何しても治らない脂性肌の裏の原因

脂性肌の原因

脂性肌の本当の原因を追究する

「色々な脂性肌対策をしているのに、何故か全く治らない」、と考える人も多いと思う。事実俺もその1人で、様々なケアにお金と時間を費やし、それでも全く治らずに辛酸をなめる思いをしてきた。

そのせいで大量の皮脂で顔にまとわりつき、顔中ベトベト、ニキビは毎日違う箇所に多発していた。1つ治ってもまた違うニキビが忽ち発生し、エンドレスでニキビに悩み続けることで、精神もかなり摩耗していたと思う。

脂性肌のせいでできる顔中のニキビはとても醜く、人と会ったり外出する事も億劫になり、俺は引きこもりがちになった。そんな生活を続けていたが、「このままじゃ下手すれば完全に引きこもりになってしまう!」、と危機感を覚え、治療方針を一新することにした。

今までのケアで脂性肌が治らないという事は、今のケアでは原因を解決できていないという事だ。まずこの現実と向き合い、俺の脂性肌の本当の原因を追及することにした。

従来のケアは殆ど無駄だろう

俺の今までのケアは、リプロスキンなどの化粧水やピーリングなど、ニキビ治療に有名だと言われている製品を片っ端から使うスキンケア方法だった。だが、現実に向き合って初めて、このスキンケア方法の滑稽さに気付いた。

【関連記事】俺が本当に正しいニキビ肌のスキンケア方法を教える

自分のニキビの原因を理解していないのに、企業のCMにノセられて適当に製品を使っていても治る訳がない。本当に治したいなら、ニキビの原因をしっかりと追及し、その原因を解消できる製品を使うべきだったのだ。

俺のニキビの原因は紛れもなく「大量の皮脂」つまり脂性肌によるものだった。皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすくなってしまったのだろう。ここまでは当り前だ。

普通なら、ここで脂性肌対策をすると考えるだろう。だが、今までたくさんの脂性肌対策をしてきたが、それ等は全く効果がなかった為、「普通の脂性肌対策」では無意味だという事に気付いていた。

原因の原因にアプローチする手法

では、より強く、早く、効果的に脂性肌を治すにはどうすればいいのか?と考えた時に思いついたのが、「脂性肌の原因の原因」に対して、ダイレクトにアプローチすることだった。

従来、ニキビを治すためには次の2つのアプローチ方法が用いられると思う。

  1. ニキビを治す薬を使う
  2. ニキビの原因(脂性肌など)を治す薬を使う

1は、ニキビを直接治す表面的な治療。2は、ニキビの原因を考え、原因から治す本質的な治療と言える。当然、表面的な治療よりも、原因を掘り下げて本質的な原因にアプローチした方がニキビは治りやすいだろう。

風邪で熱を出した場合にどんな対処をするか?

例えに、風邪で熱を出してしまった場合を挙げてみよう。1のアプローチだと、「熱が出ている」という表面的な問題しか考えていない為、熱を下げる薬を用いるだろう。だがそれでは実は意味がない。

風邪で熱を出しているという事は、体に入ってしまった菌を、体温を上げて殺菌しているという事なんだ。だから、熱を出している時に無理矢理に薬で熱を下げると、殺菌が十分に行えず、むしろ熱を長引かせてしまう可能性もある。これが表面的な解決しかできていないという事だ。

対して、2のアプローチ方法だと、熱が出ている原因である「菌の侵入」に対してアプローチする事になる為、本質的で理に適った治療を行う事ができる。この場合だと、体温を「免疫力が一番高まる38度」にするためにお風呂に入る、又は免疫力を上げる薬を飲むなどが挙げられる。このように本質的なアプローチをすることで、治療が効率的になる。

本質的な原因にアプローチすれば、効果はテキメン

このように、症状の原因を掘り下げたアプローチをすると、症状の原因に対してダイレクトに治療できるから、症状の本質的な原因を解消でき、格段に治りやすくなる。

俺が行った「脂性肌の原因の原因」に対してアプロ―チする方法は、「症状の原因」を更にもう一段階深掘りし、ニキビの原因である脂性肌の原因・・・の原因を考えるという手法だ。

この手法を行えば、よりダイレクトに、ニキビの、脂性肌の一番根っこの問題から解消できる。つまり、表面的なだけの治療や、1段階掘り下げただけの治療よりも遥かに悩みを解決できるのだ。ずっと治らない脂性肌の人は、このように原因の原因をドンドン深掘りして、その根っこの原因に対してアプローチする必要がある。

それができれば、今まで色々なケアをしても治らなかった脂性肌だって、驚くほど簡単に治ってしまうだろう。事実、俺はこの手法を用いて、重度の脂性肌の奇跡的な改善を果たした

俺が「脂性肌の原因の原因」を追究した手順

では、具体的にこの手法を俺が用いた時の説明をしよう。この手法の場合、重要なのは「原因の原因」を考えるという「原因の深掘り」になり、それにより今まで治らなかったような悩みでも治せるヒントを得られる。

今回の場合、「脂性肌」によるニキビが色々なスキンケアをしても全く治らない・・・という絶望的な状況だ。しかし、脂性肌を治そう!と視野を狭めて考えていたから気付かなかっただけで、原因を深掘りして考えてみれば脂性肌を治す方法なんていくらでも考えられた。

「過度なスキンケア」と「長風呂」が乾燥を引き起こす

俺は、ちょっとしたニキビを放置したままにしていたら、いつのまにか重度の脂性肌になっていてニキビが悪化し始めていた。脂性肌になった原因には心当たりがある、「過度なスキンケア」と「長風呂」だ。

ちょっとしたニキビができはじめた時に、知識不足からスキンケアするほど早く治ると思い込み、1日に3回~6回くらい洗顔していた。しかもピーリング作用のあるものだったので、過度なピーリングでバリア機能が破壊され、肌水分が蒸発しやすくなった。

肌のバリア機能
出典:http://www.alcare.co.jp/news/0511_1/

しかもそのタイミングで俺は長風呂を好むようになり、風呂で音楽を聞いたり、長時間浴槽に浸かっていることが多々あった。今思えばそれにより、バリア機能が破壊された肌から、水分が蒸発するのを助長してしまっていたのだろう。

乾燥肌が脂性肌に変化する

「過度なスキンケア+長風呂」の最悪コンボにより、俺の肌はあっとういうまに乾燥肌になってしまった。そして、俺の考えでは乾燥肌こそが脂性肌の原因だ。つまり、深掘りした脂性肌の原因①は「乾燥」となる。

乾燥肌は、何らかの原因で肌のバリア機能が破壊され、水分が蒸発しやすくなることで起こる。俺の場合はピーリングと長風呂によりそれが引き起こされた。

そして、乾燥肌になると本来肌を守っているバリア機能が弱まっている為に、刺激にとても敏感になる。痛覚としてピリピリと感じはしなくても、皮膚にとっては刺激は危険だ。だから刺激を緩和するために「皮脂」を分泌する。

本来、適度な量の皮脂は肌への刺激を緩和する役目があり、皮脂が全くない状態だと健康的な肌とは言えない。通常は、刺激を感じた時に皮脂が分泌されるが、乾燥肌の場合はバリア機能が弱まり、常に刺激を感じている。つまり、常に皮脂を分泌しなければいけないのだ。

そうなると、常に皮脂が肌にあり、いつしか乾燥肌が脂性肌になっていく。これが、俺が辿りついた脂性肌のメカニズムだ。

乾燥肌の原因を深掘りしていく

こうして俺は、脂性肌を治すために「乾燥対策」をすることにした。通常、乾燥対策と言えば化粧水を使うことを思いつくかもしれない。だが、化粧水はパワーが弱く、浸透力も低い為、よく考えれば乾燥肌を改善させるのに効率的ではない。

だから、ここでも例の手法を用いて原因の深掘りを行っていく。つまり、乾燥肌にアプローチするのではなく、乾燥肌の原因を考え、その本質的な原因にアプローチするのだ。こうする事で、ダイレクトに乾燥肌を治すことができる。

ニキビ肌の原因の掘り下げ

前述した通り、俺の乾燥肌の原因は「過度なスキンケアと長風呂」により肌の水分量が激減してしまったことにある。つまり、本質的な原因は、肌のバリア機能が弱まったことによる肌水分量の減少だ。だから、俺が解決すべきは「肌の水分量」にあった。

そして、ネットで乾燥肌に対する情報を集め、考察し、最もいいと思える肌水分量対策を編み出した。それが、プロリンというサプリメントだった。

俺がこのサプリを知り、使い始めてからたった7日強で、脂性肌は完全に治った。つまり、脂性肌⇒乾燥肌⇒肌水分量の減少という原因の掘り下げが正しく、肌水分量の問題をプロリンで解決できたという事だ。

脂性肌ビフォー

↑が、当時の俺の脂性肌の状態だ。光で反射して見にくいかと思うが、皮脂でテカっているのが分かると思う。このレベルの重度の脂性肌で、頬に手を触れれば手が脂だらけになってしまう程だった。

脂性肌アフター

この写真はプロリンで脂性肌を改善させた直後の写真ではないが、原因が解決し、脂性肌が治ってからニキビ跡を治している時にとった写真だ。以前のような皮脂のテカりがなく、触ってもサラサラとした肌本来の触り心地になっている。

まとめ

このように、原因の原因を掘り下げる手法を用いれば、悩みの本質的な原因にアプローチでき、効率的な治療ができる。この手法を用いずに、昔のように効くと言われる化粧水などを片っ端から使っているだけだったら、今でも脂性肌は治っていなかっただろう。

俺が脂性肌を治せたのは、脂性肌の原因の原因を掘り下げ、裏の原因を追究したからだ。何をしても治らないような頑固な脂性肌だったとしても、その奥底にある本質的な原因にアプローチできれば治るという事を証明できたと思う。

もし脂性肌に悩んでいて、巷の医師やネットで言われているような普通のスキンケアをしていても一生治らないだろう。本当に治したいのなら、自分の脂性肌の原因、更にまたその原因を深掘りし、「自分の脂性肌の本質的な原因」を追究してみてくれ。そうすれば、短期間で劇的に改善するだろう。

その為にはネットで膨大な量の情報を収集し、原因を考察し、過去を振り返り、原因を照らしあわせるなどの作業が必要になる。一人でそれをやるのは大変だと思うから、もし今脂性肌が全く治らずに困っている!という人はメールなりコメントをしてくれれば、俺が力になれるかもしれない。気軽に連絡してくれ。

【関連記事】短期間で「超がつくほどの脂性肌ニキビ」を改善したサプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. たに より:

    20歳の男です。皮脂が出まくって困ってます。とりあえず、皮脂が治ると言われている事は全部やった遠いますが顔のテカテカが止まりません。頰が一番酷いです。助けていただけませんか?Lプロリンもまだ1週間ですが飲んでます。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>たにさん

      皮脂が出る根本的な原因を見つける事が重要です。
      皮脂が出るという事は、肌のバランスが乱れていると推測できますが、その乱れは食生活による所が大きいと思います。
      食生活がどのように乱れ、なんの栄養が欠乏・過剰になっている事で皮脂量が増えているのかを探る必要があります。

      よくきくパターンでは、ビタミンB群が不足する事で皮脂量のコントロールが難しくなっているというのがあります。
      その解決策にパントテン酸を服用するという事が挙げられていますが、ビタミンB群は満遍なく摂取しなくては効果を発揮できないので、パントテン酸に加え、マルチビタミンBサプリを服用するのも一つの手かと思います。
      また、ビタミンBが欠乏する原因として考えられるのが、お菓子などによる砂糖の過剰摂取です。
      砂糖を代謝する際にビタミンB群が消費される為、皮脂コントロールに使われるビタミンBが欠乏してしまっている可能性もあります。
      そうであれば、パントテン酸・マルチビタミンBを服用しているだけでは根本的な解決になりません。
      根本的な解決のために、砂糖(お菓子)を断つなどの食生活改善も同時に進めてみて下さい。

      また、これは一部に過ぎないので、たにさんの原因にあてはまるかは分かりません。
      色々と試していきながら、一緒に原因を究明していきましょう。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA