男性ホルモンとニキビの原因である皮脂の関係

ニキビの原因と男性ホルモンの関係

ニキビに悩む人は以下の言葉をよく耳にすると思う。「ホルモンバランスが崩れるとニキビができる!」と。

これは、男性ホルモンが増えすぎてしまったり、逆に男性ホルモンが低下しすぎてしまう事がニキビの原因になり得るという話だ。確かにこれは的を射ていて、ニキビとホルモンの増減は関係あると言える。

では、ニキビとホルモンにどのような関係があるのか?今回はその事についての考察などを紹介しようと思う。

ニキビとホルモンの具体的な関係を知る事ができれば、今の自分の状態がホルモンバランスの変化によるものなのかどうかも見分けられるかもしれない(ニキビの原因を見つけられる)し、情報をインプットしておく事で、ホルモンバランスを適切にし、ニキビを予防する事もできるだろう。

男性ホルモンが、ニキビに関して不遇な理由

これもよく聞くかもしれないが、男性ホルモンと女性ホルモンは肌へ与える影響が違うと言われている。一般的に、男性ホルモン⇒肌を汚くする、女性ホルモン⇒肌を綺麗にする、みたいな印象だと思う。

女性ホルモンに関しては、女性らしさを助長するモノだから、肌を綺麗にするというのは間違っていない。だが、男性ホルモンが肌を汚くするホルモンだなんて不遇な扱いをしないでやってほしい。

悪性男性ホルモンが皮脂=ニキビを増加させる

上述の通り、男性ホルモンは悪くない。悪いのは悪性の男性ホルモン、つまり、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンだ。

このDHTは、皮脂腺を活発化させるチカラがある。つまり、DHTが発生すると、肌から皮脂が分泌されやすくなるのだ。それが意味する事は、勿論ニキビの増加だ。

だから、我々が防ぐべきは男性ホルモンの増加ではなく、DHT(悪性男性ホルモン)の増加なのだ。これは男性でも女性でも同じだろう。

防ぐべきは男性ホルモンを悪性に変えてしまう負のチカラ

男性ホルモンは、ある負のチカラを受けると悪性のDHT(ジヒドロテストステロン)に変化してしまう。その負のチカラと言うのが「5αリダクターゼ」だ。

コイツは厄介な事に、未だに発生するメカニズムがよく分かっていない。そして、脱毛にも一役かっている憎たらしいヤツなのだ。

そういうワケで、特に俺たち男性は、なるべくDHTと関わらない様に生きていく方が無難だ。だが残念な事に、男性ホルモンの量が低下すると、それを補おうとDHTがサポートしてくれちゃうのだ。(DHTは男性ホルモンより何倍もパワーが強く、減った男性ホルモンを補うのに最適なんだ。)

更に、男性の場合はオナニーをする事でもDHTは発生する。詳しくは、「オナニーはニキビを発生させる身近すぎる原因だと思う。」でも読んでくれ。

男性ホルモンを増やす運動などもせず、オナニーの頻度が多い人は、かなりDHTが増えていると考えていい。

皮脂を出さないためにDHTを抑える方法

皮脂腺を活発化させてしまう”DHT”を発生させないようにするには、いくつかの方法がある。1つ目は、禁欲する事2つ目は、サプリメントを使うという方法だ。

禁欲&運動で悪性男性ホルモン(DHT)を排除する

前述したように、オナニーはDHTを発生させてしまう。だから、それ等の欲を断つ事が本質的な改善になる。禁欲する事で男性ホルモンも増え、相対的にDHTも減る事になる。

だが、男性ホルモン量は7日程までは増加するが、その後は逆に低下すると言われている。つまり、ただ禁欲しているだけだと逆に男性ホルモンを減らす=DHTを増やす事になってしまうのだ。

テストステロンの増減

出典:http://www.zju.edu.cn/jzus/2003/0302/030219.pdf

ここで必要になるのは、男性ホルモンを意識的に増やす事だ。つまり、筋トレ、亜鉛、食事などを使って、禁欲により減った男性ホルモンを自分で補うんだ

筋トレ・運動をすれば男性ホルモンが増加する事は分かっているし、亜鉛のサプリメントをとる事も効果がある。どの方法を選ぶかは自由だが、個人的には運動が健康的で良いと思う。そこに亜鉛のサプリメントを併用したりすれば尚更だろう。

適度な性的刺激も男性ホルモンの増加には良いみたいだ。

ノコギリヤシのサプリで負のチカラ(5αリダクターゼ)を抑える

男性ホルモンを悪性のDHTに変えてしまう凶悪な負のチカラ”5αリダクターゼ”を抑えるサプリがある。それがノコギリヤシという植物のサプリだ。

ノコギリヤシサプリメント

DHTによる脱毛に悩んでいる人には有名なサプリだ。元々は前立腺にトラブルを抱える人への薬だったとかなんとか。

このノコギリヤシのサプリを使う事で、DHTを発生させる原因である5αリダクターゼを阻害できると言われている。俺も使ってみたが、「あ~今阻害されてる」みたいには勿論ならないから、ぶっちゃけ効果は不明だ。

だが、サプリを飲んでいるという事実がモチベーションになり、せっかくDHTを作らない様にしているんだから、この際に男性ホルモンを増やそう!という意識が高まったのは確かだ。

一部では、「ノコギリヤシサプリを飲むと性欲が弱まる」とも言われているから、意志が弱いけどオナ禁したい人にもいいのかもしれない。

ちなみに俺が買ったのは↑の画像にもある「小林製薬の栄養補助食品 ノコギリヤシ60粒」だ。ドラッグストアに売っていた。

男性ホルモンを増やしポジティブな未来を引き寄せる

ニキビの事だけを考えないようになりたいなら

俺はニキビに悩み、一時期は病んでいたと思う。毎日鏡を見てため息をついたりもしていた。トレチノインなどである程度肌がマシになってからも綺麗な人に比べれば圧倒的に劣る為、それは変らなかった。

だが、亜鉛とノコギリヤシを飲み、筋トレを初めてからは、自分でも少し活発になれたような気がしている。プラシーボ効果なのかもしれないが、人と話す時に肌の事を考えないようになったと思う。

男性ホルモンは攻撃的・活発になるホルモンだ。筋トレと亜鉛・ノコギリヤシで男性ホルモンを加速度的に増やした事と俺のメンタル面が変化した事は、少なからず関係がある筈だ。

人間の脳は複雑だけどシンプルだ。

「ニキビに悩んで毎日苦しい・・・」そう考えてしまうのも分かる。1mmも責めはしない。だけどやっぱり苦しいのって悩んでいるからだと思う。

悩むことによって、自分の中でその悩みが大半をしめてしまい、余計苦しくなってしまうって部分あると思う。そして、そんな事は分かっているけど悩む事がやめられないって人もいるだろう。

俺はそういう人にこそ上述した方法なりなんなりで自分の体質を変えてポジティブになってほしいと思う。

人間の脳は一見複雑だけど、ものすごくシンプルだ。こんな実験がある。

一般にオキシトシンは良好な対人関係を築いているときに分泌されます。動物実験では、オキシトシンは闘争欲や遁走欲をほぐし、恐怖への感受性を減らすことが知られています。

そこで行われた実験が衝撃的です。オキシトシンをヒトに投与してみたのです。鼻から吸引します。すると、金銭取引などで、相手への信頼度が増す事が分かりました。その効果が劇的で、相手の言葉をほとんど盲信してしまうのです。

脳には妙なクセがある,池谷裕二,扶桑社新書,2013-12.1

この事から、ホルモンは人間のメンタル面の根幹を支えている存在だと考える事ができると思わないだろうか?

たった1つのホルモンを吸引しただけで信頼度が劇的に増すなんてヤバいだろう?男性ホルモンの増加もそれと同じだと思うんだ。男性ホルモンが増えれば、心も自然に活発になり、辛いことを辛いと感じにくくなり、今まで辛いと思っていた事がそうでもなく感じるかもしれない。

今まで「この肌で外出なんて無理!」なんて考えていたとしても、自分の心が変われば、無理せず自然と外に出るようになる。そうして他人は自分が思うほど過剰に肌の事なんて気にしていないと気付き、メンタルが楽になるかもしれない。

要は、自分の心の持ち方次第。言い換えれば、ポジティブ系ホルモンの量次第・・・とも言えるかもしれない。

そう考えれば、ニキビを治すため以外にも、男性ホルモンを増やし、DHTを減らす目的ができて、よりモチベーションが高まらないだろうか?治療の先にポジティブな未来が待っていると思えば、自然とヤル気が出てくる筈だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 大野 友渡 より:

    あのー!!最近 プロリンをかってみたんですけど くわしい 使い方教えてください!数とかいつ飲んだ方がいいとか…(^_^)

    • シンイチ@俺が本当に必要なニキビの治し方を教える。 より:

      >>大野友渡さん
      返信が遅れてすみません。コメントに気付きませんでした!

      プロリンの使い方ですが、特に細かい指定はありません。ほとんどが短期間で「超がつくほどの脂性肌ニキビ」を改善するサプリに書いてある通りです。飲む量や時間など以外も色々な情報が、その記事のコメント欄に掲載されていますので参考にしてください。

      参考までに、俺は(多いときで)1日4錠を水で飲んでいました。特に数量を決めて飲んでいたわけではなく、かなり適当でしたが効果は得られています。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA