トレチノイン治療でルミキシルを使えない理由

トレチノイン治療でルミキシルを使えない理由

ハイドロキノンの代わりにルミキシルを使えないのか?

ルミキシルはハイドロキノンよりも高い美白作用・低い刺激を持っている上位互換だ。しかも、ハイドロキノンのように光毒性がなく、紫外線にあたっても毒化しない為、トレチノイン治療で使えればシミのリスクが格段に下がる。

ルミキシルのシミへのデータ2
出典:Lumixyl Clinical Publications

ルミキシルの存在を知っている人なら、そう考えてトレチノイン治療でハイドロキノンの代わりにルミキシルを使おうと思うかもしれない。

しかし残念ながら、ルミキシルはトレチノインとの相性が悪く、トレチノイン治療に用いることができない。

ただ、上手く使えばトレチノイン治療にルミキシルを組み込むこともできるという事に気付いた。トレチノイン治療にルミキシルを組み込む手法と、ルミキシルが代用できない理由を以下で解説していこう。

ルミキシルとトレチノインが合わない理由

トレチノインはクリームの後に塗ると効果が落ちる

まず、トレチノイン治療に用いるトレチノインクリームの性質の問題がある。トレチノインクリームは、油分の多いクリームの後につけると皮膚への浸透率が低くなり、完全な効果を発揮できなくなってしまう

基本的に、トレチノインクリームを塗る前につけるのは「ビタミンC誘導体化粧水」だからその点は問題ないが、ビタミンC誘導体クリームなどを使った場合は、効き目が弱くなる。だから公式にはビタミンC誘導体化粧水を使う方がいいとされている。

ルミキシルは油分のある「クリームタイプ」

もう察しはついていると思うが、ルミキシルは油分のあるクリームタイプの製品だ。しかも、ルミキシルはトレチノイン同様、油分の多いクリームの後につけると浸透率が低くなってしまう性質がある。

だから、トレチノインの前にルミキシルを塗れば、ルミキシルの効果自体は問題なく発揮されるが、トレチノインの浸透力が低くなり、皮剥けが弱くなる可能性がある。
ルミキシルとトレチノインの浸透

ルミキシルを最初に塗ればトレチノインの効き目が弱くなり、トレチノインを最初に塗ればルミキシルの効き目が弱くなる・・・と、必ずどっちかの効果が弱くなるシーソーゲームになってしまう。

トレチノイン治療において、シミ抑制効果が弱まるのは痛い

俺は、トレチノイン治療におけるルミキシル・ハイドロキノンの役割は、シミを消す事というよりトレチノインの炎症刺激によるシミを抑えることだと考えている。

【関連記事】トレチノイン治療中にハイドロキノンを塗らないとどうなるか?

シミ治療の場合はシミを消すという役割も強いかもしれないが、結局はトレチノインがターンオーバーを加速させればシミは消える。しかし、炎症刺激のシミはハイドロキノンやルミキシルで抑えてくれないと逆にどんどん増えていくだろう。

だから、ルミキシルを塗った後にトレチノインクリームを塗ることはあったとしても、トレチノインクリームを塗った後にルミキシルを塗るのはダメだと考えている。

トレチノインクリームを塗った後にルミキシルを塗れば、ルミキシルの効き目は弱くなり、炎症刺激によるシミができないようにするためのシミ抑制効果が弱まってしまう。シミ治療でもニキビ治療でも、そんなことをすれば本末転倒だ。

トレチノイン治療に上手くルミキシルを組み込む方法

とはいっても、ルミキシルはハイドロキノンよりも効果が高く、刺激も弱い魅力的な製品だ。だから、何とかしてトレチノイン治療に組み込めれば、ハイドロキノンを使った時よりも美白になれるのではないか?と考えるだろう。

そんなワケで、トレチノイン治療にルミキシルを上手に組み込み、美白効果を最大化させる方法を考えてみた。この方法は、なるべく赤みを最小限に抑えてゆっくりと安全に治療していきたいという人にオススメだ。

トレチノインの強さ調整のために使う

トレチノインは劇薬だ。はじめて使う人は、例え一番低い濃度の0.025%でもバリバリ皮剥けし、炎症で顔が真っ赤になってしまうだろう。

ここで先述したトレチノインの性質を思い出してほしい。「トレチノインは油分のあるクリームの後に塗ると浸透力が弱まる」という性質があったことを覚えているだろうか?

なるべく赤みを抑えてトレチノイン治療をしたい人は、この性質を上手に活用し、ルミキシルを塗った後にトレチノインを塗ることで、トレチノインの効き目・炎症を緩和できる

この手法なら、ルミキシルを最初に塗れるからルミキシルの効き目は落ちず、美白作用はMAX。且つ、効きすぎるトレチノインの効き目を弱くでき、WIN-WINになる。

具体的な使い方

トレチノインの強さ調整のための具体的な使い方について解説する。以下のステップで製品を使っていく。

  1. 洗顔
  2. ビタミンC誘導体入り化粧水を塗る
  3. ルミキシルを塗る
  4. 乾くのを待つ(15分ほど)
  5. トレチノインを塗る
  6. 乾くのを待つ(15分ほど)
  7. 日焼け止めを塗る

従来のトレチノイン治療と違うのは、③でルミキシルを先に塗ってしまっていることだけだ。これにより、効きすぎてしまうトレチノインのパワーを緩和し、副作用である炎症をも緩和できる。

もし、高濃度のトレチノインでバンバン皮剥けさせたい!赤みは気にしない!という人は、この手法はオススメしない。この手法は、より安全・堅実なトレチノイン治療のためのものだ。

クールダウン期間になら代用OK

また、トレチノインクリームを塗ることのないクールダウン期間になら、ルミキシルを思う存分使うことができる。

ターンオーバー期間はトレチノインを使っているから、トレチノインの効果を損ねないようにハイドロキノンを使う。そして、クールダウン期間はトレチノインを使う必要がないから、安心してハイドロキノンの代わりにルミキシルを使えばいい。

そうすれば、ルミキシルの高い美白作用・低刺激性が上手くハマって、クールダウン期間をより安全に、より効果的に行うことができるだろう。ルミキシルには光毒性がなく、日焼け止めを塗り忘れてシミができるリスクがないのもグッドだ。

ルミキシルを使う場合も日焼け止めは忘れるな

ルミキシルに光毒性がないからといって、トレチノイン治療のクールダウンの時に日焼け止めを塗らないのはタヴーだ。

ルミキシルには光毒性こそないが、紫外線に当たると効き目が弱くなり、十分な美白作用を発揮できなくなる恐れがある。そうなればトレチノインの炎症刺激や、紫外線による刺激でシミができやすくなってしまう。

またクールダウン期間中は、ターンオーバー期間中に破壊された肌バリア機能が回復させることが目的だ。つまり、クールダウン期間中は未だ肌バリア機能が完全に回復しきっていない。だからこそ、なるべく外的刺激(紫外線など)から肌を守るために、日焼け止めは必須だ。

肌のバリア機能
出典:http://www.alcare.co.jp/news/0511_1/

クールダウン期間の出来で、トレチノイン治療の出来が決まるといっても過言ではない。クールダウン期間を疎かにすれば、最終的にシミが大量発生してしまい、今までの治療がムダになる。基本に忠実に治療しよう。

シミ治療ならルミキシルセットでもいいかも

ルミキシル
トレチノイン治療でルミキシルを使うと、上述したような制限がある。だから、トレチノインに拘らずにルミキシルブランドのシミ治療セット「(ヤマト便)ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングセット(グリコピール10)」を使うのも効果的だろう。

セット内容は、

  • ブライトニングクリーム
  • アクティブクレンザー
  • グリコピール20ローション
  • モイスチャーロックサンスクリーン

の4つのセットになる。

トレチノイン治療をしにくい夏の治療や、軽~中度のシミ(色素沈着)を治すなら、わざわざトレチノインを使わずともこのようなセットを使いシミ治療をするのも良いと思う。(ただしニキビ治療への効果は低い)

ただ2016年6/9日現在、ブライトニングセット(グリコピール20ver)は品切れで入荷待ち状態になっている。代わりにグリコピール10verなら注文可能のようだ。

それでもトレチノインで使いたい!という場合は、「ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリーム」がハイドロキノンの代用として使える。

まとめ

従来のトレチノイン治療をするのなら、ルミキシルはハイドロキノンの代わりにはならない。しかし、低濃度長期などの様に、赤みを最小限に抑えるスタイルの場合は、ルミキシルでトレチノインの効き目・炎症を敢えて抑えつつ、美白作用も発揮させることができる。

ルミキシルをトレチノイン治療で使えないのは、クリームの後に塗ると浸透しにくくなるから最初に塗らないといけない、という性質を、ルミキシルとトレチノインの両方が持っているからだ。

だから、トレチノインクリームを塗る必要のないクールダウン期間なら、ハイドロキノンの代わりにルミキシルを用いても問題ないだろう。それどころか、ハイドロキノンより美白作用は高いから、ルミキシルを用いた方がより効果的なクールダウンになるかもしれない。

あえてトレチノイン治療に組み込まなくても、ルミキシルブランドのセットがあるから、それを用いてシミ(色素沈着)治療をするのでもいいだろう。

ハイドロキノンの17倍の美白作用という素晴らしいポテンシャルを、どんな形であれ最大限引き出して利用したいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA