洗顔で表皮を削り過ぎると、ニキビは悪化し治り辛くなるだろう

洗顔石鹸

ニキビが治らない人ほど、必死に洗顔を頑張っている様に思います。以前は私もそうでしたが、ある時「洗顔はむしろ肌に悪いんじゃないか?」と思い立ち、それからスッパリ洗顔をやめました。

今まで洗顔石鹸で泡をつくって優しく洗い、風呂上りは化粧水クリームをつける等のスキンケアを行っていましたが、それ等をスッパリやめてもニキビは全く悪化しませんでした。つまり、私の場合、スキンケア不足がニキビの原因ではなかったという事です。

今思えば、むしろ洗顔がニキビを余計に悪化させていました。余計なスキンケアをしていなければ、もっと早くにニキビが改善していたかもしれませんが、「ニキビは肌の問題」と思い込み、スキンケアに注力してしまった事で、本当の原因を見失っていたのでしょう。

洗顔(スキンケア)の何が問題だったのかと言えば、私の場合は「肌のバリア機能(表皮)を破壊してしまっていた事」だと思います。

洗顔が肌のバリアを破壊する

ニキビができるような人は何らかの原因で肌のバリア機能がもろくなっている傾向にあると思います。ニキビの原因は人により異なるので、全ての人にこれが当てはまるワケではありませんが、肌のバリア機能が弱まる事で、悪影響が広がりニキビができるという人は少なくないのではないでしょうか。

洗顔は表皮を削り過ぎる

水洗顔ならまだしも、洗顔石鹸、洗顔フォームなどは表皮に刺激を与え、肌バリア機能を弱める事に繋がります。

通常の健康的な肌だったら、大した問題にはなりませんが、ニキビができるようなボロボロな肌状態の人が洗顔フォームを使い続ければ、界面活性剤やピーリングの作用で、表皮はよりボロボロになり肌バリア機能は弱まるでしょう。

このケースでは、「ニキビは肌の問題だ」と思い込んでいるため、中々洗顔をやめるという発想が出ないと思います。そしてニキビはどんどん悪化していき、かなり悪化した所でようやく思い込みが解消され、「今までのスキンケアは間違っていた」と気付く人が多いのではないでしょうか。

肌水分が蒸発しやすくなり、乾燥する

肌のバリア機能が弱まるデメリットの1つに、肌水分量の減少が挙げられます。

肌バリアが壊れていると、隙間から皮膚の水分が蒸発し、肌水分量が減りやすくなります。その結果、肌が乾燥して免疫力自体が弱まり、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

肌バリア機能のイメージ

それだけではなく、外からの刺激も受けやすくなり、日焼け、色素沈着、炎症なども起こりやすくなるので、それがニキビの発生にも繋がります。

肌水分量減少を防ぐため、皮脂が増える

皮膚の水分が蒸発しやすくなり乾燥肌になると、これ以上水分を蒸発させないようにするために、皮脂を分泌してフタをしようとします。

一時的に皮脂が増えるだけならいいですが、肌のバリア機能がずっと壊れていて、乾燥状態が続けば、慢性的に皮脂が分泌されるようになり、やがて乾燥肌から脂性肌に変わります。

肌の外側は脂性肌だけど、内側は乾燥肌という「インナードライ」になるわけです。こうなると、乾燥状態で免疫力が低くなっている所に皮脂が大量に分泌されるので、格段にニキビはでき易くなります。

私もインナードライタイプのニキビだったので、顔は皮脂でドロドロしているし、朝起きればニキビができるので、大変だった記憶があります。

脂性肌ビフォー

インナードライタイプのニキビは、肌水分量を増やし、肌のバリア機能を整えれば劇的に改善します。私はその対策をできたので、その重度の皮脂・ニキビ肌の状態から短期間で改善できました。

脂性肌アフター

皮脂が完全に消えているのが分かると思います。皮脂が消えたという事は、肌の乾燥がなくなった、つまり皮膚から水分が蒸発しなくなったという事です。健康的な肌質に戻った事で、ニキビも勝手に改善されていきました。

【関連記事】
↓肌水分量を増やし、皮脂・ニキビを治す方法
「超皮脂だらけの脂性肌ニキビ」を短期間で改善させたサプリ

本来、洗顔・スキンケアはいらない

昔の時代は洗顔フォームがなくてもニキビだらけだった訳ではないと思う。また、栄養がまともに摂れていない人にニキビができている所も見た事がない。

今多くの人がニキビに悩んでいるのは、栄養の摂り過ぎと過剰なスキンケアが原因なのではないかと私は考えています。

飽食の時代になり、いつでも好きな食べ物を食べられるようになった事で、過食の傾向になり、膵臓・腎臓・胃腸をはじめ、内臓が休まる暇もないほど酷使される事で、人体の健康的なバランスが乱されているのではないでしょうか。

特定の好物だってコンビニやスーパーで好きなだけ買えるし、安くて手軽に食べられる弁当などで毎日の食事を済ます事で、決まった栄養しか摂れず、他の栄養が不足します。それが続けば、アミノ酸のバランスが乱れ、コラーゲン量が不足し、前述したように肌水分量が減りニキビもできるようになるでしょう。

洗顔などのスキンケアがなくても、しっかりと必要な栄養が適量摂れていれば、ホメオスタシスにより肌質は健康に保たれるはずです。「ニキビは洗顔で治すもの」という意識が強まった事で、食事・ストレスの重要性が低く見られがちになっているように思います。

洗顔フォームを使うと確かにサッパリして汚れが落とされるような感覚があるかもしれませんが、人間の肌はそんなに過剰に防衛しなきゃいけない程弱くないのでは?手は色々な場所に触れる機会があるから、肌よりも何倍も菌が多いと思うが、それでも手にトラブルは中々起こらない筈です。起こるのは過剰なスキンケアをして、甘やかされている顔に多いと感じます。

肌の菌

上図のように、過剰なスキンケアが肌の健康な菌まで殺してしまえば、肌を健康に保ちにくくなります。アレルギーになり易い子供も、殺菌石鹸で手をキレイにし過ぎているので、外部の菌に対する耐性がつきにくくなり、免疫力が弱まっていると言われています。

大事なのは洗顔ではなく、皮脂分泌量を整えること

ニキビができるのは洗顔で顔の汚れを落とせていないからではなく、皮脂の分泌量が多いからです。

確かに、洗顔をすれば顔の汚れを落として、毛穴が詰まりにくくなるかもしれませんが、それは対症療法に過ぎません。どれだけ洗顔しても、寝ている間に皮脂が分泌されて毛穴に詰まれば、朝にはニキビができてしまいます。

このようなケースの人は、洗顔の回数を増やしてもニキビが改善する事はありません。改善するべきなのは、皮脂の分泌量です。

その為には、前述したように、肌のバリア機能を整えたり、肌水分量を増やすなどの、皮脂分泌の本質的な原因にアプローチする必要があります。

皮脂抑制の本質的なアプローチに関しては、以下の記事が役に立つと思います。

色々やっても皮脂が治らないのは、「絞り」ができてないからだ
「超皮脂だらけの脂性肌ニキビ」を短期間で改善させたサプリ
保湿を化粧水のみにしたら死にたい程のニキビが一気に治った話

そもそものニキビの原因は皮脂による所が大きいので、皮脂分泌量さえ整えば、自然とニキビは改善していくはずです。

保湿を化粧水のみにしたらニキビが一気に治った

当ブログの専用チャットにて、「ピルをやめてニキビがひどかったんですけど、最近暑くて顔のベタつきがひどくなり保湿を化粧水のみにしました。それから1週間ちょっと経ったんですが赤い炎症ニキビがひとつもできなくなりました。」と言う人がいます。

この人の場合は、洗顔のしすぎというよりも、乳液やクリームを塗り過ぎて、それが皮脂の代わりにフタになり、毛穴詰まりによるニキビを引き起こしていた可能性が高いです。

過剰なスキンケアしていたのを、シンプルに化粧水のみにした事で、毛穴が詰まりにくくなり、肌水分も蒸発しにくくなったようです。このような事もあるので、ニキビを治すには洗顔・スキンケアが必要という思いこみは早々になくした方が、自分にとってのベストな治療を見つけやすくなります。

過剰な洗顔・スキンケアを一度やめてみよう

毎日、化粧水、乳液、美容液、洗顔石鹸、抗生物質、サプリなどを使っているのを冷静に考えると、「何しているんだろう・・・」ってなりませんか。私は元々肌にクリームなどをつけるのが嫌いなので、ニキビに悩んでいた時に毎日クリームをつけているのがストレスでたまりませんでした。

「クリームも化粧水もつけて、石鹸も使うなんて、こんなにベトベトしたものを肌につけていたら、逆にニキビ悪化するんじゃないか?」と思っていました。実際、洗顔石鹸を使っていた時はニキビが悪化し、顔中にニキビが広まった事もあります。そしてそのニキビは洗顔石鹸をやめた途端に消えました。

私達は、CMや皮膚科、親や友達にさえも、「顔をちゃんと洗っていないからニキビができる、肌が荒れる」と刷り込まれています。しかし本当にそうでしょうか?顔に汚れが残っているからニキビができるなら、なぜホームレスや劣悪な環境に住んでいる難民などはニキビが勃発していないのでしょうか。

私達は思い込みにより治療を選択しているだけで、本当の意味で自分のニキビに向き合っていません。自分のニキビの原因を追究し、その対策を探そうと思考できなくなってしまっています。これは一部の皮膚科医にも言える事だと思います。

そんな思考停止した治療法ではニキビが治る確率は格段に低くなります。一度、洗顔やスキンケアをすっぱりやめてみて下さい。案外、水洗顔と変わらないどころか、逆に肌が落ち着くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA