【ニキビ改善】食生活改善の目的は、腸内環境を整える事にある

食生活改善

食生活改善の本質は「腸内環境」を整えること

ニキビに悩んでいる人が必ず通る道に「食生活の改善」がある。ただ、食生活改善で効果を実感する人は少なく、長続きしていないのが現状だろう。

なぜ、食生活改善は続かないのか?効果を実感できないのか?その理由を俺は「食生活を改善する本質的な理由に気付けていないから」だと考える。つまり、食生活を改善することでニキビ改善にどのようなメリットがあるのかを正確に把握しておらず、漠然と「ニキビ治療といえば食生活改善」という気持ちで行っているため、モチベーションが維持できないのではないだろうか?

では、食生活改善をするのは何のためなのか?

知識のある人なら、「栄養バランスを整え、肌に栄養を送るため」という回答をするだろう。この回答も間違いではないが、もっと深堀りした理由があり、それこそが本質とも言える最も重要な事だと考えている。

俺が考える食生活改善をすべき理由、それは腸内環境を整えるためだ。食生活を改善し腸内環境を整えることが、ニキビを治す重要なパワーになると俺は考えている。

人体における腸の重要性

ニキビ治療における腸のポテンシャル

ニキビ治療において食生活改善をすることの意義、それは腸内環境を整えることだと思う。なぜなら、全ての食事は腸に送られ、腸がそれ等の栄養吸収などを司っているからだ。

ニキビを改善するためにいくら栄養価の高い物を摂ったとしても、腸が機能していなければそれ等の栄養は肌には送られず、糞便・老廃物として体内に溜まるだけになってしまう。そうなれば、体内に溜まった糞便・老廃物は行き場を失くし、最終的に肌から排出され、その際に皮脂腺を刺激してニキビを悪化させる要因となる。

また、腸は体全体の70~80%の免疫力を司っている器官でもあり、腸が働かないと体全体の免疫力が最大80%失われてしまう事になる。それほど免疫力が低下すれば、ニキビだけならず他の病気をも引き起こし、その他の病気のせいで間接的にニキビも悪化させていくという負の連鎖を引き起こしかねない。

他にも、腸ー脳ー皮膚相関(gut-brain-skin axis)という、腸と脳と皮膚は互いに関わり合っているという事を証明した研究もあり、それだけで腸が肌をキレイにするために重要だという事がわかると思う。この研究では、肌を治すのならスキンケアをするだけでなく、脳や腸といった観点からもアプローチしていくべきだという事を教えてくれている。

腸には、先述した免疫力を司る器官という側面だけでなく、炎症抑制、メンタルケアという側面でも大活躍しており、人間が健康的な生活を送る上で一番重要な器官だと言っても過言ではないだろう。それほどのポテンシャルが腸にはある。

腸内環境を整えることが「本当のニキビ治療」に繋がる

腸内細菌

そんなポテンシャルがある腸だからこそ、腸内環境を整え、腸を健康的にすることはニキビを改善することに必ず繋がってくる。

ニキビに悩む人は、肌に塗る化粧水や薬などの表面的な治療にばかり注視しがちで、腸内環境を改善するという内面からのケアを疎かにしがちだと思う。本来、ニキビは体からのSOSだから、そのSOSサインを消すことではなく、SOSを出さなければいけなくなった原因を解消することが、本当の意味でのニキビ治療になるんだ。それに気づかずにSOSサインを消すだけの表面的なケアをしている人は、結果的にニキビが治らず重症化していってしまうのだろう。

>>ニキビは体の異変を知らせるSOSだ

重症ニキビに悩む人は、「今更食生活改善なんかで治らないよ、今までやっても効果なかったし。すごい薬が出るのを待つしかない。」と思ってしまっているかもしれないが、むしろ重症ニキビの人ほど、そういった基本的な治療に立ち返り、本当の意味での食生活改善をすべきだと思う。今まで放ったらかしにして劣悪になっている腸内環境がキレイになれば、確実にニキビ肌に何らかの良い影響が出てくるだろう。

腸内環境を整えるための食生活改善をすべき

では、今までの食生活改善は何がいけなかったのか?それは最初にも言った通り、食生活を改善する本質的な理由にフォーカスしていなかったことが原因だと考えられる。つまり、食生活を整えるべき本質的な理由である腸内環境の改善にフォーカスしていなかったという事だ。

「ただ栄養を摂ればいい」「今までのようにお菓子やジャンクフードを避けるようにすればいい」という考えは、食生活改善においては正しいかもしれないが、腸内環境の改善にフォーカスしているかと言われればそうでもない。腸内環境改善にフォーカスして食生活改善をするのであれば、摂る食事や栄養もより腸を労わるべき物に変わり、摂るべき食品が明確になってくる。

発酵食品を摂るべき理由を知る

発酵食品・納豆

例えば、腸内環境を改善するのに有効だと言われている物は、ヨーグルトや納豆、キムチや味噌などの発酵食品が挙げられる。発酵食品を摂ることで、腸に良い細菌を外部から摂ることができ、腸内環境を整える手伝いをしてくれる。

また、そうして摂取した腸内細菌をさらに増やせれば腸内環境はより健康的になる。そのためには、腸内細菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖を摂るように心がけることも、重要な食生活改善と言える。

本当にダメなのは食品添加物

食品添加物

他にも食品添加物や抗生物質は、腸内細菌を死滅させるデメリットがあり、そういった意味では、健康に悪そうなスナックやアイスなどだけではなく、一見健康的に見えるコンビニのヘルシーフードやスーパーの手作りのお惣菜なども摂るべきではない食品となる。

また、食品ではないが抗生物質は特に腸内細菌を悪化させる。本来抗生物質は緊急時に使うべきもので、ニキビ治療に長期間常用するような薬ではない。むしろその抗生物質のせいで腸内環境が悪化し、ニキビが治らない可能性すらある。

>>腸内環境を劣悪にするのは、日々摂っている「食品添加物」だ

>>ニキビに抗生物質を使うべきではない理由

食生活改善の目的を意識していないと無意味になる

このように、「ただ栄養を摂ればいい」「お菓子を食べなければいい」という風に食生活改善を捉えていただけだと、見落としてしまいそうなニキビを悪化させる要素はたくさんある。食生活を改善すべき本質的な理由を知っているのと知らないのとでは、実施する食生活改善はまるで変わってしまうのだ。

そうして自分自身が「腸内環境を整えるために食生活をよくするんだ」と認識していれば、ただ漠然と栄養がありそうな物を摂るだけでなく、腸内環境を意識して摂るべき物・摂らない物を明確に判断できるようになる。更に、行動に目的があるからモチベーションも維持でき、治療を続けていきやすい。

自分が摂った食べ物は全て腸に行き、そこからすべてが始まる。だからこそ、腸の健康を維持することはスタートダッシュを良くする様なもので、その為には摂る食品や摂り方なども気を付けるべきだと思う。

食べ物を変えることだけが食生活改善ではない

食生活改善といえば、食べるものだけを意識しがちだが、俺の経験の限りでは食生活改善とは「食」に関する全てのことを改善することだ。つまり、

  • 食べる物
  • 食べ方(咀嚼)
  • 食べるタイミング
  • 食べる時間の長さ
  • 食べる量
  • 食べ物の調理法
  • 食べる順番
  • 食べる周期

などの要素を限りなく最適なものにしていくことだ。

これ等全てを完璧にすることは容易ではないし、そこまでする必要はないかもしれない。ただ、それ等の情報を知っていて敢行するのと、知らずに行うのとでは意味が違う。

こんな事をいちいち気にしていたら楽しく食事ができなくなり窮屈だと思うかもしれないが、全ての日でこれ等の条件を合わせる必要はない。たまには何も気にせずに純粋に食事を楽しむことも重要だと思う。

一週間のうち5日は健康的に食生活改善をして、2日はなるべくそれ等を意識しつつも楽しく食事できるような内容にする・・・など、情報さえ知っていれば食事を楽しみつつ健康志向にすることも可能だ。

まとめ

食事は体をつくる重要な要素だけに、楽しみつつも食事本来の意味を考え、ニキビを治すため、腸内環境を整えるため、健康になるために、色々なことを意識して食生活改善をするべきだろう。

俺もまだまだ知らない事だらけだと思うし、見当違いな意見もあるかもしれない。しかし大事なのは、常に心身を健康に保とうと意識しておくことだと思う。その意識さえあれば、それに必要な情報は自然とアンテナに引っかかり、自分の食生活は良い方向に導かれるだろう。

重症ニキビに悩んだ俺が意識している健康法などもブログで言及している。同じ様にニキビに悩んでいる人には少なからず参考になる様な必見記事を選抜したから、もし良ければ参考にしてみてくれ。

>>ニキビと食事は関係ないって人に食事の最強さを再認識させる

>>ニキビの為に食品アレルギー検査(IgA検査)をやった結果①

>>ニキビの為に食品アレルギー検査(IgG検査)をやった結果②

>>本気で腸内環境を整えたらニキビ跡と赤みがキレイになった

>>良い細胞は良い油から作られる!肌細胞を健康にする油の知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA