スキンケアに大金かけてもニキビが治らないなら、便を観察しろ

ニキビを治すために便を観察しろ

全てはニキビを治すために!値段を問わず、人気のスキンケア用品をたくさん使い漁ってきたのではないだろうか?しかし、長年ニキビに悩む人は、そこまでしてもニキビ肌が改善しない事が多い。

その理由は、表面的なスキンケアにだけ拘り、最も重視すべき「内臓」のケアを疎かにした結果、ニキビを発生させる大元の原因を解決できていないからだと思われる。つまり、ニキビは肌が生み出しているのではなく、体機能が崩れた結果、ニキビとして肌にSOSサインを送っているに過ぎないという事だ。

野菜も睡眠もしっかり摂っていると自分では思っているかもしれないが、体の機能を阻害する要因は他にも沢山あり、それ等全てを把握するのは大がかりな人間ドックでも難しいだろう。しかし、ことニキビの発生に関しては、体機能が正常なのかどうかを確認する簡単な方法がある。―それが「便」だ。

便は、体を構成する食物の最終形態だ。その便の頻度、形状、臭い、柔らかさには様々な情報が含まれている。だからこそ、自分の便の質を把握すれば、自分の胃腸の働きぶりを把握でき、それが体内部からのニキビケアに繋がるんだ。

スキンケアは飽くまで「発生してしまったニキビを鎮めるケア」であるのに対して、体内部からのケア(インナーケア)は、ニキビを斡旋している大元を叩く治療の為、目に見えて効果は出てくるだろう。

ニキビ治療における便の情報を見逃すな

ニキビを治すために、スキンケアではなくインナーケアをしようとするにあたり、胃腸の状態を知る事は重要だ。前述の通り、そのためには「便」からの情報を見逃さないようにしたい。

便とニキビ
出典:東三河ヤクルト販売株式会社

この表は、便の形状・色・水分量がどの機能に影響を及ぼしているかを簡潔に教えてくれている。自分の便を毎日チェックしている人は少ないと思うが、これからはチェックを欠かさず、色や形状を把握しておくといい。

便が柔らかかった場合

便が柔らかいのは、消化スピードが速すぎる場合に起こる。つまり、胃腸が過剰に刺激されてしまっている場合だ。

ニキビを治す便の状態

出典:タカラバイオ株式会社

この図の通り、「消化管の通過時間」が早いと、便に含まれる水分を腸が十分に吸収できず、たくさんの水分を含んだ便のまま排出される為、柔らかく水っぽい便が出る。

逆に、「消化管の通過時間」が遅ければ、便に含まれる水分を腸が吸収しすぎてしまい、便の水分自体がなくなり、硬くコロコロした便が排出される事になる。

腸が正常な働きをしていれば、通過時間は適切に調整され、4のような理想的なバナナ状の便が出るようになる。

4のような形状の便が出ない場合は、何らかの原因で腸の働きに異常が出ていると考えられる。考えられる原因としては以下のモノがある。

  • ストレスで自律神経が乱れた
  • 食物繊維の摂取量が多い(少ない)
  • 水分の摂取量が多い(少ない)
  • 刺激物(カフェイン・辛い物)の摂取量が多い
  • 糖分の摂りすぎで胃腸の働きがストップ(糖反射)

便のニオイ

便のニオイにも重要な情報が隠されている事をご存じだろうか?ニオイの情報は、「腸内環境」の善悪を把握するのに一番適しているかもしれない。
便のニオイ

腸内環境が適切なバランスになるほど、便のニオイは無臭化されていく。逆に、悪玉菌が多く善玉菌が少なくなると、卵が腐ったような腐卵臭を発するようになる。

自分の便のニオイを確認する事で、検査キットを使わないと判断できないような自分の腸内細菌叢の状態を確認する事ができる。これを活用しない手はないだろう。

もし、自分の便が臭かった場合、善玉菌のエサとなる食物繊維や、発酵食品を摂り、善玉菌を増やすように心がけよう。善玉菌のサプリなども良いと思う。

また、ストレスと腸内環境は切っても切り離せない関係にある。ストレスを感じにくくする為には食物繊維を摂るといい。食物繊維豊富な寒天を食べるのを推奨する。

【関連記事】ニキビ治療のお供に「寒天」が適している理由

便秘はニキビに直結する

人間は老廃物を「腎臓」「肺」「皮膚」「結腸」から排出できるようになっている。―しかし、結腸の機能が悪くなる事で結腸から老廃物を排出できなくなる(便秘になる)と、そのツケは他の部分に回ってくる。

そのツケが皮膚にまわってきた時、老廃物はニキビ(肌荒れ)という形で皮膚から排出されてしまうのだろう。

ニキビを発生させない為にも、各排出器官は正常に機能させなければならない。特にニキビにおいては便秘は大敵となりうるから注意が必要だ。

ニキビ治療に「良い腸内環境」は不可欠だ

ニキビ治療における腸のポテンシャル

腸には免疫系の70~80%が集結している為、腸内環境が悪化すると、その70~80%の免疫力を失い、人体にとって壊滅的なダメージを受ける事になる。

ニキビ治療でも、免疫力が低くなればニキビが発生しやすくなり、治癒力も低くなりニキビが治らなくなるだろう。

だから、自分の体、特に腸内環境が正常に機能しているのかを把握する事は、ニキビ治療において重要なステップである事は間違いない。その為、日々自分の便はチェックしておいた方がいい。

俺のニキビ跡も、腸内環境を整えて改善し始めた

俺はニキビ自体は滅多にできない体質になったが、ニキビ跡と赤みが目立っていた。それを改善する為に食事療法をはじめ、栄養・腸内環境・油などに気を使いはじめた所、ニキビ跡が改善しはじめた。

腸内環境とニキビ

【関連記事】本気で腸内環境を整えたらニキビ跡と赤みがキレイになった

結局、体にトラブルが起こるのは食物が原因だ。自分の食べた物で自分は構成されるのだから当然だ。だからこそ、ニキビを治すためには肌に気を遣うよりも食物に気を遣うべきなんだと思う。

自分の食べた食物の栄養は体に吸収され、それがニキビ肌を癒していく。そして使われなかった部分は老廃物として外に排出される。老廃物が排出されずに中に溜まる事でニキビが発生するのであれば、そうならない為に日頃から腸内環境に注意しておくべきだろう。

そして、自分の腸内環境の状態を知りたい時は便を観察すればいい。そうして便を観察することがニキビを治す事に繋がっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA