トレチノインを塗っても赤くならない時にするべき事

トレチノインで赤くならない事に困っている?

稀にトレチノインを使っても全く赤くならない人がいる

トレチノイン特有の赤みが出ないと「せっかく勇気を出してトレチノインを使ったのに、ネットで言われてるように赤くならない…」と心配になってしまうと思う。残念ながら、体質的にトレチノインが効きにくい人はいるからそれはしょうがない。

だが、別にトレチノイン治療の道が断たれたわけではない。そんな人でも普通の人と同様にトレチノイン治療はできるし、バリバリ皮剥けして赤みも出るだろう。

とりあえず、今から話す注意点をふまえつつ、適切な対処をしていく事を推奨する。そうすればトレチノインが効かなかった原因が分かり、今の濃度のままでも効くかもしれない。

トレチノインの前に塗ってるクリームのせいかも?

トレチノインを塗る前に、ビタミンC誘導体を塗っているという人は、そのビタミンC誘導体が原因かもしれない。

ビタミンC誘導体が赤みを抑えていて、皮剥けはしているのならそれは好都合だが、皮剥けまで抑えられてたらトレチノインの効き目が弱くなっているという事だから対処しなければいけない。

今、あなたが「クリームタイプ」のビタミンC誘導体を使っているのなら、それがトレチノインの効き目を弱くしている原因かもしれない。油分が多いクリームは、トレチノインの吸収を弱くし、効きにくくする

ビタミンC誘導体クリーム

俺はそれを逆手にとって、トレチノインが初めての人に効きすぎない様に、クリームタイプのCセラムを推奨している。だが、体質的に効きにくい人にはそのせいで余計効きにくくなり、赤み・皮剥けが出なかったのかもしれない。

とは言え、効くか効かないかは使ってみないと分からないから、Cセラムは持っていて損はないと思う。

では、赤くならないならどうするべきか?

トレチノイン
油分の多いクリームを使っていた人は一旦それをストップするとして、使っていなくても赤くならないという人は体質的に効きにくい人だろう。過去にそういう人とメールをやり取りした事もある。

結論から言えば、効きにくい人は濃度を上げるしかない訳だが、どの濃度にするべきかが問題になると思う。

あなたが使っているのがBIHAKUENのトレチノインの場合

BIHAKUENのトレチノインよりもトレチノインジェルの方が浸透力が強く効きやすいと言われている。俺自身が試してみた感じでもそうだと思った。

だから、今BIHAKUENのトレチノインを使っていて赤みが出ないくらい効果がないなら、同じ濃度のトレチノインジェルに変えるのがいいと判断する。恐らく、トレチノインジェルなら同じ濃度でもかなり効き目が違う筈だ。(効きやすい人には効きすぎてヤバイ)

一番いいのは、同じ濃度と、更に上の濃度も一緒に購入しておく事だ。そうすれば、もし同じ濃度であまり効かなくてもすぐに次の濃度に移れて配送時間の無駄を省ける。

あなたが使っているのがトレチノインジェルの場合

既にトレチノインジェルを使っているけど赤くならない!効かない!という人もいるのかもしれない。

ただ、そういう人は単純にトレチノインジェルの濃度を上げてみるしかない。この場合も、時間を無駄にしないように2種類の濃度のものを購入しておく方がいい。例えば、0.025%を使ってた人は、0.05%と0.1%の2種類だ。

「トレチノインジェル0.1%でも効かないんですけど」という強者の人ももしかしたらいるのかもしれないが、そういう人は最強のトレチノインである0.4%のネオケアを使うしかないだろう。

0.05%が効かない人も、トレチノインジェル0.1%と一緒にネオケア0.4%も購入しておくといいかもしれない。ネオケアを使う時は、少し慎重に塗った方がいい、いくら効きにくいと言っても0.4%はかなり強いからね…。

※ネオケアは生産中止になりました。

トレチノインを効きやすくする裏技

小技だが、多少トレチノインを効きやすくする方法がある。トレチノインを塗っても全然赤くならないような人がバリバリに赤くなるとか、そういうレベルの効果はないから、そこまで期待しない方がいい。

やり方は簡単で、トレチノインを塗った場所にサランラップでパックするだけだ。

rap

それだけで、トレチノインの浸透力が高まり、通常よりも効きやすくなるだろう。俺が実際に試した所、免疫がついて効きにくくなった肌でも数日は再び皮剥けするようになった。

サランラップには、酸化を防ぐ力、水分を保つ力があり、それによりトレチノインの力をキープできて効きやすくなるという訳だ。

赤くならなくても効いてるかもよ?

赤くならなくても皮剥けしているのなら、それは適切に赤みをコントロールできて、尚且つターンオーバーだけを促進できている証拠だ。それが一番安全で理想的な方法だと思う。

その分、治療に時間はかかってしまうデメリットもある為、「もっと赤みが出てもいいから早く治したい」という人は今より多少赤くなるのを覚悟で濃度を少し上げてみると良いだろう。

ただ、焦りすぎて無茶な治療はするべきではない…大失敗して赤みに悩んだ俺から言えることはそれだけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA