今からでも遅くないから本当に効果のあるニキビ治療をすべき

ゴールに走るイメージ

今振り返ってみると、最初からやっておけば良かったと思うニキビ治療がいくつもあります。それを早期にできていれば、死ぬほど悩む事にはならなかったと思います。

昔の私のように死ぬほどニキビに悩んでいる人でも、今からでも遅くないです私の肌を改善するキッカケになった治療法を一通り挙げておくので、参考にして下さい。

本当に効果のある治療ってなんだ?

ニキビの原因は千差万別で、私のニキビに効いたからと言って、あなたのニキビに効くとも限りません。だから本当は、万人の効果のあるような「本当に効果のある治療」というものは無いです。

私も長年ニキビに悩み、色々なニキビ治療薬、化粧品、サプリを使いましたが、ほとんどのモノが肌には無益でした。

しかし、それは私自身に原因があります。なぜなら、「私のニキビ」を治すのに、「私のニキビの原因」を考えずに、闇雲に「ニキビに効くらしい」と噂の製品を使っていただけだったからです。

まるで、宝くじやガチャポンの様な運任せの治療でした。こんな無責任な治療方法で治る可能性はとても低い事は、冷静に考えれば分かる筈でしたが、ニキビに悩み視界が狭くなっている時はそうもいかないものですよね。

自身のニキビの原因を究明し、「自分にとってベストな治療」を探す事は、そんな運任せの治療をやめ、最短距離で自分のニキビを治すキッカケになると思います。

自分にとってベストな治療を探すには知識がいる

では、なぜ皆その方法でやらないのか?1つは、先述したように視野が狭まっているからでしょう。視野が狭まっていれば創造的な事はできなくなります。

もう1つの理由が、「知識を学ぶのが面倒くさいから」だと考えています。

本気でニキビを治したいと高いモチベーションを持つ人は、能動的にニキビに関する知識を集め、考察しはじめ、自分にとってベストな治療を探し出します。

しかし、そのキッカケを得られず、尚且つニキビの影響でネガティブになっている人は、学習などの創造的なことを苦痛に感じてしまう為、能動的にニキビ治療の知識を得ようと思えなくなってしまうのではないでしょうか。

今回は、そういう人でも比較的手軽に知識を得られるように、私に効果のあったニキビ治療の体験談を挙げておきます。それを参考にすれば、自分と比較してベストな治療を探すキッカケになると思います。

3つの本当に効果のあったニキビ治療

私のニキビ治療人生で、本当に効果があったと思えるものは以下の3つです。自分にとってベストな治療を探す為のキッカケとして参考にして下さい。

プロリン療法

皮膚の修復、肌水分量を高めるといった作用を持つアミノ酸の「L-プロリン」のサプリメントを服用する方法です。

プロリン療法は、以下の人に有効だと思われます。

  • 脂性肌な人
  • 乾燥肌な人
  • インナードライ肌の人
  • ゴシゴシ洗顔しがちな人
  • ピーリングをよくする人
  • 長くお風呂に入っている人

プロリン療法の良い所は、原因とマッチすれば短期間で劇的に改善するところです。私の場合は、約7~9日ほどで脂性肌がサラサラになったと記憶しています。

プロリン療法を試した他の人も、大体が1ヶ月もしない内に皮脂が劇的に良くなった、とコメントやメールで報告してくれました。

プロリン

色々と調べた結果、私のニキビの原因はインナードライ肌の可能性がありました。言い換えるならば、乾燥性の脂性肌です。

乾燥が原因で肌バリア機能が弱まった為、刺激に無防備になるのが乾燥肌です。それが更に悪化すると、刺激から肌を守ろうと常時皮脂が分泌される事で、本当は乾燥肌なのに皮脂がたくさんある脂性肌になります

私も最初は「皮脂だらけだから脂性肌だな、脂性肌対策をしよう」と思っていましたが、その本質を見れば原因は「乾燥」つまり、肌の水分不足でした。

先述したように、プロリンは肌水分量を高めるサプリです。しかもコラーゲンを増やして肌の内側から保湿できるので、外側から化粧水で保湿するよりも効率的でした。

このおかげで、顔中べたべただった私の乾燥性脂性肌は、たちまちサラサラになり、ニキビも劇的に改善しました。

脂性肌ビフォー

脂性肌アフター

厳密には、この2枚の写真は治療直前と直後に撮ったものではないですが、皮脂が劇的に改善している事を伝えるために掲載しました。

プロリン療法については「「超皮脂だらけの脂性肌ニキビ」を短期間で改善させたサプリ」で詳しく解説しているので、ピンときた人は試してみて下さい。(1000円くらいで実践できます)

最初にも述べましたが、この記事を公開した所、「プロリンを服用して脂性肌が治った」という旨のコメント、メールを多数貰いました。そのコメントはプロリン療法についての記事の下部で閲覧できるので、参考にして下さい。

トレチノイン治療

先に掲載した写真の通り、脂性肌とニキビは劇的に改善したが、ニキビ跡と色素沈着が残っています。その改善の為に、肌のターンオーバーを劇的に促進する「トレチノイン治療」を行いました。

トレチノイン治療は、肌トラブル全般に有効です。例えば、

  • ニキビができる人
  • ニキビ跡が消えない人
  • 色素沈着ができやすい人
  • 皮脂が止まらない人
  • クレーターができている人
  • 毛穴ができている人

肌のターンオーバーを促進するという根本的な治療なので、広範囲の肌トラブルに有効だと考えています。しかもその作用の強さは化粧品の比ではありません。

私の場合、紆余曲折ありましたが、トレチノイン治療をした事で肌質は劇的に改善しています。↓

トレチノインでのニキビ治療の結果

この左の画像は、まだ脂性肌が治っていない時のもの、つまりプロリン療法を行う前のものですが、プロリン、トレチノイン等の治療を行う事で、右の写真のように劇的に肌質を改善させる事が分かると思います。

トレチノイン治療は効果絶大な治療法ですが、それ故に正しい使い方をしないと逆に肌を汚くする可能性もあります。とはいえ、使い方はとりたてて難しい訳ではなく、むしろ大事なのは焦らず、堅実に治療を進める事です。

その辺も含めて私のトレチノイン治療経験を解説している記事があるので、ニキビ・ニキビ跡が酷い人は見てみる価値があると思います。

【関連記事】肌を劇的に綺麗にした「トレチノイン治療」を徹底解説する

食事療法

プロリンとトレチノインにより大幅に肌はキレイになったと実感していますが、少し赤みが残っているのと、生活習慣の悪化で肌質が少し悪くなった時があったので、根本的な改善を試みるようになりました。

そうして基本に立ち返り、食事療法をしてみた所、肌だけでなく体全体が健康的になってきたように感じました

ニキビの炎症を油で改善した実例

まだまだ赤みは残っていますが、大幅に赤みの範囲が狭まった事がわかると思います。あまり良い写真ではないかもしれませんが、実物ではかなり改善しているように見えました。

実は、最初にニキビ治療をはじめた時に、まず食事療法をしましたが、何の知識もなく始めたので、ただ「野菜を多く食べるようにする」くらいの低レベルなものでした。当然、成果は得られず、「食事と肌って関係ないんだな」と長らく誤解したままでした。

基本に立ち返って、ちゃんと知識を収集してから始めてみると、食事療法というのはとても奥が深く、ポテンシャルが高い事に気付きました。

全ての病気は食事療法で治るんじゃないか?とまで思うようになりました。それほど食事と動物の体は密接に関係しているという事を、この時初めて知りました。

現在も、食事を意識していますが、色々と実験したりしているせいか、肌の調子は良かったり悪かったりです。ただ、そのおかげで貴重な情報がたくさん得られています。(内容は食事療法カテゴリで発信しています)

食事療法だけだと改善するのに時間がかかるので、プロリンやトレチノインで早期に皮膚トラブルを改善しつつ、食事療法も並行して行い、根本的な改善を目指していくのが一番いいと思います

何でも試してみないと分からない

最初に行ったように、ニキビの原因は千差万別で、どんな治療が自分のニキビに効くか判断するのは難しいです。自分のニキビの原因を究明できたとしても、結局は治療を試してみないと、本当に原因がそれなのかは分かりません。

色々な治療方法があるのに、なんだかんだ理由をつけて治療を避けてしまう事ありませんか?

  • お金がかかりすぎるなぁ
  • これ評判悪いなぁ
  • 副作用怖すぎる!
  • 本当に効くのか誰か試さないかな
  • 治るのに数ヶ月かかるのか。遅すぎるから却下。
  • もっと良さそうなのが見つかるかもしれない

人間は現状維持を好む動物なので、ニキビに慣れてしまったら、その現状から脱するために動こうという気力が弱くなってきます。だから何かと理由をつけて、「もっと安全」「もっと効果的」「もっと安い」治療方法を探すのではないでしょうか。

でも、そんな事をしている間に、あなたのニキビ・ニキビ跡はどんどん悪化していき、もっと治しづらいクレーターに悪化したり、化膿した難治性ニキビが広がるリスクが高まります。

本当に効果のあるニキビ治療を探し求めたい気持ちはよく分かりますが、それを見つける為には能動的に動き、逃げずにニキビと向き合う必要があります。それをして初めてニキビ治療がスタートします。

今ニキビに悩んでいるのであれば、色々考えずにとりあえず何かしらの治療をはじめてみてはどうでしょうか。何でも試してみないと何が起こるかは分かりません。

まだ誰も使った事のない未知の薬品を使ってニキビ治療するのであれば、そのような不安が生じるのも無理はないかもしれません。

ですが、多くのニキビ治療は今まで色々な人が試してきてくれています。それでメリットもデメリットも分かり切っていて、おまけにネットを見れば体験談はわんさか出てきますし、医師のサポートも受けられます。

あまり不安がって行動をおこさずにいる人と、ちゃんと考えて良いと思った事をどんどん試してみる人とでは、どちらが早くニキビが治るかは明白ですよね。

私も以前は不安がっていた方の人間なので、あまり偉そうな事は言えませんが、それ故にこれがとても大事な事だというのを強く実感しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 匿名 より:

    初めまして。高校生の息子のニキビが酷く写真と同じ様な感じでしたので色々お聞きしたくコメントさせて頂きました。
    まずプロリンに興味がありますが国産製がありましたがやはり外国製(紹介のある)がいいでしょうか。また副作用などはないですか?(安全性も気になります)
    他にお勧めの物があれば教えて下さい。

    皮膚科3件行きましたが治らず、色々薬を塗っても全くダメ。今は漢方を飲んでいますがこれもダメ。もうかわいそうです。
    宜しくお願いします。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >やはり外国製(紹介のある)がいいでしょうか。
      どちらでも問題ないと思います。
      ただ、外国製の方が安全基準や含有量では優れているものが多い印象です。

      >また副作用などはないですか?
      プロリンはただのアミノ酸なので、通常の用途であれば、医薬品のように副作用が出る事はないと思います。
      サプリじゃなくても、プロリンは、麩や豚ゼラチン、高野豆腐などにも多く含まれています。
      ただ、サプリの方が手軽に沢山摂れるという事だけなので、常識的な範囲内の服用であれば、副作用は気にする必要はないかと。

      皮膚科にいったり薬を塗っても駄目なのは、各々のニキビの根本的な原因にアプローチできていないからだと思われます。
      私の場合、プロリンがその根本的なアプローチにピッタリだと判明したのでプロリンを使いましたが、息子さんもそうだとは限りません。
      メールをいただければ、もう少し詳しく私の経験をお話しできるので、よければメールフォームから連絡下さい。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA