重症ニキビには、化粧品は全くの無意味だ。

重症ニキビと化粧品

化粧品は「今より少し綺麗に」程度の力しかなく、重症ニキビは治せない

見当違いなんだ。ニキビに悩んでいる人は、必死で色々なニキビ用化粧品を探しているだろうが、早く治したいのならそれは見当違いなんだ。(化粧水、美容液、ニキビ用クリームなども化粧品に含まれる)

だってそうだろう?

ポッコリとしたニキビが1つできた位の超軽度のニキビなら、化粧品を使っていればそのうち治るだろう。まぁ使わなくてもその内治るが。

だが、重度のニキビは皮膚科に行っても「これは治らないね」「薬を飲んで様子を見ましょう」と言われるくらい手に余るレベルのモノだ。その厄介な重症ニキビが、市販の適当な大衆向けの治療薬で治るわけがない、それだけは断言できる。

中にはネットなどで、「この化粧水でみるみるニキビが治りました☆」みたいな文章を見かけるが、ああいうのは大体誇張しているだろう。現に俺もそんな魅力的な化粧水を使ってきたが、まるで効果は感じなかった。本当に無駄な時間とお金を使ってしまった。

そもそも化粧品は病気を治すものではない

化粧品は、綺麗さを保ちたい女性が心の安定のために使っているようなレベルのもので、その実効果などほとんどありはしない。まさに化粧と同じで、化粧水なども表面を取り繕っているだけだと言える。

だがニキビは表面的な問題では決してない。体の様々な問題が重なりあい、その体の不調を知らせるサインとして顔に現れているから、身体の内部の大きな問題なんだ。

そんなニキビの中でも、重症なニキビは肌の奥深くまで根付いている危険なニキビだ。その重症ニキビを、表面的な効果しか期待できない「化粧品」で治すのはまず無理だろう。時間の無駄だ。

化粧品がニキビ効果的だったとしても、使われている成分のパワーが弱すぎて完治させるのに時間がかかりすぎる。その間にも重症ニキビは更に悪化して、クレーターなどを引き起こしてしまうだろう。だからこそニキビを治すのには、早く治せるパワーが必要だ。パワーの弱い化粧品は重症ニキビ治療には適切ではない。

重症ニキビの患者を悩ませる粗悪な商品と広告

化粧品で重症ニキビを治すのは、時間と金の無駄

重症ニキビのあなたは、そのニキビを治すために必死に情報収集するだろう。そしてネットの海で色々なニキビ用化粧品や情報商材に出会う。どれも魅力的なキャッチコピー・内容をしていて、「これなら重症ニキビも治りそう!!」と期待を持たせてくれる。希望が湧く瞬間だ。

だがそれ等の魅力的な商品は、往々にして広告のように重症ニキビを改善してくれることはないと思っていい。

治せる見込みのない化粧品を疑心暗鬼になりながら使い続けることで、時間だけが無駄に過ぎていき、重症ニキビが更に悪化してしまう。お金を無駄にするだけならまだしも、重症ニキビ患者にとっても最も重要な「時間」さえも奪われていく。

魅力的すぎるキャッチコピーは、重症ニキビ患者に向けられていない

ネットでニキビ用化粧品を探していて、いいと思った商品があったとしても、その広告の内容を過信してはいけない。

商品を作る側も目的の相手を設定し、その対象が魅力的だと思うように広告を作っている。だが、重症ニキビのあなたが魅力的だと思ったのは、「すぐ治せる」とかそういう甘い言葉に対してではないか?

広告では、「重症ニキビを治せる!」と言っていない筈だ。

早く重症ニキビを治したいあまりに、自分の中でその化粧品の価値を高めすぎてしまうことがニキビに悩み始めた頃はよくある。だが、そういう不純物は取り除いて、その化粧品が本当に自分の重症ニキビに価値があるのかを考えるべきだ。

そのように考えたとしても、自分にニキビの知識が十分に備わっていないと適切な考えをすることができない。そうすると広告の魅力にのみこまれ無駄なものを買ってしまうハメになる。そうやって苦い思いをして成長していく物だが、重症ニキビ患者はその時間さえも惜しいほど早く治したいから、そんな粗悪なものを買っている暇はない。

企業はビジネスの為に化粧品を作っている、それらをふまえて購入すべき

この化粧品は何のためにあるのか?買う前にこのように考えてみよう。

医薬品レベルのパワーがあるわけでもない、重症ニキビを本質的に改善できる作用があるわけでもない、ただ保湿成分、ヒアルロン酸など陳腐で他の商品にもある成分が入っているだけ・・・

本当にニキビを治したいと思ってその商品を作ったのだとしたら、もっと効果的で知る人ぞ知るような成分を使ったり、肌の奥底まで浸透するようなナノレベルの浸透力の技術があったりする筈だ。

だが、ほとんどの化粧品にはそんなものはない、それ等を持っている化粧品がごくごく一部の「ニキビに効果的な化粧品」だ。その他の化粧品は有象無象、ただのビジネスのためにある粗悪な化粧品だと言える。

ネット上で評判の化粧品だってその程度だ。大した効果もないのに大げさなキャッチコピーで重症ニキビ患者の心を煽り購入させる、こちら側からしたら不愉快な話だ。だが、これに引っかかってしまう俺たちも悪い。だから俺たちは、「この化粧品の意味はなんなのか?」と考える事で、その化粧品に価値があるか否かを知らなければいけないのだ。

ブログで実際の体験者のようにふるまっている広告にも注意

中には本当に美容に興味があり化粧品を紹介しているだけの人もいるが、今の時代は大方がビジネスのために、ニキビに悩んでいるわけでもない人がニキビ用化粧品をブログで紹介したりしている事もある。酷い人は買ってすらいないだろう。

パソコンやスマホがここまで普及したからこそ、このように多くの人が業者の様にネット上でクソみたいな薄っぺらい情報を大量生産している。そのせいで本当に価値のある情報が埋もれやすくなり、届くべき人に届かなくなっているのだ。

俺が運営するこのブログでは、本当に重症ニキビに悩んだからこそ伝えられる事を伝えるようにしている。だが、全てのブログ、サイトがそうではない、むしろ価値の薄いサイト・ブログの方が多いという事を知っておくべきだ。そうすることで、粗悪なものを買って時間とお金を無駄にするリスクを低くするのだ。

ただ中には本当に良いサイト・ブログもあるから、そういう所は小まめにチェックして参考にするべきだ!以下に信頼できるサイト・ブログを載せておく。

重症ニキビを治すなら「医薬品」を使うべきだ

さて、ここまでで言ってきたように、重症ニキビを治すのに化粧品は適さない。本当に重症ニキビに悩んでいる人は「医薬品」を使うべきだ。化粧品では治らないような重症ニキビも、医薬品のポテンシャルなら十分に改善が可能だろう。

医薬品(いやくひん)とは、ヒトや動物の疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品。 使用形態としては、飲むもの(内服薬)、塗るもの(外用薬)、注射するもの(注射剤)などがある(剤形を参照)。 日本では法的に、医療用医薬品と、薬局・薬店で誰でも購入できる一般用医薬品とに大別される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/医薬品

化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/化粧品

疾病の診断・治療・予防を行うために与える薬品体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的のもの。どちらが強力なのかは言うまでもない。

ではなぜ多くの人が優れている筈の医薬品を使わないのか?それは恐らく「そんな大げさにしなくてもその内治る」「ニキビで医薬品を使うなんてダサい」「安く治したい」と心の底で思ってしまっているからではないだろうか?

又は単純に知識不足で化粧品も医薬品も同じだと思っているのかもしれない。こういう事もあるから、やはり知識は大事だ。

という事で、以下にいくつかのニキビ用医薬品を挙げてみる。

 トレチノイン

肌の生まれ変わりを促進させて、ニキビを治す超強力な医薬品。このブログでも推奨している。俺も実際に使い、ニキビ跡を大幅に改善できた。

トレチノインでニキビ跡を治した経過

トレチノインを使った人に写真を送ってもらったが、ここまで重症ニキビが改善している。かなりのポテンシャルを感じさせる医薬品だと思わないか?

【関連記事】トレチノインでニキビ跡を治療した6週間のまとめ体験談

【関連記事】失敗しまくった俺に学ぶ正しいトレチノインの使い方

アキュテイン

俺は使ったことがないが、海外でのニキビ治療でかなりの実績がある薬。リスクが大きすぎるため、ちゃんとクリニックで検査しながら投与することをオススメする。

さきほど紹介した医師が本気で考えるニキビ治療|高円寺南クリニックニキビ専門外来の高円寺南クリニックでは、アキュテインをメインとした重症ニキビ治療を行っていて、アキュテインの第一人者だ。何より、院長自身が重症ニキビに悩まされているから親身になって考えてくれる。

このブログにアキュテインの事を教えてくれたのも、高円寺南クリニックの岩橋院長だ。興味がある人は行ってみるといい。

重症ニキビに悩んでいるなら、化粧品はもう使わなくていい

医薬品と化粧品では、効果に天と地ほどの差がある。重症ニキビを早く治すのなら、化粧品では物足りない、医薬品を使うべきだろう。

俺はアキュテインのことはよく分からないが、トレチノインのことなら自身も経験したし、色々失敗してきたから多少のアドバイスができる。だから上の写真を見てトレチノイン治療に興味を持ったりしたら、気軽に相談してくれ。

とりあえず、重症ニキビに悩んでいるなら、化粧品はスッパリ止めることを考えてみよう。