水分不足が皮脂・ニキビを引き起こしている

皮脂はニキビの直接的な原因になるが、適量の水を摂れば皮脂量を安定させる事が可能だ俺自身も、こまめに水分を摂るようにしていた時は、全くニキビができなかった。

ニキビや皮脂量に悩む多くの人は、カロリーばかり摂り過ぎて、水分摂取量が少なくなっている可能性がある。最低でも1日2リットル、コップ8杯分くらいは飲んでいるだろうか?

水分量

水を飲んで皮脂を抑えられる理由

水がカロリーを分解する

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/03/19(水) 10:36:17.76 ID:WCHzXCyI0
ニキビはカロリーをギリギリに抑えて水で解毒すれば絶対に出来ないと結果が出ているはず。
200カロリーにつき1リットルの水分だったはず。
ニキビ治療に金かけるなんてもったいないぜ。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/03/19(水) 10:39:48.79 ID:WCHzXCyI0
>>49
ビタミンCをほどよく混ぜるのがポイントらしい。
200カロリーにつき800ミリリットルの水と200ミリリットルの柿茶
がベストね。
解毒されると皮脂分泌は急激に抑えられて出来なくなるというわけだ。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/03/19(水) 10:43:28.31 ID:WCHzXCyI0
肌荒れの多くはカロリーに対して水が不足しているのが原因で
水こそが特効薬っていうのがモットー。
カロリーを減らし水を多めに取れば自然と肌は綺麗になるのね。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/03/19(水) 10:48:06.76 ID:WCHzXCyI0

正しい水の飲み方とは
2時間おきに水を飲み1日に計8回水を飲みます。
そして1日に6回トイレに行きます。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/03/19(水) 10:54:10.55 ID:WCHzXCyI0
ニキビ回復のためには
皮脂を過剰に分泌させないことです。
カロリーをすべて水で解毒すると800分の1になり肌の乾燥を防ぐと2000分の1になります。これで治らない人はほとんどいないでしょう。

出典:顔の作りはマトモなのにニキビが酷くて顔が・・・

このレスの言い分は、食べ物のカロリーを相殺する分の水分摂取が重要だという事だが、これは確かに一理あると思う。カロリーが増えればその分、塩分濃度や血糖値も上がり、血液はザラザラになっていく筈だ。水をとれれば、それ等を緩和できると思われる。

皮脂の大敵である「間食」を防ぐための水の有効性

基本的に食べ物を食べれば血糖値が上がり、それに伴い皮脂の分泌は増えると実感している。

血糖値を下げるために膵臓からインスリンが分泌されるが、インスリンは皮脂腺に影響を与える為、多量に分泌されれば皮脂分泌を促し、ニキビを悪化させる恐れがある。その点でも、お菓子の間食や糖質を多く含む食品を摂る事は、皮脂の大敵だと言える。

また、皮脂分泌において更に厄介なのは間食だろう。というのも、間食をすると、食べものの消化のサイクルがリセットされ、また1から消化しなおす事になると言われている。

消化サイクルの例

 

消化のサイクルをペットボトルの水に例えると、上から炭水化物・タンパク質・脂質の順番で消化されていく。大体1時間単位で消化されていくから、全部を消化するには3時間程度かかるという事になる。

そして、これらを消化しきっていない内に、カロリーのある物を摂取してしまうと、今までの消化がリセットされ、また炭水化物から消化しなおしになってしまうのだ。

syoukacycle2

 

せっかく2時間かけてタンパク質まで消化しきったが、その時に間食をしてしまうと、昼食の部分の脂質の代謝を後回しにし、間食の方を消化しはじめてしまう。つまり、昼食の分の脂質だけが消化されずに残る事になる。これにより脂肪・皮脂が増えやすくなると言われている。

syoukacycle3

お菓子やアイスを食べる等の間食が多い人が、太っていたりニキビが多かったりするのはこれが原因の1つだと考えられる。勿論、他にもお菓子を食べて急激に血糖値が上がったり、砂糖によりホルモンバランスが乱されるというのも不健康を促進する原因として挙げられる。

これを防ぐために、食後3~4時間は間食しないようにする事が重要だと考える。できれば1日1~2食にし、胃腸を休ませるのがベストだが、脂質の消化を促進して皮脂分泌を減らすという点では、間食まで3時間以上空けるのが必須だと考えていいと思う。

俺は、夕飯は就寝の4時間前までに済ませる。大体就寝は24時頃だから、20時頃には夕飯を食べ終えるようにし、寝ている最中は内臓を休ませる事ができるようにしている。

就寝前に間食すれば、胃腸を休ませる事もできないし、血糖値が上がり睡眠の質も悪くなる。良質で深い眠りが、皮膚を修復する成長ホルモンを分泌させる事が分かっているから、眠りの質は非常に重要だと考える。

ただ、今までバクバクお菓子を食べてきたのに、いきなり間食を制限するのはキツイという人もいるだろう。そういう人は、水を摂り、空腹感を紛らわせるのが良い。

前述したように水にはカロリーがない為、ニキビを悪化させる要因にはならない。(勿論、清涼飲料水などは禁止だ)それでいて、手軽に食欲を弱める事ができる為、ダイエットにおいてもニキビ治療においても水はとても有効なアイテムだと言えるだろう。

水、お茶なら構わないが、清涼飲料水(コーラ、サイダー等)や牛乳などの味やカロリーのある飲み物では成り立たない。あくまで「水」又はそれに近い物のみだ。ただの炭酸水ならOKだろう。

思春期のニキビが水摂取で改善した

この水を飲むだけでニキビを減らす方法を、息子さんに実践した方のブログを引用させてもらう。ちなみに、この方は生活習慣の重要性について説明した「5年間分析して、ニキビができない方法が見えた」を参考にしてくれた様だ。

この方法で2ヵ月様子をみてみたところ、まず赤みのあるニキビが減りました。

正確に言うと、
減ったのではなく、次の新しいニキビができなくなった

のだと思います。

もともとあったニキビが完全に噴火し終わって、自然治癒。
ニキビ跡としてまだくすんだ色ではありますが、そこは何度もターンオーバーを繰り返して肌が生まれ変わればきれいになっていくと思われます。

出典:皮膚科でも治らない高校生のニキビが、生活習慣を見直したら改善したという話

上述の出典内では実際の改善具合の画像も掲載されている為、気になる人は一度見てみるといい。実際は水を飲むだけではなく、生活習慣の改善も意欲的に行ったからこその結果だろうだとは思うが、水分を適切に摂る事がその事への気づきの第一歩になる可能性があるから、とりあえず初めてみるべきだ。

水を飲めばお菓子を食べていいって訳ではない

勘違いしてしまう人もいるかもしれないが、「カロリーを水分で相殺できればいいんだから、お菓子を好きなだけ食べても、それ以上に水分を摂ればいいだろう」と考えてるのであればその考えは改めるべきだ。それを続けていると、水分を過剰に摂りすぎる事になり、腎臓機能が弱まり、体の各所にダメージを及ぼす事になる。

また、お菓子を食べれば急激に血糖値が高まり、血管を傷つけ、老化を促進させてしまう。体の老化=血管の老化とマウスでの研究結果が出ており、血管を健康に保つ事が体を健康に保つ事に繋がるのだ。そして、体の健康を保つ事がキレイな肌に繋がる。すべては繋がっているのだ。

耳の痛い話だが、今ニキビが治らないのは、食習慣が圧倒的に不健康だからと言っても過言ではない。現在俺は新規ニキビは発生しないが、新規ニキビが発生し続けているのであれば、十中八九食習慣に何か問題があるだろう。

適切な量の水を飲み、体にちゃんと水分を補給してあげる。尚且つ、健康的な食生活を心がけ、不要なカロリーで体にダメージを与えない事が重要だと考える。

いまいち食生活の重要性を理解できていないのであれば、それはアナタの知識量が乏しいからに他ならない。俺も以前はそうだったが、様々な情報に接している内に、自分はニキビについて、肌について、身体について何も知らなかったという事を知った。その後は、食生活の重要性を死ぬほど理解するハメになった。

あなたも「食生活じゃニキビは治らないよ」と勘違いしているのであれば、一度このブログの食事カテゴリの記事だけでも読んでみる事をおすすめする。それをきっかけに食生活の重要性を知ってもらえれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket