良かれと飲んでるスポーツドリンクにも健康への悪影響がある

スポーツドリンク

食事療法で肌質改善している人は、ジュースにも気を配っているでしょうか。ニキビや皮脂、乾燥の改善は、ジュースの悪影響により引き起こされている可能性も少なからずあるでしょう。

スポーツドリンクや清涼飲料水などのジュース類が健康に及ぼす悪影響についてのニュースを発見したので、以下に引用させてもらいました。


 

水分補給に良いとされるイオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの10年間で24例、31年で33例あったことが日本小児科学会などの調査で分かった。栄養が偏ったためとみられる。継続して多量にとらないように専門家は注意をよびかけている。

問題となっている飲み物のほとんどは、糖やミネラルを含むが、糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれない。ミルクや離乳食などをとらずに飲み続けると、ビタミンB1欠乏症になる。まれだが、脳症や脚気になることがある。同学会などでつくる日本小児医療保険協議会の栄養委員会は昨年、約400の施設に郵送で調査し、文献でも調べた。

委員会によると、1986年以降の報告で、7ヶ月~2歳11ヶ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していた。

33人中12人に知的障害や運動障害が残った。分析できたうち約9割が1日1リットル以上飲み、大半は離乳食をほとんど食べないか少量しか食べていなかった。飲み始めた理由は「かぜなどの感染症にかかった」が最多。「子どもが好む」や「水分補給」「離乳食が進まない」と続いた。

調査をした愛知医科大学の奥村彰久教授は「予防が大切。かぜの時など短期間に飲むのは否定しないが、飲む習慣をつけさせないでほしい」と指摘する。

メーカーも注意を呼びかけている。アサヒグループ食品の担当者は「汗をかいた時の水分補給に飲み、授乳や食事の妨げにならないよう使ってほしい」と話す。同社が販売する商品のホームページは、普段の水分補給に冷ました湯や麦茶を勧める。ピジョンは、商品のラベルに「1日当たり200ミリリットルまでを目安に」と記す。

 

(福地慶太朗)朝日新聞,2017,6-11


ジュースで栄養が浪費されていく

精白製品(米、小麦、砂糖)や、それを含むお菓子は、ミネラル・ビタミンが削ぎ落とされている為、代謝の際にビタミン、ミネラルを必要とします。その為、これ等を摂れば摂るほど、ビタミン・ミネラルを消費し、健康状態を悪化させてしまうリスクがあります。

今回の問題のスポーツドリンクにも精白製品である砂糖が大量に使われているので、代謝の際にビタミン・ミネラルを必要とします。糖やミネラルは含んではいますが、砂糖の量と釣り合っていない様に感じるので、スポーツドリンクだけでミネラルを補えるかは疑問が残ります。

問題となっている飲み物のほとんどは、糖やミネラルを含むが、糖をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が含まれない。ミルクや離乳食などをとらずに飲み続けると、ビタミンB1欠乏症になる。

ビタミンの欠乏で皮脂のコントロール機能が乱れる

ビタミンB群が欠乏すると、皮脂を適切にコントロールできなくなるとされています。そうなればニキビも格段にできやすくなるでしょう。

ちなみに、FUJIFILMの研究では、大人ニキビは皮脂量よりも乾燥が問題と言われていますが、乾燥が悪化すれば更に皮脂量は増えるインナードライになります。この場合は皮脂のコントロールよりも乾燥を改善するべきだと考えています。

地獄の糖尿病&難治性ニキビの併発

ちなみに、ポカリの炭水化物量(糖質)は、500mlで31.0gです。角砂糖に換算すれば、約10個になります。通常の血中ブドウ糖量よりも遥かに多い量をゴクゴクと摂っているようです。

そんな砂糖摂りまくり、血糖値あげまくりの生活を続けていれば、糖尿病になるのも時間の問題でしょう。食料が飽和している現代だからこそ、糖尿病になるリスクは格段に高くなります。

また、糖尿病と難治性ニキビの相関関係も疑われています。普通に考えて、そんな異常な食生活を続けていれば難治性ニキビができてもおかしくはないと思います。

糖尿病になれば、様々な障害が付きまとい、少し過ごしにくくなるでしょう。そこに更に難治性ニキビまで発症し、外を出歩きたくなくなるようになってしまえば、ネガティブな人であれば地獄の様な人生だと感じるでしょう。

精神疾患を引き起こす

1日にコーラを大量に飲んだり、お菓子を過食したり、砂糖を過剰摂取する生活を続けている人は、ミネラルやビタミンが欠乏しやすくなり、精神疾患を引き起こす可能性があるとされています。

そのような患者にビタミンB3やビタミンB6を投与する事で、精神疾患を改善させているケースが「食事で治す心の病partⅡ」に挙げられています。

ジュースをやめるだけで何か変わるかも?

何も意識せずに生活している人は、何気ないジュース、お菓子、ソースやドレッシングなどから日々大量の糖質(砂糖)を摂取しているでしょう。

私も以前はそのような生活をしていましたが、意識を変えて注意深く見てみると、日常には砂糖がめっちゃくちゃ溢れています。ほとんど全ての物に砂糖が含まれていて、かなり意識しなければ砂糖を摂らない生活は困難だと思います。

サラダにかけるドレッシング、ハンバーグにかけるソース、先に挙げたスポーツドリンク、野菜ジュース、菓子パン、ワサビ、など・・・恐らく外で食べるものには99%砂糖が入っているでしょう。それ等を全て断つのは困難ですが、そういう知識があるだけでも砂糖の摂取量はだいぶ変わる筈です。

砂糖の量が極端に多い、清涼飲料水(ジュース)とお菓子はなるべく摂らない様にする等を意識しておけば、日々の砂糖摂取量は大幅に下がり、それだけでビタミン・ミネラルなどの栄養不足が解消される可能性があります。

大好きだったコーラをやめるだけで、どうしようもなかった精神疾患を改善し、健やかな生活を取り戻したケースもあるように、たったそれだけの事で何かが変わる可能性は高いと思います。あなたのニキビの原因が、ビタミン・ミネラルなどの不足によるものであれば、砂糖の摂取量が減るに伴ってニキビは改善されていくでしょう。

今まで沢山の砂糖を摂っていた生活から一転し、砂糖完全カットした生活を送ると、砂糖には中毒があるのでイライラしたり、すぐに砂糖が摂りたくなって、長続きしないと思います。勿論、そこを気合で続けていく事が望ましいですが、反動で砂糖を過剰摂取してしまう位なら、少しずつ砂糖の量を減らしていけばいいのではないでしょうか。

今回、スポーツドリンクによる悪影響が紙面に取り上げられた事をきっかけに、とりあえずジュースから断ってみるのはどうでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 普通肌になりたい より:

    シンイチさんこんばんわ。Lプロリン飲んで2週間になりますが皮脂が改善されません。あと大学生で食欲旺盛で米をどんどん食ってしまいます。玄米にしたこともありますが嫌いな味しててすぐ米に変えたりしました。あとカレーが好きです。昼飯もコンビニおにぎりとか…どうすればいいですか?今やってる事としては、ミニトマトにマヨネーズ。朝食抜き。インナードライはどうやって治すのですか?

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>普通肌になりたいさん

      はじめまして。
      L-プロリンはインナードライ肌には有効と考えています。
      皮脂が改善されないという事は、インナードライ肌ではないのかもしれませんね。
      まずはニキビの原因を特定していく作業から入っていく方がいいと思います。
      白米をやめるのが難しいのであれば、マルチビタミンなどのサプリで満遍なく栄養を補うなどの方法も考えられます。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA