世界的に主流なピル【ダイアン35】でのニキビ治療の有効性

ダイアン35

前回の「低用量ピルでのニキビ治療の成功例&問題点をまとめてみた」でダイアン35について少し記述したが、今回はそのダイアン35でのニキビ治療について更に詳しくまとめたいと思う。

というのも、ダイアン35はニキビ治療に有効なピルと言われ好評だ、その有効率はダントツで高い。しかし、本来のピルの用途である避妊目的での使用は推奨されていない背景があり、普通のピルという認識で使うと厄介なことになりかねない為、更なる情報をまとめておくべきだと思ったからだ。

つまり、ダイアン35は正式にニキビ治療専用のピルという扱いになっているのだ。だからこそ他のピルよりもニキビ治療に関して好評なのだろう。

ダイアン35の副作用

ダイアン35はニキビ治療専用

ダイアン35がニキビ治療専用のピルだというデータの1つに以下のニュースがある。

問題は、Diane 35 とそのジェネリック医薬品(Cypropharm, Evepar, Lumalia, Holgyeme, Minerva 35 など)が、本来「抗にきび剤」としての販売許可しか取得していないのに、大半は避妊用ピルの代替として医師により広く処方されていること。よって、そもそも Diane 35 には、第2世代や第3世代という区分はなく、また、避妊薬としての効果についてのデータが存在しない、という状況なのだ。

出典:Diane35、ピル騒動の中の抗にきび薬スキャンダル

ダイアン35は、ピルなので当然避妊効果があると思うかもしれないが、ニキビ治療薬として販売している為、ニキビ治療のデータはあっても避妊薬としてのデータが存在していないと言われている。

長期間使うと血栓ができるリスク増大

そして、ダイアン35の主成分である「酢酸シプロテロン」は、静脈血栓塞栓症の発症リスクを6.68倍に増大させることが2009年のデンマークの研究データにより明らかにされている。ニキビ治療のために短期間使うのならリスクも少ないかもしれないが、避妊目的で長期間服用するのは高いリスクに繋がる為、ニキビ治療専用なのだろう。

また、ダイアン35を服用していると血が固まりやすくなり、血栓関連の病気を発症しやすくなるリスクもあると言われている。カナダの症例では、18歳の女性がダイアン35で肺塞栓症を患い死亡したという疑いもある。

リットマッケンジー(カルガリー大学18歳)は、今年初め、血栓によって肺への酸素供給が絶たれ死亡。病院薬剤師は、彼女が一年近く服用していたダイアン-35と呼ばれる論争のにきび薬を、肺塞栓症を引き起こしたと疑った。

出典:thestar.com

このような危険なリスクもあるが、日本では個人輸入で入手できる為、多くの人がダイアン35を利用しているという事実もある。しかし当り前だが、その全員に、このケースのような被害が出ている訳ではない。つまり、高確率で発症する副作用ではない

煙草さえ吸っていなければ、低用量のピルで心血管系の病気、例えば狭心症とかになり易いなんて事は先ず心配する必要はありません
35歳以上で、一日に15本以上吸ってたら、ピルは諦めましょう。それ以下でも、喫煙本数が多くなればなる程、婆の愛煙家になればなる程、リスクは鰻登りに上昇します。

出典:旭川皮フ形成外科クリニック

このケースの場合は、元々血栓関連の病気を発症していたなどの肺塞栓症のリスクがあった等の所を、ダイアン35により助長してしまった事が原因かもしれない。(未成年だから喫煙ではないだろう)しかし、ダイアン35を長期的に続けていれば、今健康な人も血栓ができるリスクは少なからず高まるだろうから注意しながら使うべき薬であるのは間違いないが。

血栓を予防するために初期症状を見抜く

また、血栓症を発症しだすと以下のような症状が出るらしい。ニキビ治療として短期間使うだけなら健康な人は血栓ができたりしないと思うが、一応日々チェックして、有事の際にはピルの服用を中止し病院に診察にいこう。(旭川皮フ形成外科クリニック

  • ふくらはぎの痛み・むくみ、手足の痺れ
  • 鋭い胸の痛み、突然の息切れ
  • 胸部の押しつぶされる様な痛み
  • 激しい頭痛、めまい、失神、視覚・言語障害(目の霞み、舌のもつれ)
  • 体を動かせない
  • 著明な血圧上昇

良い薬には相応のリスクがつきものだ

トレチノインやアキュテインなどのニキビ治療薬も使い方を間違えれば何らかの病気などを引き起こすリスクのある劇薬だ。それでも普及していて、ニキビ治療薬として有名だという事は、それだけニキビ治療に有効だという事だと言える。

ダイアン35も同じで、定期的に検査をしたり、血栓ができるようなリスクをなるべく排除することで、ニキビ治療薬としてのメリットだけ享受することも可能だと思う。効果に関しては、2chやカスタマーレビューでも多くの人がダイアン35を使っており、ニキビ・脂性肌の改善を報告しているし、ニキビ治療薬として有効なことは間違いない筈だ。

ダイアン35でニキビが改善されたケース

4 :スリムななし(仮)さん:2005/08/17(水) 20:42:01

ニキビ治療目的にダイアン飲んで1シート終わったけど
酷かったニキビが最近急に無くなって来て
でも同時にビタミンCパックも始めてるからどっちのお陰なのかし。
副作用の不正出血とたまの頭痛が辛いからもうダイアン止めたいけど
またあの時程にきび増えたら耐えられない。
あ~でも太ったし1シート2000円位したしやめてみようかな。。
悶々。。。

出典:【ニキビ】ピルできれいになる3【PMS】

454 :スリムななし(仮)さん:2005/10/23(日) 17:12:45

じゃ、久しぶりにピルネタをw

ダイアン服用中
1シート3日目ぐらいですぐに脂が引いていってるのがわかった。
でも1シート12、3日目から肌は乾燥したままなのに大きなニキビが
顔のあらゆる所にボコボコとでき始めた。
消退出血が始まったらすぐにそのニキビ達はなくなった
そして今現在2シート3日目。
このまま調子いいままだったら良いけど、やっぱりまた12、3日目ぐらいから
ニキビできるのか心配中。

出典:【ニキビ】ピルできれいになる3【PMS】

199 : 病弱名無しさん[] 投稿日:02/11/18 11:54 ID:Rumy7NTe [1/1回]

ダイアン1シート目が終了。
はじめは何も変化ないじゃんーって感じだったけど、3週目あたりから目に見えて
変化が・・。明らかにニキビが出来にくくなってる!化粧落とすの忘れて寝ちゃったり、
不規則な生活になっちゃったりして、あぁやっちゃった~これはニキビでるな、、
って思ってもでなかったり。
あと、朝起きると顔中テカテカ→せいぜい鼻がテカってる程度に
確実に効いてるみたい♪
しかし、日本で認可されていないということは相応の理由(肝癌のリスクなど)がある。もし、それらが気になるなら、やや有効率は下がるがマーベロン28も素晴らしいピルだと言われているから一考してみてはどうだろう。

ピルをやめた後のニキビ再発について

2chの多くの書き込みで、ダイアン35に限らずピルでニキビを治した後にそのピルの服用をストップすると、ニキビが再発しはじめるというものが多かった。

天下のニキビ治療薬「アキュテイン」でさえニキビが再発するリスクがあるから、ピルにあったとしてもおかしくはないが・・・。とはいえ、できるだけニキビを再発しないようにするにはどうすればいいのだろうか?

それに関してはやはり、ピル治療でニキビを改善させている間に、本質的な原因を解消してしまうしかない。ホルモンバランスの乱れがニキビ原因だとしても、ピルでその乱れを治すのは対処療法にしかならない、つまり表面的な原因を解消したに過ぎない。

本質的な原因を解消するのであれば、「原因の原因」を追究するべきだ。これが「俺が本当に正しいニキビ肌のスキンケア方法を教える」で紹介している原因の深掘りだ。

原因の深掘りをすれば、ニキビの本質的な原因を見つけやすくなる。ピルでニキビが綺麗になっていて精神的に穏やかな間に本質的な原因を解消してしまえば、ピルをやめてもニキビが再発せずにキレイな肌を維持できるだろう。

ホルモンバランスの乱れというと代表的なのが男性ホルモンの増加が挙げられる。その男性ホルモン増加により皮脂腺が活発にはたらき、皮脂が出てニキビに繋がる。

だが、実はニキビの原因は皮脂の多さではなく、その皮脂量に対する乾燥具合によるということがFUJIFILMの研究で明らかになっている。

部分的な乾燥
出典:FUJIFILM

この事から、基本的な生活習慣、ストレス、食生活などを整えて男性ホルモンを減らす(皮脂を減らす)ことは当然として、次のステップとして肌の水分量を高くキープすることも皮脂過剰によるニキビをおさえる手段として有効になる。

この方法だと、本質的な原因であるホルモンバランスの乱れに関しては直接は改善できていないかもしれない。しかし、肌水分量が整い、肌の免疫力が高まることで、皮脂腺の活動も穏やかになり、ホルモンバランスの乱れによる皮脂腺のはたらきも弱くなるという逆説的な改善が可能かもしれない。

肌水分量を増やす方法に関しては、「短期間で「超がつくほどの脂性肌ニキビ」を改善したサプリ」に記述してある。

ダイアン35の使い方

ダイアン35

ダイアン35は避妊用ではなくニキビ治療用なので、日曜日に飲み始めるSundayスタート型で大丈夫だと思われる。勿論、避妊効果もあるから、月経初日から飲み始めるデイ1スタート型でも問題ない。

個人輸入サイトなどに記載されている使用方法は、恐らく避妊用のものだ。しかしホルモンバランスを安定させるという点では避妊用でもニキビ用でも目的は同じだろうから、記載された使用方法と同じ使い方でいい。ただ、期間は3ヶ月程度にしておくべきだろう。

1日1錠を21日間の間、毎日飲み続ける。初日に9時に飲んだら、それ以降も毎日9時に飲むといったように、同じ時間帯に飲むのが望ましいとされている。

daine-use
出典:http://diane35.biz/

ダイアン35の商品詳細は、オオサカ堂のダイアン(Diane-35)商品ページに記載されている。また、ダイアン35の副作用である血栓のリスクを減らすために南極クリルビタミンも併用すると、肌にも良いし更に安心して治療ができるだろう。

まとめ

ダイアン35は、ニキビ治療ピルとしての有効率が高く、また飲むだけで治せるという点も魅力的で、ニキビ治療の選択肢として有効だと思う。紹介してきた副作用に関しても他のサプリとの併用、生活習慣の改善でリスクは大幅に減らせるため、そこまで問題ではないだろう。

ただ、ピルとして長期間使うつもりなら、副作用のことも考慮して定期的に検査を受けるなどの対策をした方が良いかもしれない。

また、ダイアン35はホルモンバランスが原因のニキビに効きやすいという事で、以下の条件をチェックしてホルモンバランスが乱れているようならダイアン35での大幅な改善も期待できるだろう。

  • 昼夜逆転している
  • ほとんど運動していない
  • 体が冷えている
  • 疲れやすい
  • 自律神経の乱れを感じる

再発しないために生活習慣を整えることも重要なので、生活習慣・食事などは常に気にしておくといいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA