ニキビに悩んでいる時はステマサイトばかりで迷惑したため、試行錯誤の末に重症ニキビを改善した私が、その情報を包み隠さず発信しているブログ。

重症ニキビの治し方専門ブログ

マインド面からのニキビケア

「ニキビ一緒に治そうProject」を最大限活用するには

更新日:

ニキビ一緒に治そうProjectなるものが発足され、そのWeb動画が公開されています。

この内容を簡単に言えば、「ニキビができたら皮膚科へ行こう」というもので、以前も誰かがCMでこんなようなことを言っていたと思います。

ニキビ一緒に治そうProjectのオフィシャルサイトは、maruhoという皮膚科系の製薬会社が運営しているものですが、誘導先はQLifeという医療情報サイトが運営する病院検索サイトでした。

ニキビや皮膚の知識が少ない若い人が、一人でニキビに悩んで悪化しないように、皮膚科を受信すれば力になるよというプロジェクトなのかもしれません。

確かに若い人は、

  • 「とりあえず化粧水つけとけば治る」
  • 「ニキビに効くっていうクリームをつけとけばいいか」
  • 「石鹸が合わないのかな?違う石鹸にしてみよう」

と安易に考え、それが逆にニキビを悪化させたり、時間だけを浪費することで凸凹にまで発展させてしまっている事も少なくないと思います。

そういう意味では、「早期から医者のアドバイスを受けてニキビを治していこう」というこのプロジェクトは意義あるものかもしれません。

ただ、誰にでも同じようにディフェリンやビタミン剤を処方するだけ、とりあえず抗生物質を与えておくというような計画性がなく画一的な治療を行う所もあるのが現状です。

ニキビ一緒に治そうProjectの誘導先で検索できる皮膚科が、そのような治療とは無縁で、患者としっかり向き合って治療をする所をピックアップしたものであればいいですが、そういうわけではなく、単純に地域の皮膚科を検索できるだけの様です。

ニキビは友達や親に相談しても大した回答を得られるとは思えませんし、現状、皮膚科医に相談するのが一番かもしれません。

ただ、皮膚科医のいうことだからといって何でもかんでも鵜呑みにしてしまうのは良くないです。そういう態度で皮膚科に通うことで逆に肌を悪化させていった人を多く知っています。

相手に依存し言う通りにしたからといって、全てが良い方向に進むわけではありません。自分の肌のコントロール権は誰にも譲渡できないのです。

確かにニキビが長年治らない人は、自分ではどうしようもできないと自尊心を喪失しやすくなります。学習性無力感といって、長期間ストレスにさらされた人は、その状況から逃れようとする努力を行わなくなるという現象が確認されていますが、ニキビに悩んでいる人はこれに当てはまると思います。

日々色々なニキビ治療をしているけどどれも全て効果がなく人生が変えられない。自分は人生をコントロールできないんだ。と思うようになり、自分を良い方向に導いてくれそうなモノや人に依存する傾向にあると考えています。

確かにそういう人やモノにサポートしてもらう事は、現状を変える上で重要です。

ただ、あくまで自分を変えられるのは自分だけです。行動するのも思考するのも自分であって、その人があなたをコントロールしてくれるわけではありません。

私達は、自分や自分の人生のコントロール権をしっかり握っているという「認識」を持つ必要があります。

何をするにも自己責任です。

だからこそ、皮膚科医だからといって安易に全てを許容し、依存してはいけません。それがあなたにデメリットになる可能性もあります。

医師は飽くまでサポーターであって、あなたのニキビを治してくれるわけではありません。ニキビを治すのはあなた自身です。

そのために、医師に依存し、言う通りに治療するのではなく、医師と協力、相談して治療していく事が大事ではないかと思います。

-マインド面からのニキビケア
-,

Copyright© 重症ニキビの治し方専門ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.