重症ニキビの治し方専門ブログ

ニキビに悩んでいる時はステマサイトばかりで迷惑したため、試行錯誤の末に重症ニキビを改善した私が、その情報を包み隠さず発信しているブログ。

トレチノイン

ハイドロキノンではニキビ跡は治せない

0件 投稿日:2015年6月14日 更新日:

疑問

ニキビ跡にハイドロキノンを使うのはナンセンス

ニキビ跡はかなり治りにくく、赤黒く肌に残っているからとても目立つ。だから早く治したい気持ちも分かるが、だからと言ってハイドロキノンでニキビ跡を漂白しようというのはナンセンスだ。

ハイドロキノンで治せるものは「色素沈着」「シミ」程度のものだ。赤黒く残るニキビ跡は、シミ・色素沈着などとは根本的に性質が違うという事を理解しなくてはならない。

勿論、化粧水や美容液などの「化粧品」でニキビ跡・及びその赤みを治すことも不可能だろう。ハイドロキノンや化粧品でニキビ跡を治そうとすることは、圧倒的な遠回りにしかならない。

ニキビ跡は、肌の奥で炎症性ニキビが残っている

ニキビ跡がシミ・色素沈着と違う点は、炎症を帯びているか否かだ。

シミや色素沈着は、シミの元であるメラニンが生成された結果、肌が茶色くなる、いわば日焼けと一緒。だが、ニキビ跡はイメージ的には潰れたニキビのようなもので、ニキビが完治できていないからニキビ跡となり残っているのだ。

ハイドロキノンの効果は「シミの原因であるメラニンを作らない様にする&排出する」だから、上で説明したニキビ跡を改善するのに全く関係ない。

ニキビ跡を治すのなら、ニキビを治すようなアプローチをしなくてはいけない。これを理解できないと、ニキビ跡を治すために美白化粧品などを買い漁るハメになり貴重な時間とお金を無駄遣いしてしまう事になる。

 ハイドロキノンで治る症状&治らない症状

どれがニキビ跡でどれがシミ・色素沈着なのか分からない!という人もいるだろうから、症例ごとに写真を用意してみた。これを参考に自分の肌トラブルがニキビ跡なのかシミなのかを判別し、適切なアプローチを行ってくれ。

  • シミ・色素沈着・肝斑(トレチノインハイドロキノンで治る)

ハイドロキノンのシミ取り効果
画像出典:http://nsnchifuka.blog.fc2.com/blog-category-5.html

  • ニキビ跡(ハイドロキノンで治らない)

ニキビ跡
【関連記事】トレチノインでニキビ跡を治療した6週間のまとめ

上記の写真のシミとニキビ跡では、なんとなく違うという事が分かっただろうか?ニキビ跡の方には赤みが残り、まだどことなくニキビ感があるが、シミの方は既に完全に沈着していてメラニン感100%だ。

ハイドロキノンはシミに有効な薬だが、万能ではないため残念ながらニキビ跡を治すことはできない。だが、ハイドロキノン以外にもニキビ跡を治すポテンシャルがある薬はいくつかある。その中でもイチオシの薬を紹介しよう。

トレチノインでニキビ跡を治した体験談

トレチノインは肌のターンオーバーを促進し、古い肌を排出、新しい肌に生まれ変わらせるための薬だ。

ハイドロキノンはシミを抑制・排出する薬だったからニキビ跡には効果がなかったが、トレチノインは肌自体を新しくしていく薬だから、ニキビ跡をも綺麗に排出することが可能だ。

このブログに自身のトレチノイン治療体験談を提供してくれたちかさんの例がある。彼女は重度のニキビ跡を治すためにトレチノイン治療を行い、見事そのニキビ跡を大幅に改善してみせた。

トレチノインでニキビ跡を治した経過

ニキビ跡のある肌を排出すると同時に、新しい健康的な肌を作ることで、ニキビ跡を改善していく、それがトレチノイン治療のメカニズムだ。ハイドロキノンには新しい肌をつくるポテンシャルはない為、このようにはいかない。

このニキビ跡にハイドロキンを塗り続けていたところで、シミが消えることはあってもニキビ跡自体が改善することはないだろう。ニキビ跡を治すのには適切なアプローチ(治療方法)が必要だ。

そしてニキビ跡に対する優秀なアプローチ方法の1つがトレチノインだと個人的に思っている。

ちかさんの症例以外にもトレチノインによりニキビ跡を改善させた例はたくさんあるし、俺自身もニキビ跡を改善させてきた。だからこそ、トレチノインがニキビ跡に有効だと自信をもって言える。

もし、今あなたがハイドロキノンでニキビ跡を治そうとしているのなら、それはお勧めしない。ハイドロキノンも優秀な薬には違いないが、適材適所という言葉がある様に、ハイドロキノンの適所はニキビ跡ではないから、ハイドロキノンが適材となる症状(シミ等)に使ってくれ。

だが実際は、トレチノイン治療にもハイドロキノンを使う。トレチノインとハイドロキノンは、お互いの弱点を補強しあっている相性抜群の薬だから、ニキビ跡を治す際にもハイドロキノンは活用される。そういう意味で言えば、ハイドロキノンがニキビ跡を治すといってもいいかもしれない。

ニキビ跡は放っておくと凸凹(クレーター)へと悪化する

ハイドロキノンでチンタラとニキビ跡治療をしていても一向に効果は出ないが、ニキビ跡はどんどんと悪化していき、次第には凸凹(クレーター)として肌に甚大なダメージを与えてしまう事になる。

凸凹(クレーター)は治療が非常に困難な為、なんとしてでも凸凹(クレーター)に発展する前に迅速にニキビ跡を改善させるのが重要になる。もし凸凹(クレーター)になってしまった場合、ニキビ跡を治すのよりも更に時間・お金をがかかり、当面の悩みになってしまうだろう。

赤みがない分、ニキビ跡よりは見た目的にはマシだと思えるかもしれないが、照明の下などでは凸凹(クレーター)の陰影が目立ち、それに精神的ダメージを食らう事になり、灯りを避けて生活するなどの辛く不便な習慣が形成されてしまい不便だ。

こういう辛い生活にならない為に、ニキビ跡が凸凹(クレーター)に悪化する前に治すことが重要になり、そうするためには根本的なところから肌を治せるパワーの強いトレチノインのような薬が必要になる。

むしろ、ことニキビ跡の治療に関してはトレチノインが最も有効かもしれない。

トレチノインを使うと赤みや皮剥けがおこり、少しの間ニキビ跡が目立ってしまうが、凸凹(クレーター)になる前に早期に治せる可能性は大幅にアップするだろう。

今少しの間我慢するか、この後長い時間・お金をかけて、行動できなかったことを後悔するか、それはあなたが決めることだ。ただ、俺は以前それで過去を後悔しているから、他の人には後悔しない選択をしてほしい。

もし、トレチノイン治療をしてみようという興味が沸いたら、次にトレチノイン治療についての記事を読んで、注意点などを確認してくれ。

関連記事

トレチノインの購入方法

経験者が「トレチノイン治療成功率を上げる購入方法」を語る

トレチノイン治療を成功させるには綿密な準備が必須 準備ができていないと失敗リスクが大幅に高まる トレチノイン治療は実際にやってみないと分からない事がたくさんある。その時に想定と違う事態が起こっても対応 …

かちんこ

重症ニキビを治す「トレチノイン治療」を始めるなら今だ

  9月も中盤になり、紫外線が弱くなってきたため、そろそろトレチノイン治療が始められる時期になってきた。 トレチノイン治療を知らずにニキビに悩んでいる人にはとっては、トレチノイン治療が、重症 …

安全性高めな「低濃度で長期」のトレチノイン治療を成功させるコツ

「低濃度で長期」のトレチノイン治療を成功させるコツ 低濃度で長期間トレチノイン治療を行うことで、短期間で行うよりも炎症のリスクを低く、安全にトレチノインを使えることがこのタイプの治療方法のメリットだ。 …

トレチノインの痛みにより不安になることはない

トレチノインは痛くて沁みるが、不安になる必要はない

トレチノイン治療中は痛いが、それは皆同じだ トレチノイン治療中は、トレチノイン・ハイドロキノンはかなりの確率で沁みて痛みを伴う。重症ニキビを治すべくバリバリ皮剥けさせている人なら尚更痛いだろう。そして …

元に戻らない時間

トレチノインは使用をやめたら元に戻るのか?

トレチノインは使用をやめたらどうなるか? トレチノインの場合、激しい炎症と皮剥けがあるのに、使用をやめたらに元に戻ってしまう・・・なんて事だったら使う気は起きなくなると思う。 だから、結論から言うと、 …

コメント

 この投稿には、 まだコメントがありません。


comment

・メールアドレスが公開されることはありません。
・コメント内容は引用される事があります。
・運営者シンイチへの直接のメールは、お問い合わせフォームからお願いします。

CAPTCHA