糖分が消化・吸収を阻害し、肌への栄養を遮断する【糖反射】

糖反射とニキビ

ニキビ肌を改善する為には、肌に栄養を送り届ける事が重要だ。

しかし、その際に糖分を摂ってしまうと、一時的に胃腸の働きがストップし、消化・吸収が阻害されてしまう事が東大の研究により明らかになった。

東大では、この反応を「糖反射」と呼んでいる。

糖反射が起こると、ニキビを治すために摂取しているサプリや食品の栄養が吸収されなくなり、ニキビに届かなくなってしまう。そうなれば、治癒力は低下し、ニキビ治療は更に難航していくだろう。

だからこそ、ニキビを治したいのであれば、「シュガーカット(糖分断ち)」を実践し、肌への栄養を供給しやすい体質を維持するべきだ。

糖反射により老廃物が蓄積され、ニキビへと変化する

糖反射が起きると、一時的に胃腸の機能がストップする。

その結果、消化吸収のスピードは低下、内臓はオーバーワークで疲弊し、消化されない食物が「老廃物」として体内に残留していく。

更に、砂糖や果物に含まれる糖分は、カリウムの働きもプラスされて、静脈が弛緩すると共に、血液粘度を上昇させます。

これは非常に困った事を引き起こします。その人の弱っていて、血の流れの悪い所が更に、血の流れが悪くなり、停滞するのです

そして、その組織や静脈に老廃物が蓄積し、ある許容量を越えると病気として発症するわけです。酸素と栄養が充分に届かなくなるからです。

出典:排泄の科学

老廃物が蓄積されていくと、それを排出する為に以下の機能を働かせる必要がある。

  • 腸(便)
  • 肺(呼吸)
  • 腎臓(尿)

そして、もう1つが「皮膚」。

お察しの通り、糖反射により体内に老廃物が蓄積されていくと、最終的に負債を引き継ぐのは「肌」だ。溜まった老廃物を排出しようとする皮膚の働きにより、ニキビ・吹き出物が発生してしまうと考えられる。

では、どうしていくつもの排出方法があるのに、わざわざ皮膚から排出してしまうのか?―それは、ニキビに悩むような人の不健康体質に関係があると思われる。

ニキビができるような人は、各排出機能が正常に作動していない?

恐らく、ニキビが発生してしまうような人は生活習慣、食習慣が不規則になりがちだったり、偏りが生じてしまっている所はあると思う。ニキビを治すために、なるべくそれ等を正そうとはしているだろうが、それは一朝一夕で改善されるものではない。

その様な生活習慣・食習慣の乱れが、各排出機能をサビつかせ、正常(又はスムーズ)に作動しなくさせてしまっている可能性がある。

例えば、水分の摂取量が少なかったり、サプリメントを過剰摂取する事で、腎臓に負荷がかかり、腎臓での毒素排出がし辛くなる。

また、便秘や下痢になれば腸からの毒素排出が滞るし、喫煙をしたりストレスで酸素吸入量が減っていれば、肺からの毒素排出も阻害されてしまう。

となれば、当然そのツケは「皮膚」にまわり、皮膚による毒素排出が過剰に行われる結果ニキビや吹き出物が大量に発生してしまうのではないだろうか。

まずは、皮膚以外での排出を促進する

このまま皮膚で大半の毒素を排出していけば、如何なるニキビ治療をしていても、根本的な原因が改善できていない為、ニキビは止まらないだろう。

薬などによるニキビ治療の効果を出す為には、まず皮膚以外でも適切に排出ができるように体調を整える事が重要だと思われる。

つまり、腸内環境を整えて便秘・下痢を治したり、喫煙習慣をやめて肺の機能を高めたり、水を1日1~2リットル飲むようにし、腎臓を適切に働かせるようにしたりする。

【関連記事】本気で腸内環境を整えたらニキビ跡と赤みがキレイになった

まずはそうして皮膚の仕事を減らし、ニキビが発生しにくい体質を作る事が先決だろう。

お菓子(糖分)を断てばニキビは改善する?

皮膚以外でも排出できるようになれば、新規ニキビは発生しにくくなる筈だ。

しかし、糖分を摂ってしまえば、腸内にダメージが蓄積されてしまい、そこから連鎖的に全ての症状がぶり返し、ニキビを再発させてしまいかねない。

だからこそ、ニキビ治療をするのであれば、同時にシュガーカットを実践し、お菓子などの糖分を含むものを徹底的に口にしないようにするべきだろう。

完全に糖質を断って3日で、ふともものニキビが枯れた

俺は食事には気を使っていたが、ちょこちょこ砂糖を含むものを食べてしまっていた。そのせいで新規ニキビができる事はなかったから、尚更やめるインセンティブがなかったのかもしれない。

しかし、糖反射の事を考え、お菓子類を完全に食べないようにしてから3日で、ある変化が起こった。―1ヶ月以上ふとももに居座っていた赤いニキビが枯れていたのだ。

中々痛々しいニキビが何故かふとももに発生し、それが1ヶ月近く治らずにいた。

そんな頑固なふともものニキビが、シュガーカットを始めてたった3日でいきなり赤みが治まり、枯れた。そして今では跡も残さず綺麗に癒えている。

お菓子には、砂糖・食品添加物・トランス脂肪酸の害悪物質が豊富

甘い物は人生の癒しになる上に中毒性が高いから、ニキビを治すためと言えど中々やめる事ができないと思う。

しかし、お菓子には、糖反射を起こす砂糖だけでなく、ニキビにとって害悪な物質が豊富に含まれている。その事実を認識すれば、自然とお菓子をやめるモチベーションは高まると思う。

  • 食品添加物が腸内細菌を荒らす
  • トランス脂肪酸が体内に老廃物として蓄積
  • オメガ6により炎症が悪化
  • 砂糖により糖反射が起こり消化吸収が阻害
  • 血糖値を急上昇させ、皮脂を分泌
  • 皮脂コントロールの要のビタミンBを浪費

ニキビが治ってから、適度に美味しく食べよう

お菓子が体に悪いといっても、やはりスイーツは美味しいし、人生を彩るものであるのは間違いない。

だから、ニキビが治ってから適度に食べるとして、それまでは完全に砂糖を断ち、治癒力を底上げしていくのはどうだろうか。

将来お菓子を楽しむ為にも、今は少し我慢してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA