皆が知らない「白ご飯がニキビに及ぼす悪影響の真実」を教える

白ご飯

食べ物とニキビの関係はとても複雑で、俺のようにニキビの知識をインプットしまくっていても更に新しい発見が次々と見つかり、日々困惑する事も多い。

一方では「肌に良い!」と言われ、もう一方では「ニキビの原因になる!」とも言われる等、本当にニキビに悩み一刻も早く治したいと思っている人からすれば、「どっちを信じればいいんだよ!」と呆れてしまう気持ちもよく分かる。

今回は、そんな論争のある食品の1つである「白ご飯」について、俺の現時点でのニキビへの影響の解釈を述べていこうと思う。

白ご飯はニキビに悪い、というのが今の意見

結論から言うと、白ご飯はニキビに対して悪影響、ニキビを助長する恐れがあると考えている。そう考え、現在俺は白ご飯、並びにパン、麺などの炭水化物を摂ることをなるべく控える事にした。

先に言っておくが、普通の状態の人が白ご飯を食べても悪影響が出ることは少ないだろう。だから、「あの人はバクバク白ご飯食べているのに肌キレイなんだけど?」というように他人と比較しても意味がないと考えている。

我々のように、「ニキビができてしまう状態」になっているからこそ、白ご飯はその悪意を存分に放つのだ。

白ご飯は”不完全でバランスの悪い食べ物”だ

白ご飯というのはお米を精製し、精製し、精製しまくった末に生み出されたものだ。言い換えるなら、栄養を削ぎ落とし、削ぎ落とし、削ぎ落としまくった末に生み出されたと言っても過言ではない。

白ご飯は、本来お米が持っている栄養を人工的に削ぎ落としている。だからこそ、白ご飯は「不完全」であり「バランスが悪い」のだ。

白ご飯がビタミンを無駄遣いしてしまう

「不完全だったりバランスが悪いことの何がいけないんだ?そんな食品はいくつもあるし、それを補うために色々な食品を摂るんだろう?」と思うだろう。

しかし、白ご飯の場合、本来はお米に含まれているビタミンやミネラルが精製の過程で削ぎ落とされた事で、代謝の際にビタミン・ミネラルを他から吸収しなくてはいけなくなるのだ。

つまり、白ご飯を摂れば摂るほど、他の野菜・肉などのビタミンなどが奪われてしまい、肌に栄養として還元されなくなる

「白ご飯はエネルギーの元だから!」と、バクバクと白ご飯を食べていれば、その代謝の際にビタミンはドンドン持っていかれてしまうだろう。そしてビタミン不足が肌に悪影響を及ぼすことは言うまでもない事だ。

また、代謝にビタミンが必要なのは白ご飯に限った事ではない。正確には「糖質」だ。つまり、砂糖や炭水化物系はどれも代謝の際にビタミンを必要とする為、食べれば食べるほど栄養バランスが崩れるリスクがある事を覚えておいてほしい。

「お菓子やアイスを食べるとニキビができる」という理由の1つに、この代謝の際の栄養バランス崩壊があるのだろう。

リービッヒの最小律という説があるが、白ご飯は他の栄養を浪費することで栄養の水準を下げてしまい、それによりニキビが悪化するのかもしれない。

リービッヒの最小律

リービッヒの最小律(リービッヒのさいしょうりつ)は、植物の生長速度や収量は、必要とされる栄養素のうち、与えられた量のもっとも少ないものにのみ影響されるとする説。 ドイツの化学者・ユーストゥス・フォン・リービッヒが提唱した。

出典:wikipedia

ビタミンBが減ると皮脂が過剰になる

更に、白ご飯の代謝の際に、皮脂のコントロールを司っているビタミンBが失われれば、肌は皮脂過剰になっていくだろう。

勿論、ちょこっと白ご飯を食べたくらいでは影響はないかもしれないが、毎日毎日たくさんの白ご飯を食べ続け、尚且つビタミンBの摂取量が少なければ、次第にビタミンB不足に陥り、皮脂過剰→ニキビ発生という道をたどるリスクは高くなる。

よくネットでも「チョコラBB飲むとニキビに良いよ♪」みたいな口コミがあるが、それというのも皮脂のコントロールを司っているビタミンBを手軽に摂取でき、皮脂のバランスが良くなり、間接的にニキビを治せるから、という事だ。

日本人は毎日たくさんの白ご飯を食べ、更に砂糖なども過剰に摂取するため、ビタミンBはとても不足しやすい。だから、サプリでビタミンBを摂っても中々補えず、皮脂過剰になりがちなのかもしれない。

その点を踏まえ、ニキビを治したい(皮脂を減らしたい)のであれば、ビタミンBサプリを摂るのではなく、白ご飯などの糖質をなるべく減らす食事改善をするべきだと俺は考える。

俺はそうした食事改善を続け、ニキビ跡とその赤みを改善してきた。今まで死ぬほどニキビに悩み色々な治療をしてきても効果がなかったが、一周回って基本に立ち返り食事改善をした途端、肌がキレイになってきたのは偶然じゃないハズだ。

>>ニキビと食事は関係ないって人に食事の最強さを再認識させる

白ご飯を食べると皮脂が増える理由

白ご飯を食べるとビタミンBが欠乏し、皮脂が出やすくなってしまうというのを今話したが、皮脂が増える理由はもう1つある。

それが、「血糖値の急激な上昇によるインスリン分泌」だ。

とても簡単な話だ。血糖値が上がれば、それを下げようとインスリンが分泌される。しかし、インスリンが分泌される時に皮脂腺も刺激され、皮脂が分泌されやすくなる。そしてインスリンは、血糖値の上昇が急激であればあるほど多く分泌されると言われている。

甘い物で皮脂分泌が促進される図

↑画像では白砂糖と果物の血糖値の上がり方の違いを説明している。白砂糖=白ご飯と思って問題ない、それくらい白ご飯も白砂糖も血糖値が急激に上がる。

この通り、血糖値が急激に上がると皮脂がたくさん分泌されやすくなり、それがニキビの発生に繋がる。だからこそニキビに悩む人は、血糖値を緩やかに上げる食べ物を選んで食べていく必要があると考えている。

その血糖値の上がり方を数値にしたものが「GI値(グリセミック・インデックス)」と言う。(名前を憶えておけば、今後食品のGI値を調べるときに楽だから覚えておくといい)

グリセミック指数

どうだろうか?今までニキビのために健康的な食生活をしていたかもしれないが、GI値なども気にしていただろうか?

「ヘルシーなうどんを食べよう!」「砂糖のかわりにハチミツで甘みを摂ろう!」「栄養価豊富な全粒粉パン食べる!」など、GI値で考えればタヴーな食生活を送っていなかっただろうか?

皮脂・健康を気にするのであれば、白ご飯をはじめとした高GI食品はなるべく避け、GI値の低い食品を食べることを心がけていくといいだろう。俺の1日の食事は、ほぼすべて上の表のGI値「低」のものを摂っている。

病的にGI値を気にするのもまた良くないが、なるべくGI値を意識し、急激に血糖値を上げない食習慣を作ることで、日々の皮脂分泌量は着実に下がっていくだろう。

たまに高GI食品を摂ることだってあるが、それは一時の贅沢として割り切り、毎日健康的な低GI食品を続けていければ、体や肌は1~3ヶ月で大幅に変わるハズだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. ニキビ男 より:

    正解すぎる記事です。私はそれに気付いて1年炭水化物を食べてません。ご飯、麺、パンは一生食べないでしょう。しかし気付くのが遅かった、どうか悩んでる人はこれを見て気づいてほしい。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>ニキビ男さん

      普通の社会に生きていたら、白ご飯、麺、パンなどの炭水化物がニキビに良くない等と気付くのは相当難しいですよね。
      自分も現在は炭水化物をかなり減らした生活をしていますが、以前はニキビに悩んでいながらもガッツリ食べていました。情報って大事なんだな~としみじみと実感しています。

      ニキビ男さんは、独自にニキビに関する情報などを調べたりしているのでしょうか?
      とても情報量が多そうな雰囲気があるので、ぜひお話しをきかせていただきたいです。
      もしよろしければメールなりskypeなりで連絡ください笑

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA