ニキビを治すために野菜を摂るべき理由は「ビタミン」の補給

ニキビ治療のために野菜を摂る理由

ニキビが酷くなってきたら、食生活も変えようと意識すると思いますが、「とりあえず野菜摂ればいいか!」と安易に考えると、せっかくの食生活改善が無駄になる可能性があります。

「ニキビを治すために食生活を変えるから、まずは野菜を摂るようにしよう」という発想自体は間違っていないと思います。ただ、自分の思い込みを信じ、情報収集もせずにとりあえず摂っているだけだと非効率的です。

  • ニキビを治す為に、野菜にどんな効果を期待しているのか?
  • なぜ野菜を取り入れると食生活のバランスが良くなるのか?
  • 野菜で得られるメリットは何なのか?

ニキビを治すために野菜を摂る「本質的な理由」を知っているのといないのとでは、結果に大きく差がでます。効率的にニキビを治す為にも、「野菜を摂るべき本質的な理由」を理解しておくべきでしょう。

野菜を摂るのはビタミン補給のため

人間はなぜ野菜を摂るのか?それは結論から言えばビタミン類の補給のためです。

人体を健康に保つ上で、ビタミンは必要不可欠な働きをします。16世紀頃の船乗りは、航海中に野菜を摂れなかった為、ビタミンCが不足して壊血病になる人が非常に多かったと言います。

ビタミンCが不足するだけで、皮膚・粘膜・免疫力が弱り、生命維持ができない程に深刻な症状が表れます。航海にオレンジやレモンジュースなどを持っていく事で、ビタミンCを摂取できるように取り計らった所、壊血病による死者数は劇的に減ったそうです。

このように、ビタミンCが不足するだけでも致命的なダメージを負い、人体を健康に保てなくなってしまうものです。現代では保存も効く上、飽食の時代なので、栄養が不足する事はないと思うかもしれませんが、私は飽食の時代だからこそ人体を健康に保つのに必要な栄養素が不足してしまっていると考えています。

現代では、スナック菓子や加工食品で溢れている為、ちょっと小腹がすいた時でもすぐに手軽に何かを食べられます。その際にスナック菓子などの栄養価のない物で腹を満たしてしまえば、夕飯時に食欲がなくなり、適切に栄養を摂取できなくなる恐れがあります。

飽食だから栄養価のあるものを沢山摂れる筈なのに、人口調味料や食品添加物、砂糖、悪質な油などで作られたスナックなどの栄養価のない物を摂る事が多くなり、食欲は満たされるけど栄養は欠乏してしまうという事態が起こっているのではないかと思います。

人はなんのために食事をするのか?それは「栄養を補給して人体を健康に保つため」と言っていいと思います。そうであれば、スナック菓子などの栄養価の無い物で食欲を満たしてしまう事はナンセンス。適切な栄養素を摂る為に食べるべきものも自然と分かってくる筈です。

野菜には、豊富なビタミンやミネラルなどの生命維持に必要不可欠な栄養が含まれており、それ等を吸収し、自分の身体を正常に働かせる為に野菜を摂らなければいけません。

ニキビは壊血病と同様に、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスの悪化により人体の健康が保てなくなり、体内でトラブルが発生した為に引き起こされています。だからこそ、偏った食事による偏った栄養を摂取するのではなく、野菜なども交えてバランス良く食べる事が推奨されているのです。ニキビを治す為に野菜を食べる・・・というのにはそういう背景があると考えて下さい。

野菜からビタミン類を補給するための必須知識

ビタミンCは熱に弱く水に溶ける性質がある

ビタミンCは熱に弱く、加熱調理をすると消えてしまうと言われています。また、水に溶けやすいという性質も併せ持っています。

つまり、野菜からビタミンCを摂る為には、加熱したり茹でたりしてはいけないという事になります。それ等をしてしまうと、ビタミンCが壊れる、又は溶け出てしまい、摂取できなくなってしまいます。

ビタミンC以外にも、ビタミンB群も水溶性なので水に溶け出るので、茹でた野菜を食べてもビタミンB、Cを摂取できないというです。これ等のビタミンの性質を知っていると、栄養素の摂取効率は大幅に変わってくるでしょう。

野菜を摂る目的はビタミン類を摂取する事なので、加熱・煮沸させるのはNG。生の野菜をサラダなどでそのまま食べる方が効率的に栄養を摂取できると考えられます。

ただ「野菜を多く摂るようにしよう!」と意識しているだけでは、野菜炒めなどの加熱調理によりビタミン類が欠損した野菜を食べる事になり、非効率的です。野菜を食べる本質的な意味を考えて調理する事により、効率的な栄養摂取を心がけるようにしましょう。

※野菜を茹でた場合は、そのゆで汁にビタミン類が溶け出ているので、野菜スープなどにして、そのゆで汁も摂る様にするといいと思います。

また、ビタミンCは酸素と接触しなければ壊れる事もない、つまり、揚げ物などの場合は油の膜で酸素が遮断されているため、ビタミンCが減りにくいらしいです。

ところが、ビタミンCを酸素と接触しないようにして熱を加えると、ほとんど酸化しない。つまり、「ビタミンCは熱に弱くない」現象が生じる。

これは、フライドポテトがビタミンCを豊富に含んでいることと一致する。フライドポテトは、油で揚げて作る。油は沸騰水(熱湯、100℃)よりも温度が高い(150℃~180℃)。一般的に理化学反応は温度が10℃上がると、反応の速度が2倍速くなる。

沸騰水よりも50℃高ければ、2の五乗で、32倍速くなるはずなのでほぼ全滅と考えられるが、実際にはフライドポテトはビタミンCの宝庫なのだ。

出典:ビタミンCは加熱すると本当に壊れるのか?|Re forward

油に溶ける「脂溶性ビタミン」

ビタミンは水溶性の他に、脂溶性と言う「油に溶ける性質」があります。水溶性ビタミンがB、Cなのに対し、脂溶性ビタミンはA、D、E、Kとなっています。

脂溶性ビタミンは熱にはやや強いと言われていて、加熱調理でも多少は欠損しにくい様です。油に溶ける性質があるので、油を使う加熱調理とは相性が良く、脂溶性ビタミンの吸収率を高めてくれるでしょう。

同じ野菜でも、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンを含む物があるので、どちらも効率的に摂取するためにはやはり生野菜をサラダとして食べるのが一番いいと思います。ドレッシングには、「良い細胞は良い油から作られる!肌細胞を健康にする油の知識」で紹介したえごま油のドレッシングを使えば、脂溶性ビタミンの吸収力も高まります。

リービッヒの最小律を意識し、バランスよく栄養を摂る事が重要

「栄養はバランス良く摂らなきゃ駄目だよ」とよく言われますが、これにも理由があります。

栄養は一番低い水準のものがベースにされるからです。極端に言えば、ビタミン類を全て1000mg摂っていたとしても、マグネシウムなどのミネラルが不足していた場合、そこが足を引っ張り、栄養の代謝を悪くします。そしてそれを表すのがリービッヒの最小律です。

リービッヒの最小律

ハッピープラス 栄養のお話 http://www.babyhealthcare.co.jp/eiyou.html

出典:ハッピープラス 栄養のお話

全ての栄養がバランスよく摂れている時は、バランスの良い円柱が作れて水は零れ落ちず、健康体を維持できます。しかし、どれかの栄養が少なければ、円柱はばらばらに崩壊し、中の水(生命力とでも言っておきます)が活用できなくなります。

様々な野菜から豊富な栄養を摂るべき

リービッヒの最小律に則ると、野菜を摂る時も、毎日決まった野菜を摂るのではなく、色々な種類の野菜を摂っていく方が良いと言えます。

毎日キャベツと水菜だけのサラダだと、ビタミンCは摂れるかもしれませんが、他の栄養を摂取し辛くなり、バランスの良い円柱を作る事ができません。私は、キャベツ、水菜、パプリカ、ピーマン、アボカド、白菜、長ネギ、レタス、しいたけ、しめじ、トマトなど、異なる栄養を持つ野菜を摂るように心がけています。

野菜を摂る本質的な理由は、生命維持のためにビタミンやミネラルを補給する事です。であれば、生命を維持するのに不可欠なビタミン、ミネラルなどの栄養は、どれも欠かさずに摂るのは当然の事なんですね。

スナック菓子などの栄養価の無い物を食べ続ける事で、栄養バランスを崩してしまっていたから、その当然の事ができず、体内でトラブルが起こり、ニキビなどができてしまったのでしょう。質の良い食事は薬にも勝る事を痛感しています。

サプリを有効活用する

私は数種類の野菜をローテーションさせ、できるだけ野菜から栄養を摂ろうと意識しています。しかし、全ての栄養を高い水準で含む料理を作るには割と手間がかかるので、それを補う為にサプリを摂っています。

私が今摂っているサプリは、以下の3つです。

  • スーパービール酵母Z(ビタミンB群・ミネラルサプリ)
  • C-1000 Antioxidant Protection(ビタミンC・ビオフラヴォノイドサプリ)
  • ダイジェスティブエンザイム(酵素サプリ)

これらのサプリとミネラルウォーター、野菜、肉などで、最低限必要なビタミン・ミネラルを摂取するだけではなく、高い水準で栄養バランスを保つ事で自然治癒力を高めようという魂胆です。メガビタミン療法にマルチビタミンとミネラルを加え、安定感を高めようと画策しました。

現在この両方を続けていて、頬にある赤みの半分が異常に改善されてきているように感じます。食生活が乱れるとまた戻ってしまうので、これからも徹底して続けていこうと思っています。

生野菜に含まれる酵素も重要な働きをしている

生の食べ物には「酵素」が含まれており、生の食べ物が持つその酵素でセルフ消化されます。つまり、人間の持つ消化酵素を使わずに済む為、酵素を作り出す膵臓を休ませる事ができたり、節約した分を代謝酵素(治癒力)に充てる事ができます。

人が作れる酵素の量は決まっていて、その酵素をやりくりしながら生きていく事になります。当然、加工食品を食べれば食べるほど体内の酵素を浪費する事になり、代謝に回す酵素が少なくなるので、治癒力が弱まり、怪我が治りにくくなったり、病気になりやすくなるでしょう。

できるだけ自分の酵素を節約していく為にも、生の食物を食べる事が重要になります。その点で、生野菜を食べる事は、栄養を損なう事もないし、酵素も浪費しないし、ベストな食べ方だと思います。

イヌイットの人々は、アザラシや白熊の肉も生で食べます。生肉だからビタミン、ミネラル、タンパク質も豊富で、更に加熱しないから酵素も消失せず体に負担もかかりません。だからこそイヌイットの人々は、病気知らずと言われているのでしょう。(近年は欧米化が進み、病気率も高くなっているようですが)

また、動物園のライオンたちも、生肉をあげているときは全く病気にならなかったのに、加熱した肉をあげるようになってから大腸がん等の病気にかかりやすくなった為、再び生肉をあげるようにし始めたという話も聞いた事があります。人の手が加わる事で、「自然な食べ物」ではなくなってしまい、それが生物の身体に何らかの影響を与えているのかもしれません。

ビタミンやミネラルだけでなく、酵素も摂っておくにこした事はないです。その為にも生野菜、生魚などを食べるようにし、なるべく消化酵素を浪費しないようにするといいでしょう。

また、私の様に消化酵素サプリメントを飲んで体外から酵素を摂取すれば、体内の酵素を節約し、その分を代謝酵素に充てられます。その分、治癒力も高まります。ニキビや肌荒れを早期に改善したい場合は、ビタミンサプリだけではなく消化酵素サプリも摂っておくといいでしょう。


ダイジェスティブエンザイム

酵素には動物性と植物性のものがありますが、胃酸に負けずに活動できるのは植物性のものなので、植物性のダイジェスティブエンザイムを推奨します。

まとめ

ニキビを治すために何故野菜を摂るのか?その本質的な理由を考えて実践しなければ、せっかくの食生活改善の効果も弱くなり、「なんだ、食生活改善じゃニキビ治らないじゃん」と勘違いして終える事になります。

そうしない為にも、野菜を摂るのはビタミン、ミネラルを補給し、酵素を節約するためという背景を理解しておく必要があると思います。

適切な食生活を続け、自分のニキビの根本的な原因を解消できれば、すぐにニキビは改善していくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. たま より:

    ご回答ありがとうございます。

    メールはどのアドレスにすれば、良いでしょうか?

    お忙しい中、申し訳ありません。

    名前の下のメールアドレスにこちらのアドレスを書けばいいですか?

  2. たま より:

    いつも拝見しています。

    質問なんですが、オロナインパックについてどう思いますか??

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>たまさん

      はじめまして、たまさん。
      オロナインパックですが、特に有効な治療法ではないと思います。
      軽度のニキビであれば改善するかもしれませんが、そのようなニキビは何もしなくても改善する可能性が高いですし、
      重度のニキビであれば、ほぼ改善は見込めないでしょう。

      オロナインによるパックで、多少の保湿はでき、成分が浸透しやすくなりはするかもしれませんが、
      他に良いクリームや治療法はたくさんありますし、自分のニキビ治療にとってオロナインパックがベストという状況はあまりないと思います。

      たまさんのニキビがどの程度のものかは分かりませんが、このブログを見ているという事はそこそこ勃発している状態である事が伺えます。
      であれば、オロナインパックに時間を割くのは勿体ないと私は思います。致命的な害があるとも思いませんが、わざわざ使う必要もないのではないかと。

      もしニキビを改善したいのであれば、根本的な原因を解消する必要があります。多くの場合、根本的な原因とは「食生活」と「ストレス」にあると考えています。
      聞き飽きている言葉かもしれませんが、私は色々と悩み、調べ、最終的にこの基本的な所に戻ってきました。基本的な事ですが、自分含め、案外できていない人も多いと感じます。
      本当にニキビを改善したいのであれば、クリームなどの対症療法と合わせて、食生活改善なども行っていくのがベストだと考えています。

この記事へのコメントはこちら

同じ悩みを持つ人への情報共有の為に、内容は記事に引用させてもらう事があります。問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンから、相談・体験談・ちょっとした疑問など何でも送って下さい。

CAPTCHA