「赤ニキビ」を隠す薬で酷い赤みも真っ白にできる。

顔を隠す男性

赤ニキビを隠す事に特化した最強のクリーム

恐らくこのクリームを使えばどんな赤ニキビの赤みだろうと隠す事ができるだろう。

赤ニキビを「治す」という点では効果はないが、赤ニキビを隠す事に関してはこのクリームが最強だと俺は思う。俺の肌の赤みを消す事ができるんだから、赤ニキビの軽い赤みは当然抑えられるだろう。

赤ニキビではないが、実際に俺がそのクリームを使った画像がこれだ。一目瞭然で赤みが消えている。

脂性肌アフター 赤みを隠した肌

赤く目立つニキビっぽい奴は、かさぶただから仕方ないが、左側(Before)で見られる赤みは、クリームを塗ったあとの右側(After)では、ほぼ完全に消えていると思う。撮った場所も違うから色合いが若干違うけど、赤みが隠せていることは十分に理解できる。

赤ニキビを隠す薬「ミルバソゲル」

俺が愛用しているこのクリームの名前は「ミルバソゲル」という、ステロイドでもなんでもないただの薬だ。

ミルバソゲル

つまり、安全性も高く、コンシーラーなどよりも赤ニキビを隠す力は強い。流石に近くで見ればニキビ特有のぷっくらが分かってしまうかもしれないが、赤みを完全に消している為、よく見なければ全く普通の肌だ。

【関連記事】

>>ミルバソゲルを顔の赤みに使ってみた感想【検証・レビュー】

>>トレチノインの赤みがいつまでも消えない時の最強クリーム

>>トレチノインの強烈な炎症をも抑える薬を2つ紹介する。

ただ、唯一の副作用として、赤ニキビを隠せる時間が約8時間とされている。そして約8時間が経過すると、赤みはぶり返し、一時的に以前よりも赤くなる。だから8時間たった後の数時間はいつもより赤く見えてしまう。

8時間ごとに塗りなおせば効果は持続できるが、1日に何度も塗ってはいけないとかどこかで言われてたような気もする。

俺の場合は24時間近く効く時もあったし、人によって効果の時間はそれぞれだから、自分の場合はどれくらいの間、赤ニキビを隠すことができるのかを把握しておくといい。

酷い赤ニキビは隠すのではなく早めに治しておくのが良いよ

赤ニキビを隠すのは飽くまで対症療法にしかならない。本当は赤ニキビ自体を治してしまうのが良い。

そんな簡単に赤ニキビを治せれば治してるよ!と思うだろうが、ディフェリンやトレチノイン、又はプロリンなどを使ってみたことはあるか?

>>重症ニキビへのディフェリンの効果を評価・レビューする。

>>トレチノインの効果を評価・レビューする

>>短期間で「超がつくほどの脂性肌」を改善するサプリ

これらの薬・サプリの効果は折り紙付きだと思っている。俺もこれらの薬やサプリにはお世話になったから、これらを使ったことがなくて、赤ニキビに悩んでいるなら、一度使ってみる事をおすすめする。

ただ、本当は自分のニキビの原因を追究して、それを解消するのが一番良い。これらの薬・サプリを使うのと同時に、自分の何がいけないのか?何がニキビを発生させる原因になっているのか?を今一度見直して、その原因を解消していくのが望ましいぞ。