ハイドロキノンの後に塗る日焼け止めをヘリオケアで代用できるか

日光

ハイドロキノンとヘリオケアの併用

以前から、メールやコメントで「ハイドロキノンの上から日焼け止めを塗らずに、ヘリオケアで代用してもいいのでしょうか?」という質問が多くくる。

俺も同じように考えた事がある。ハイドロキノンの上から日焼け止めを塗るのは面倒臭いし、肌にベタベタ塗るのも個人的に好きじゃない。飲む日焼け止めでカバーできたら楽だろうな・・・と。

だが結論から言えば、ハイドロキノンを塗っている時には、ヘリオケアは日焼け止めクリームの代用にはならない。だから、しっかりと日焼け止めクリームを塗るべきだという結論に至った。

飽くまで俺の考察に過ぎないから、もしかしたらヘリオケアで代用できるのかもしれない。だが、ハイドロキノンとヘリオケアのメカニズムを考えれば、この考察は正しいのではないか、と思っている。

ヘリオケアでは代用できない理由

ハイドロキノンを使う上で日焼け止めの存在は必須になる。ハイドロキノンは光毒性(日光に弱い)を持ち、日光に晒されると毒化し、肌に刺激を与えて逆に肌を汚くしてしまう可能性があるからだ。

その点を踏まえて考えれば、ヘリオケアが日焼け止めクリームの代用にならない理由が見えてくると思う。

ハイドロキノンを日光から守れない

まず、ヘリオケアは「飲む日焼け止め」と言われているが、日焼け止めクリームのように日光を吸収・散乱する効果はない。つまり、日光から肌を守るのではなく、文字通り日焼けを止め、日焼けから肌を守るというタイプだ。

日焼け止めクリームは、肌に膜を作ることで紫外線をカット・吸収し、紫外線が肌に当たらないようにした結果、日焼けを防いでいる。だからこそ、ハイドロキノンの上から日焼け止めを塗れば、ハイドロキノンに日光が当たらず、毒化が起こらずに済むのだ。

だが、ヘリオケア(飲む日焼け止め)の場合は、極端に言えばサプリメントにより日焼けの原因であるメラニンが生成されないようにしているだけだ。つまり、日光自体をカットして日焼けを防いでいるわけではない

ヘリオケアの効果
出典:聖心美容クリニック

ヘリオケアを使って日焼けケアをする場合、日焼け止めクリーム同様に、日焼けしたりシミができたりする事はない。しかし、肌に塗ったハイドロキノンを日光から守れてはいない。

だからこそ、ハイドロキノンを塗った時は、飲む日焼け止めではなく塗る日焼け止めで「ハイドロキノンを日光から守る」という事が大事なのだ。

勿論、ハイドロキノンの上から日焼け止めクリームを塗り、更に日焼け対策としてヘリオケアを使う分には何の問題もないだろう。むしろ、UVケアが万全になり美白効果が高まり良いと思う。

適材適所がある

ヘリオケアは確かに日焼け止めとしては有効だろう。俺も実際に使ってみたが、日差しの強い夏の日に数時間外にいても、ヘリオケアを飲んでいた場合は全く日焼けしなかった。SPFはそこまで高くないが、手軽に万遍なくUVケアできるのは便利だ。

【関連記事】紫外線を絶対防ぎたい俺がヘリオケアを使った口コミを書く

しかし、ハイドロキノンと併せて使う時には、ハイドロキノンの上からカバーすることが重要になるから、必ずクリームタイプの日焼け止めを使うようにすべきだ。ハイドロキノンを使った時に日焼けケアを忘れると、俺のように肌を汚くしてしまう可能性も高くなる。

この夏、ハイドロキノンを使うという人は、是非そこの所はかなり慎重になっておくべきだ。また、トレチノイン治療でないのなら、ハイドロキノンよりもルミキシルの方が向いているだろう。ルミキシルは、光毒性がなくハイドロキノンよりも安全性が高い、尚且つ効果も17倍以上と言われている。

ルミキシル

ルミキシルも、日焼け止めを使わないと効果は落ちてしまうが、ハイドロキノンよりも安全性がある。だが、トレチノイン治療との相性は悪く、併用できない。つまり、トレチノイン治療のために使うならハイドロキノン、ただ美白のためならルミキシルが良い。

ルミキシルの使い方もハイドロキノン同様に、ルミキシルを塗った後に日焼け止めでカバーするだけだ。日焼け止めを塗らなければいけない点を除けば、ほぼ普通の美容クリームと同じように扱っていい。

ただ、ルミキシルの場合も、ハイドロキノンと同じでヘリオケアによる日焼け止めでは意味がないと思われるので、クリームタイプの日焼け止めを使用するようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA