重症ニキビの治し方専門ブログ

主に重症ニキビの治し方の考察や、トレチノイン治療についてなど、重症ニキビに悩んでいる人の希望となるような情報を発信している。

ニキビ・ニキビ跡ケア

ニキビに抗生物質を使うべきでない。再発時のリスク激増する。

投稿日:2016年4月10日 更新日:

抗生物質の重症ニキビへの使用

そもそもニキビは抗生物質を使うほどの疾患ではない

抗生物質は根本的なニキビ治療にはなり得ず、何の計画もなく処方されるだけだとニキビを今まで以上に悪化させるリスクが激増するだろう。

確かに抗生物質は有効な薬だ。しかし、直接的に生命に危険を及ぼさないニキビの治療で使うのはどうなのか?と俺は考えている。

多くのニキビ患者が、とりあえずの抗生物質を処方されたせいで、無駄にニキビを悪化・増加させ、抗生物質を使う前よりも酷い肌になったという話はよく聞く所だ。

今は「抗生物質で一時的にでも治るなら嬉しい!」と思うかもしれないが、その後にニキビ地獄に悩まされるのは自分自身だ。

自分や医師の知見だけで、「抗生物質を使わないと自分のニキビは治らない」と思いこまない方がいい。世の中には日の目を見ない様々な画期的な治療法がある。

安易に抗生物質を使うと、ニキビを治すのをより難しくさせてしまいかねなくなり、その後に行う治療が、より難航する事になるかもしれない。

抗生物質を使ったニキビ治療の本質

皮膚科では「とりあえず」抗生物質が処方される

まず、抗生物質は基本的に皮膚科で処方されていると思う。だが、皮膚科のニキビ治療の質自体が低い為、抗生物質一辺倒、ディフェリン一辺倒な治療になりがちだ。ニキビの原因は人それぞれ違うにも拘わらず、画一的な治療がされているパターンが多いのが現状ではないか?

勿論、ニキビに精通した専門クリニックやニキビ治療で有名な皮膚科などであれば、患者の話を聞いて適切なアプローチをし、使うべくして抗生物質が使われることもあるだろう。

だが、多くの皮膚科は「とりあえず抗生物質処方する」「とりあえずディフェリンを処方する」などの当たり障りない治療をする為、本来使うべきではないレベルのニキビにも抗生物質を使い、リスクを高めてしまったり、知識不足なのか怠慢なのかは分からないが、長期間抗生物質を処方して免疫力を低下させてしまっているケースが目立つ。

無計画な抗生物質の使用は「害」でしかない

知恵袋

今日皮膚科に行きました。前回皮膚科で処方してもらったベピオゲルが凄く効いたので、ペビオゲルだけ処方してもらいたかったのですが、ほぼ強制的に飲み薬の抗生物質も一緒に処方されました。
先生が言うには、「ニキビ治療は塗り薬だけじゃ意味ない。抗生物質を長期的に飲んで、ニキビが出来にくい体質にするしかない」と言っていました。
僕の認識では、抗生物質は最初は効くが長期的に飲んだら耐性菌がついて効かなくなるし、飲むのを止めたら再発する。体質自体は変わることはない。と思っていました。
この医者の言っていることは正論なのですか?

出典:ニキビの抗生物質について質問です。|Yahoo!知恵袋

―抗生物質は最初は効くが長期的に飲んだら耐性菌がついて効かなくなるし、飲むのを止めたら再発する。体質自体は変わることはない。と思っていました。

質問者の言う通り、抗生物質は長期的に飲めば「耐性菌」つまり免疫のようなものができてしまい、その内効果が弱くなってくる。トレチノインもミルバソゲルも優秀な薬だが、長期的に使えば免疫がついてしまうのと同じだ。

だから抗生物質でニキビが治ったとしても、それは一時的なものでしかなく、抗生物質に対して免疫ができたり、抗生物質をきらしてしまえばニキビはすぐに再発するだろう。つまり、医師側が計画的な治療をしていないことになる。

知恵袋

(中略)

以前抗生物質を飲み、辞めたら肌が痒く腫れニキビが悪化しました。その旨を先生に伝えましたが、抗生物質を処方されました。それを飲んだ私も馬鹿ですが、案の定悪化し今最悪な肌状態です。

その後、診察の際先生に、抗生物質が切れたらニキビ悪化しましたと伝えると抗生物質出しとくね〜と言われました。またこの繰り返しになることは私には目に見えて分かるのに、なぜ処方されるのか

同時に病院でレーザー治療もしていますが、なんだか腹が立って、先生は私の肌を悪化させてレーザー治療を長引かせ金を取ろうとしているんじゃないかと思えてきます。なぜ負のループに入り込んでしまう抗生物質ばかり処方されるのでしょうか?

出典:Yahoo!知恵袋

こうして画一的な治療が行われることで、ニキビの改善のチャンスを失くすとともに症状を重症化させてしまっている。皮膚科で抗生物質を処方された人は少なからず疑念を抱いているのではないだろうか?

医師次第で完治にも悪化にも転ぶ

抗生物質だけで重症ニキビを治そうという治療の姿勢もおかしいし、ただ抗生物質を処方するだけの処置なんて改善するどころか悪化するだけだ。

結局、一部の献身的な医師やニキビ治療に精通している医師以外は、特別な知識も熱意もないから、適切なアドバイスをしようとは思わないかもしれない。その怠慢により軽度のニキビを重度に、重度のニキビを更に重度にしてしまい、ニキビ治療において抗生物質が意味を成さなくなっているのだろう。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 14:31:11 ID:2zmy9a40

ほんのちょっと出来たニキビを治そうと思って、皮膚科に行って
抗生物質を処方されて、気にせず飲んでて
その後、飲むのやめたら、リバウンドでドバーっとニキビが噴出して
あんなにきれいだった肌がボコボコになった
抗生物質を飲まなかったら、こんなにボコボコにならなかったのかと
激しく後悔している

おまいら、抗生物質だけは飲むなよ
おれの苦い経験から学んでくれ

ついでに言うと、ニキビ用化粧品なんて効かなかったぞ
色々試したけど、逆効果だった

抗生物質が腸内細菌を死滅させる

抗生物質やピル、食品添加物を摂っていると、腸内細菌を死滅させ、腸内環境を悪化させる。

腸には免疫系の70~80%が集中しており、腸内環境が悪化すると、その、70~80%の免疫力を失いかねない。また、腸は間接的に皮膚とも相関しており、腸内の乱れは肌の乱れに繋がり、ニキビをより発生させやすくしてしまう。

抗生物質は命を救う画期的な薬だが、本来は緊急のときに用いられるべきものであり、ニキビなどの命に関わらない病気でポンポン処方されるべきものではないと思う

俺は、腸内環境を整えることで、もう改善しないと思っていたニキビ跡をみるみる改善させている。だから腸内環境・腸内細菌の重要性をよく知っている。その腸内細菌を減らしてしまう抗生物質をわざわざ使わなければいけないほどニキビというのは危険で緊急を要する病気なのだろうか?

抗生物質を使った治療ではなく、もっと根本的なところから治療を行うべきだと俺は考えている。

重症ニキビの場合、他の薬との併用が重要なのではないか?

抗生物質はその場しのぎにしかならない

ニキビ跡にもなっているニキビや何をしても治まらないニキビなど、重症ニキビに対しては抗生物質の力のみで改善させるのは難しいのではないだろうか。

ニキビ跡1

ニキビが酷くなってしまう様な肌環境で抗生物質を使っても、ただ今のニキビを一時的に封じ込めるだけの対処療法に過ぎず、抗生物質を止めればすぐにニキビはぶり返してしまう。それでは治療とは言えない。

また、そうして抗生物質を飲み続け、その場しのぎを長期間続けていると、ニキビに関係する悪い菌だけでなく良い菌も破壊され、腸内環境の悪化・免疫力の低下により逆にニキビが悪化する可能性が高い。

重症ニキビに有効な薬を併用する

重症ニキビの治療に抗生物質を使うのなら、ディフェリンやトレチノインなどの重症ニキビを改善させるポテンシャルがある薬を併用し、抗生物質は飽くまでサポートにするべきだと思う。

俺が重症ニキビに有効だと考えているトレチノイン治療でも、医師との相談の上に抗生物質を使うことはあるらしい。とは言え、トレチノイン治療はわざわざ抗生物質を使う必要もない位のポテンシャルがあるから、敢えて抗生物質を使う必要もないとは思うが。

ちかさんのトレチノイン治療でのニキビ跡の治療実績
【関連記事】トレチノインでニキビ跡を治療した6週間の体験談

トレチノイン治療の患者
出典:Pillsincart

重症ニキビの場合は、抗生物質だけ飲んでいても「根本的な原因」に対してアプローチできておらず、治る可能性は低い。抗生物質は飽くまでサポート、これ以上悪化させない為に一時的に使い、その間にトレチノインなどで本質的な原因を解決しよう!という時に使われるべきだろう。抗生物質だけに頼った治療では治る物も治らない。

重症ニキビ患者は、抗生物質だけに頼らない方がいい

抗生物質は徐々に少なくしていこう

無計画な抗生物質治療をしていたことに気付いても、その日からスパッと全て断つのはお勧めできない。それをすれば、今まで抗生物質だよりになっていた体が一気に無防備になり、悪影響が出るのは必然だろう。

まず、医師に抗生物質をやめたいを旨を伝えるか、抗生物質を有効に使った治療に切り替えたいとお願いしてみよう。そこで面倒くさそうに渋るようなら、他の病院にいった方が良い。

表面的な改善ではなく、本当の意味で改善する

「皮膚科で処方されたから」とか「服用している間はニキビできないから」とか、受け身な姿勢でいると適当な医師の適当な治療で楽しい人生・お金・時間を無駄にしてしまいかねない

そんな失敗をしない為には、何に対しても疑問を抱き、否定的になる事も大事だろう。今、抗生物質に依存してしまっている人は疑問を抱きはじめ、「このままじゃダメだ」と頭では分かっていると思う。

今までは抗生物質しか拠り所がなかったかもしれないが、この記事を読んでトレチノインなどを知ったからには、憂鬱な依存から抜け出して新しい治療を始め、本当の意味でニキビをなくす事ができるハズだ。

重症ニキビの特効薬:トレチノインとアキュテイン

ちなみに、このサイトではトレチノイン治療を推奨しているが、トレチノインと抗生物質の併用は原則医師との相談の上でするべきだと言われているから、今抗生物質を服用している人は皮膚科ではなくトレチノイン治療を扱っている美容皮膚科に相談するか、抗生物質が抜けるまで数か月待つのがいいだろう。

また、抗生物質でも治らなかった重症ニキビに対しては、アキュテイン(イソトレチノイン)が次の治療薬に選ばれるケースも多い。改善率・再発率共に優秀な薬で、トレチノインと並び、重症ニキビの特効薬的な存在だ。

どちらも使用に関しての注意事項があるから、よく読んでから実行すべきだ。トレチノインは個人で行うこともできるが、アキュテインはクリニックの指導の元行った方がいい。(抗生物質とアキュテインの併用は禁じられている)

抗生物質による重症ニキビの負の連鎖に悩んでいる人は、気持ちを一新して新たな治療に取り組んでみる事を推奨する。

-ニキビ・ニキビ跡ケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ニキビ治療と怪しいサイト

ニキビ治療と怪しいサイトの関係

ニキビ治療について検索していると、「30日で美肌に♪」みたいな怪しいサイトが出てくると思います。 それ等は十中八九、ステマ業者です。 中にはニキビの有益な情報を提供しているサイトもありますが、多くは利 …

炎

トレチノインの炎症に悩んだ俺が薦める「ひどい炎症」を抑える薬

ひどい炎症を抑える薬を、2つ紹介する。 俺が今まで使ってきた中で、トレチノインによるひどい炎症を抑える効果をまじまじと実感できたのは2つだけだ。 どちらもステロイドなどの危険性の高い薬ではなく、比較的 …

重症ニキビと化粧品

重症ニキビには、化粧品は全くの無意味だ。

化粧品は「今より少し綺麗に」程度の力しかなく、重症ニキビは治せない 見当違いなんだ。ニキビに悩んでいる人は、必死で色々なニキビ用化粧品を探しているだろうが、早く治したいのならそれは見当違いなんだ。(化 …

サウナ

サウナはニキビ肌の敵か?味方か?

ニキビが酷かった時は狂ったようにサウナに行った俺の考察 俺がまだニキビ全盛期の頃、俺は近くの銭湯に狂ったように入り浸り、サウナや炭酸風呂の主をしていた。 サウナで汗をかけばニキビが良くなると思っていた …

洗顔石鹸

洗顔で表皮を削り過ぎると、ニキビは悪化し治り辛くなるだろう

ニキビが治らない人ほど、必死に洗顔を頑張っている様に思います。以前は私もそうでしたが、ある時「洗顔はむしろ肌に悪いんじゃないか?」と思い立ち、それからスッパリ洗顔をやめました。 今まで洗顔石鹸で泡をつ …