ニキビに悩んでいる時はステマサイトばかりで迷惑したため、試行錯誤の末に重症ニキビを改善した私が、その情報を包み隠さず発信しているブログ。

重症ニキビの治し方専門ブログ

ニキビケアの戦略コラム

化粧品に依存しないニキビ治療

更新日:

保湿化粧品のイメージ

ニキビを治すのに良い化粧品が必要だと思っている人は少なからずいると思います。

もちろん、良い化粧品がニキビに良い影響をあたえる事もあるでしょう。

しかし、基本的に化粧品に依存したニキビ治療をするべきではありません。

化粧品に依存するというのは、簡単に言えば、化粧品を使っている間はニキビが抑えられるが、ケアを欠かしたら悪化するような状態のことと考えています。

「化粧品でニキビが治るならそれでいいじゃん」と思うかもしれませんが、確かに根本的な問題が解消されるならそれでもいいでしょう。

例えば、旅行中などに肌が乾燥してニキビができた場合は、一時的なものなので体調の問題というより環境の問題が大きいと考えられます。

そのギャップを補うために化粧水で保湿するのは妥当だと思います。

まぁ、すぐに乾燥してしまうくらい皮膚のバリアが弱いという捉え方もできますが、その場合は脂質の摂り方を変えたり、体温を上げるなどして免疫力を高めるなどが対策として考えられるでしょう。

旅行中の出来事なので、化粧水での保湿という対症療法も問題視する必要はないと思います。(イヤなら前述のようなアプローチを考える必要がありますが)

このような一時的なニキビは軽度なので放っておいても勝手に治るでしょう。

しかし、このブログを真剣に見るような酷いニキビに悩んでいる人は、そういったケースではないと思います。

  • 慢性的にニキビができている
  • スキンケアが欠かせない
  • 精神的にもスキンケアしてないと不安

という人がほとんどでしょう。

そういった人のニキビが化粧品では決して治らないというわけではないですが、今の考え方を変えない限り、ニキビを治すのには遠回りになります。

では、何をどう変えていけばいいか?

今までの自分のニキビケアをやめて、自分のニキビの根本的な原因にアプローチするケアを編み出します。

そうして、自分のニキビを治すためのオリジナルな方法を実践することで、化粧品を使わなくてもニキビができないような、根本的な解決が望めます。

もちろん、今までも積極的にニキビの治し方を調べていたと思います。

しかし今までは、誰かが効果を実感した治療法を探し、それを実践していたんじゃないでしょうか。

それが悪いわけではありませんが、自分のニキビの原因にマッチしているかを考えずに、なんとなく良さそうという考えで始めるのは非効率的です。

一つの治療は、少なくとも1~3ヶ月くらいは続けてみないと効果がでるかは分からないことが多いです。

効果のない治療で時間をムダにしていると、どんどんニキビが悪化していき、クレーターになるリスクが高くなります。

なるべく早く治すためにも、自分のニキビの原因を見つけだし、それに合った治療をする必要があります。

たまたま誰かが書いている治療法が自分にマッチする可能性もありますし、いろいろな治療法や知識をインプットすることで視野が広がったり、自分にマッチした治療法を見つけやすくなります。

人の治療法をマネするな、というわけではなく、情報をそのまま受け取るのではなく、自分で考察して取り入れて下さい。

自分のニキビの原因を見つけるには相応の知識が必要になりますし、全然わからない!と落ち込むこともあるかもしれません。

ニキビを早く治したいと焦ることで、治しか方を見つけることにのめりこみすぎると、視野が狭くなって逆に創造性が発揮されなくなります。

ニキビのことを気にしすぎず、焦りすぎず、リラックスして、いくつかある目標のうちの1つと考えて実行していって下さい。

そうすることで精神的な負担が少なくなり、視野が広がるので、脳が創造性を発揮し、ニキビの原因や治し方が見えてくるはずです。

-ニキビケアの戦略コラム
-

Copyright© 重症ニキビの治し方専門ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.