ヒゲを抜いてできるニキビは超治りづらく、悪化するから注意しろ

ヒゲとニキビ

ヒゲを抜いてたら大量の赤ニキビが大量発生した

プロリンやトレチノインのおかげでニキビが発生しない肌になったのも束の間、フェイスラインのヒゲを抜いていたら、その数週間後くらいに赤く腫れたニキビがフェイスラインに大量発生した。俺は戦慄した。

他に考えられる原因はなかった。赤いニキビができている部分は、ヒゲを抜いた部分と一致するし、時期的にもヒゲを抜く癖がついてからのタイミングだ。

しかもその赤いニキビは、放っておいても悪化する一方で一向に改善する兆しがない。このまま更に悪化するとニキビ跡になりかねないと思い、薬を使い対処することにしたが、それが悪手だった。

なんとかしてヒゲニキビは治したが、それを忘れた頃に俺はもう一度同じ過ちを犯し、ヒゲを抜きまくってしまい、その結果再びヒゲニキビに悩まされる事になってしまった。

そして俺は確信した。

ヒゲを抜くとニキビができる!

ヒゲを抜いて炎症が起こり、ニキビが生まれる

もしかしたら毛嚢炎(マラセチア毛包炎)というのかもしれないが、ヒゲを抜くことでその部分に炎症が起こり、ニキビの原因と言われるアクネ菌などに負け、赤ニキビができやすくなってしまうのではないだろうか?

俺がヒゲを抜いてできたニキビは、普通に皮脂がたまってできた白いプックラとしたニキビではなく、赤く腫れたようなニキビだった。

ヒゲを抜くことで、炎症が起こり、そこに雑菌が入り、ニキビ(毛嚢炎)を発症してしまうのだろう。現にそれらのニキビはヒゲを抜いていない期間には全くできず、ヒゲを抜く癖があった期間だけ発生していた。

ヒゲを抜いた後にディフェリンで治療をしていた

俺はヒゲを抜いてできた赤いニキビに対し、リカバリーセラムなどを使っていたが、あまり効果がなかった為にディフェリンによる治療にシフトする事にした、だがそれが悪手だったのかもしれない。

ディフェリンは確かに腫れたニキビなどにも効果があるが、ディフェリンはターンオーバー(角化)を止めて、その間にニキビを治すという性質だ。俺のヒゲニキビには既に炎症が発生していたが、ディフェリンに炎症を止める作用はないから、角化が止まっただけで炎症は悪化してしまい、その結果、ヒゲニキビ(毛嚢炎)が酷くなってしまったのかもしれない。

恐らく、長期間ディフェリンだけを使い続けていれば、そのヒゲニキビも治っただろうが、俺はそんなに長期間使うつもりはなく、7日やそこらですぐにやめてしまった。これがディフェリンで失敗した原因だと思う。

やるならちゃんと徹底してやる、中途半端にやっただけではむしろ悪化してしまうという事を身をもって痛感した。

その後、ヒゲニキビはいつの間にか治った

ディフェリンによりヒゲニキビが悪化し、赤く腫れていたのはかなり痛々しく見た目も悪かった。だが俺の肌質自体はトレチノインやプロリンにより健康になっている事は確かな為、無駄な事はせずに自分のターンオーバー・免疫力を信じて待っていれば治るのではないか?と思い、ヒゲニキビを放置することにした。

俺のその治療法が功を奏したのか、何週間かたった後に気付いた時にヒゲニキビは治っていた

今回のヒゲニキビは、ヒゲを抜いて炎症がおこり、そこに雑菌が入ってしまった毛嚢炎のような感じだ。例えるなら蚊に刺されて皮膚が赤く腫れあがってしまったのと同じで外部の要因によるところが大きい。

俺の肌質自体に何らかのトラブルが発生して、それによりニキビができた訳ではない為、トレチノインやプロリンにより高められた免疫力・肌力に任せておいたから簡単に治ったのだろう。

ディフェリンを使ってむしろ悪化してしまったのは、ディフェリンの作用による角化の抑制で、ターンオーバーに乱れが生じてしまい、肌本来の免疫が作用できない状態になってしまい、しかもすぐにディフェリンの使用を中止してしまったのが原因だと思う。

もしヒゲを抜いてできたニキビに悩まされているのなら、

①肌質に問題はなく単発のニキビができてしまった場合

ヒゲを抜くのをやめてそのまま放っておけばその内治ると思う。

②脂性肌で慢性的にニキビができていて、ヒゲニキビもできてしまった場合

トレチノインプロリンで肌質自体を改善し、肌の免疫力を高めることで改善するだろう。まあ、トレチノインやプロリンを使っている途中に、それらの薬の効果で改善する可能性の方が高いとは思うけど。

再びヒゲを抜く癖が再発し、ニキビができた

一時期、ヒゲを抜くことに懲りてヒゲを抜く癖は完全に封印したにも関わらず、その癖が再発してしまった。その結果、当然のようにヒゲを抜いた部分に赤ニキビができてしまった。「やっちまった・・・」と思った。

ヒゲを抜いてできたニキビ

赤丸で囲んだ部分が、ヒゲを抜いて出来てしまったニキビだ。ご覧のとおり、赤く腫れてプックラとしていて、白ニキビのような皮脂の塊は見られない。これがヒゲを抜いてできたニキビ(毛嚢炎)と普通のニキビの違いだと思う。

今回ヒゲを抜いてニキビができてしまった時は、既にブログを開始していたから写真におさめておく事ができた。だからこれは割と最近の写真だ。今回は、ちょうどトレチノイン治療をやろうと思っていた所だったから、頬のトレチノイン治療のついでにヒゲニキビも治すことにした。

髭を抜いてできたニキビ

一応トレチノイン治療によりヒゲニキビはほぼ綺麗に改善できた。だが、寝ている時に、無意識の内に痒くてフェイスラインをガリガリとひっかき流血し、カサブタができてしまっている。このカサブタが消えれば綺麗になっているだろう。

ちなみに、未だに肌がかゆいのか、他に原因があるのか無意識にひっかいてしまう為、カサブタがここの所ずっとできている。傷がある⇒かゆくて引っ掻く⇒カサブタができる⇒傷ができる⇒かゆくて引っ掻く⇒カサブタができる・・・と無限ループに入ってしまっていてマズい。

幸い、傷をえぐるというよりはカサブタだけをえぐっている様だから色素沈着の可能性は薄いが、それでも心配だ。この負の連鎖を止めるべく色々と画策しているが、無意識の俺がめちゃくちゃ引っ掻くため上手くいかないという事が続いている。

とりあえずこのヒゲニキビ自体はすぐに治った。ディフェリンとは反対に、トレチノインはターンオーバーを促進する薬だから、自分の免疫力・新陳代謝で治すのをサポートしてくれている様なものだから前回とは違い上手くいったと思う。

とりあえず、あなたもヒゲを抜くのは絶対にやめた方がいい。そこから菌が入り、炎症をおこし、厄介な毛嚢炎・ニキビを引き起こしかねない。

トレチノインを使ったからすぐに治ったが、自身の新陳代謝のみだと数週間はかかると思うし、その間かなり目立つからなるべくこのニキビは引き起こさない方がいい。幸い、ヒゲを抜かなければこのニキビが発症することはないし、「ヒゲを抜かない」という強い意思さえ持っておけば大丈夫だろう。