ニキビは潰していい?潰しまくった俺が最終的に至った結論。

ニキビを潰す
ニキビに悩む人の中で議論が尽きない話題である「ニキビは潰してもいいのか否か」。これには私自身もかなり迷いましたが、私が最終的にたどり着いた結論は「潰してもいい、ただし条件がある」というものです。

潰しまくってニキビ跡がたくさんできる人もいれば、潰した方がすぐに治るという人もいますが、これ等の違いはその人達の「ニキビの状態」による所が大きいと考えられます。

「自分のニキビの状態」を加味し、潰す事のメリット・デメリットを把握した上で潰す事は、無駄な行為ではないと考えています。ニキビを潰せれば、見た目も多少良くなりますしね。

潰してクレーターになる人とならない人の差

潰しちゃいけない派の最も案ずるポイントは、「ニキビを潰したらクレーターができる」という所だと思います。しかし、ぶっちゃけ白いぷっくらした新規ニキビを潰した程度ではクレーターはできないでしょう。一時的な色素沈着になる程度で、その色素沈着もすぐに消えてしまうと思います。

ただ例外として、何度も同じ場所にできるニキビを潰す場合は、ニキビ跡、クレーターになるリスクは徐々に高まっていくと考えられます。一部分のダメージが蓄積され過ぎて、皮膚の深い所までダメージが及んでしまう事でクレーターになるからです。

白ニキビ
こんなニキビなら潰してもクレーターになるリスクは低いと考えています。出血や一時的な色素沈着はするかもしれませんが、一度潰しただけでずっとニキビ跡やクレーターになる可能性は限りなく低いでしょう。
画像出典:http://sekken.dosugoi.net/e673254.html

そもそもクレーターとは、肌の奥深くの真皮が傷つけられることでその修復ができずに凹んでしまったものです。つまり、ニキビを潰したダメージが真皮にまで届かなければクレーターにはならないという事になります。

そして、潰すニキビは表面にぽっこりと出来ているだけで、よほどエグい潰し方をしない限り、膨らんでいる部分が破けて終わるだけでしょう。それじゃあ真皮にダメージは行かないからクレーターになるリスクは限りなく低いと考えられます。ただ、注意しなければいけないのは「慢性的に同じ場所にできているニキビ」です。

慢性的なニキビの場合、その部分の皮膚がかなり傷ついている、炎症ダメージが深い事が伺えるので、何度もニキビを潰してしまうとクレーターの原因となる真皮へのダメージにまで発展する可能性もあるから注意が必要です。

潰さなくてもクレーターにはなる時はなってしまう

そして厄介なのが、ニキビは潰すからクレーターになると思われがちだが、潰さなくてもクレーターに発展する可能性は非常に高いです。というより、ほとんどの人は潰さずに長い間ニキビに悩まされた結果、クレーターになってしまっているのではないでしょうか?

重度のニキビ

画像出典:http://www.akaiclinic-yokohama.com/treatment/acne.html

上の画像のニキビは潰しようがなく、むしろ既に潰れて慢性化している状態と見受けられます。ニキビは重症化するとこのような状態になり、この状態が長く続くとダメージは真皮にまでおよび、クレーターができるリスクが格段に高まります。

だから潰さなければ100%クレーターができないという訳ではないし、潰したからと言ってクレーターができる訳でもない。重要なのは、クレーターを作らない為に、なるべく早くニキビを治す事です。時間をかけすぎているとニキビが悪化して潰さなくてもクレーターになってしまうから気を付けなければいけません。

そして、ニキビを早期に改善させるには、食生活や生活習慣などの根本的な原因を解消すると共に、医薬品などで皮膚の治癒スピードを高める事が重要になると考えています。その手段として私はトレチノイン治療を推奨しています。

俺の失敗経験に学ぶ正しいトレチノイン・ハイドロキノンの使い方

トレチノインだけでもニキビを改善する事は可能ですが、やはり大元の原因を放ったらかしにしながら治療していては、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるようなものなので、治療効率は悪くなってしまうと思います。どうせなら全力で治癒というアクセルを踏み込むべきではないでしょうか。

重要なのは「根本的な原因」を解消すること

私の経験上、ニキビを潰すとニキビ跡と呼ばれる赤紫だったり茶色の跡(シミ)が残ってしまう可能性があります。必ずそれが残るわけではないし、うまく潰せば残らずに済んだりもしますが、肌の治癒力自体が低い場合は、色素沈着などを排出せきずにニキビ跡が残ってしまうでしょう。

皮膚が健康でたまたまニキビができちゃった程度の人だったら、潰してしまってニキビ跡ができたとしても、新陳代謝と共に正常に消えてくれるからあまり心配する事はないと思います。

ただ、元々ニキビ肌の人は肌の新陳代謝が悪く、ニキビ跡を綺麗にするのに時間がかかると考えていいと思います。肌を正常化したり、薬を使うことで綺麗に消す事もできるからそこまで深刻に考える必要はないが、ただそういう意味ではあまり潰すのは良くないかもしれない。

とはいえ、先述したように潰さなくてもニキビが悪化すればニキビ跡やクレーターになるリスクは高くなるので、もはや潰すとか潰さないとかではなく、適切な食生活・生活習慣を心がけ、自分のニキビの根本的な原因を解消する事が一番重要だと思います。

明日約束があるからニキビ潰したいんだけど・・・という場合

明日は友達との約束があるのにその日に限ってぷっくらしたニキビができてしまったという人、そういう軽度なケースにおいては、焦って前日にニキビを潰す必要はないと思います。

その程度のニキビであれば、一晩で消えてなくなっている可能性もあるので、前日の夜はベストを尽くして、次の日の朝を迎えてもまだニキビがあるようであれば、その時にやむを得ず潰せばいいのではないでしょうか。

まず寝る時にニキビに抗炎症成分のあるクリームでもなんでも塗り、ラップをつけてから寝ることをおすすめします。そうすれば、次の日の朝にはもしかしたら綺麗さっぱりぷっくらニキビが消えている可能性もあります。完全な対症療法ですが、その程度のニキビであれば問題ないでしょう。

元々肌が綺麗だったならニキビを1回潰した位でクレーターやニキビ跡にはならないから安心して下さい。ただ、数日は内出血で赤黒く見えるかもしれないので、万全を期すのであれば、ビタミンCを大量に服用(1000mg単位)したり、ビタミンC誘導体やシステインなどで色素沈着を阻害するなどの対策もとっておくといいと思います。

俺は潰しまくったけどクレーターにはなっていない

幸いなことに俺はニキビを潰しまくったが、潰した部分はクレーターになっていません。ただ、長い年月重度のニキビが存在していたため、それによるクレーターはできてしまっているかもしれません。肌に赤みがあるので、クレーターになっているのか判別できません。

だから、今何らかの理由でニキビを潰さなければいけない境地に追い込まれてしまっているあなたは、それが偶然できた白いぷっくらニキビならまず間違いなくクレーターになる事はないでしょう。ただ、ピンセットでグリグリグチュグチュやってエグりまくって潰したりしたらそれは別。そんなエグい潰し方をしたらクレーターになる事間違いないでしょう。

同様に、そのニキビが悪化し、慢性化してしまえば、それは潰さなくてもクレーターになる可能性もあります。

どちらにせよ、自分のニキビの根本的な原因を解消するために、食生活・生活習慣を整えるべきです。もし既にニキビが慢性化しているのであれば、トレチノインやアキュテイン、ホルモン療法などの効果の高い治療法で早期にニキビを治癒させていく事も、クレーターのリスクを下げるためには必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket