できるのか?という事も、徐々に自ずと見えてきます。恐らく、その時に必要なアプローチは洗顔フォームや洗顔石鹸といった類のものではないと思います。

本質的な治療が何なのかは一概にはいいきれませんが、「食生活によるケア」と「メンタルケア」は大きく関わってくるでしょう。私もこの2つの重要性を最初は馬鹿にしていましたが、自分に知識が増えるにつれ、この2つの重要性が際立ちはじめてきました。そして、明確にこの2つの視点の治療によりニキビが改善されてきたのです。

今はまだよく理解できないかもしれませんが、このブログでは「食事によるケア」と「メンタルケア」がニキビに与えるポジティブな影響について説いているので、是非参考にして下さい。自分に知識がついてくると、本質的に重要な事というのは自ずと際立ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket