ニキビに悩んでいる時はステマサイトばかりで迷惑したため、試行錯誤の末に重症ニキビを改善した私が、その情報を包み隠さず発信しているブログ。

重症ニキビの治し方専門ブログ

ニキビケアの戦略コラム

脂性肌は洗顔で悪化するケースがある。悪い洗顔法と対策を公開。

投稿日:

脂性肌が治らなさ過ぎて、「脂性肌の場合は洗顔が必要なのか?必要だとしたらどんな洗顔フォームを使えばいいんだ?」と悩んでいるのではないでしょうか。

脂性肌が治らないと、顔がベトベトしてニキビができやすくなったり、脂漏性皮膚炎になったりと大変だと思います。

脂性肌の洗顔方法について悩んでいる人に、私が言えるのは、

  • 脂性肌の人は洗顔に注意すべきだと思います。
  • また、洗顔フォームは使わない方がいいと考えています。

ということです。

というのも、私自身、脂性肌ニキビに悩み、顔中ニキビだらけになった経験があります。

そして後から思い返してみれば、脂性肌になったのは余計な洗顔が原因だったと結論付けているからです。(飽くまで私のケースです)

こんな感じに皮脂でベトベトでした。これはまだいい方かもしれませんね。そこまでベタつきが感じられません。

しかし最盛期には、顔を動かすだけにベトベトな感覚があり、手で頬を触れば皮脂でテカテカになるというありさまでした。

脂性肌を改善する過程で気付いたのですが、私が行っていた洗顔は脂性肌を助長するような悪いやり方でした。

私はそのやり方をやめて、他のケアを模索して、脂性肌を改善することに成功しました。

脂性肌に悩んでいるあなたも、まずは自分の洗顔が脂性肌の原因となるようなモノではないかをチェックしてみてはどうでしょうか。

私が、脂性肌を悪化させた悪い洗顔方法

私が脂性肌を悪化させる前に行っていた洗顔方法は、シンプルです。

肌がピリピリしたり突っ張るまで洗顔していた、というものです。

どう考えても良い洗顔とは思えないかもしれませんが、あなたも実はやっていませんか?

「これくらいやらないと皮脂が落ちない!」とか「ちゃんと洗顔しないとニキビが増える!」という強迫観念のせいで、多少の乾燥やピリピリを気にせずに洗顔している人もいるのではないでしょうか。

そういう人は大体、

  • ゴシゴシと洗う
  • クレンジングを使う
  • 1日に何回も洗顔する
  • 色々な化粧品を使っている

という特徴があると考えています。

私自身、爆発的な脂性肌ニキビができるまえに、なんてことないニキビを必死で治そうと、毎日泡洗顔をしまくっていました。

というのも、皮膚科医か薬剤師に、「ニキビを治すには、とにかく洗顔だよ」と言われたからです。当時の私はまだ洗顔についての知識など何もなく、とりあえず洗顔すればいいのか!というシンプルな答えに光明を見出し、毎日ゴシゴシと泡洗顔を続けていました。

朝に洗顔、学校から帰って洗顔、夕飯前に洗顔、お風呂で洗顔・・・どう考えてもやり過ぎでした。

同じように、ゴシゴシと洗いすぎることで皮脂やニキビが止まらなかった人が、その過度なケアをやめて色々と努力することで皮脂やニキビが改善したという報告ももらっています。

どうも、お久しぶりでございます。

あれから、プロリンを一日三回計6粒を一日も欠かさずに飲み

水、麦茶を意識をしこまめに飲み

乳製断ちをし、

インスタント物や、揚げ物を極力控え

身体、顔の洗いすぎ(これは、私の潔癖性格にはかなりの荒行?(笑))

を徹底して・・・

(多少のニキビが気になりますが、グぐっと激しく洗いたいのを我慢)

の、生活を送っていましたら

ほんっとうに素肌の皮脂が抑えられ(小鼻やおでこはまだダメですが・・・)

新たにできるニキビも正直まだ出てきますが、

私の30年に渡る酷いテカテカ顔人生、にきびっ肌人生がたったひと月足らずで

劇的に改善できたのはもう、本当に信じられないくらいに嬉しく

もっと早く、この素晴らしいシンイチ様のブログを見つけて改善したかったー!

のと同時に、まだまだ、女を捨てないで頑張って肌をきれいにしたい!

と、いう情熱からシンイチ様のブログを探し当てれたことに

奇跡―☆

と、本当にまだあきらめなくてよかったー♡

の気持ちが今同時に感じている状態です!

一概に過度な洗顔、洗いすぎをやめたことが理由とは言い切れませんが、少なからずその要素はあるのではないでしょうか。元々この方は皮脂が気になってナイロンブラシでゴシゴシし過ぎてしまっていたくらいですから。

なぜ過度な洗顔が脂性肌を悪化させるのか?

私のように過度に洗顔することで脂性肌が悪化する理由は、肌のバリア機能にあると考えています。

私たちの肌にはバリアがあり、そのおかげで健康的な肌を保てています。

しかし、過度な洗顔でバリアが破壊されれば、肌の水分が蒸発しやすくなります

肌バリア機能のイメージ

肌の水分が蒸発すれば、肌が乾燥状態になるので、これは悪いことです。

なので、これ以上乾燥しないように皮脂をたくさん出して、膜を作ります。そうすることで水分が蒸発しないようにしているのです。

肌水分量の減少とニキビの関係図

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0787.html

だから、部分的に乾燥している場合、そこに皮脂が発生しやすくなったり、ターンオーバーが乱れて、ニキビができやすくなるのです。

一生懸命脂性肌を治すために洗顔することが、肌のバリアを破壊しているかもしれません。

私の場合は、典型的なこの「インナードライ型脂性肌」です。

バリア機能が壊れたせいで乾燥しているけど、乾燥を抑えるために皮脂が分泌されているから脂性肌のように見える・・・隠れ乾燥肌とも言うのかもしれません。

この状態だと肌の水分が蒸発しやすいので、長風呂をしたりサウナに入ることで、余計肌水分が蒸発しやすくなり、余計皮脂分泌が多くなると考えられます。私は長風呂もサウナもしていましたし、岩盤浴なんかも言っていました。脂性肌を治すために。しかし全て逆効果だったようです。

このタイプの脂性肌の人がまず一番最初にすべきことは、過度な洗顔をやめることだと思います。

皮脂を落とすために洗顔フォームなどで洗顔していれば、余計肌を傷つけてインナードライ型脂性肌を助長してしまうのではないでしょうか。

とりあえず、洗顔フォームなどでの洗顔はやめた方がいいかもしれません。やるなら水洗顔でしょう。私は水洗顔でも全くニキビはできませんでした

ただ、今まで洗顔フォームに頼って皮脂を落としてきたのに、いきなり水洗顔にしたら、洗浄力が足りなくて一時的に顔がベトベトになることが予想できます。

だから、水洗顔をはじめる時は徐々にシフトしていく方がニキビなどのリスクは減るかもしれません。

とりあえず、洗顔フォームなどでの過度な洗顔は脂性肌を悪化させる恐れがあるということを覚えておいて下さい。

過度な洗顔をやめても、脂性肌はすぐには治らない

恐らく過度な洗顔をやめても、すぐに脂性肌がサラサラ肌になることはありません。

一度肌のバリアが壊れたら、それを修復するにはある程度の期間やサポートが必要だからです。

過度な洗顔をやめてバリアがこれ以上壊される危険はなくなったとしても、依然として肌のバリアは壊れたままなのです。肌水分は蒸発しやすいままなので、皮脂は常に分泌され続けます。

この状態の脂性肌を改善するには、肌に水分を補給して、肌のバリア回復を促す必要があると考えています。

多くの人が化粧水や乳液などを使っても中々インナードライ型脂性肌が治らないのは、その保湿成分が肌に浸透していないからだと思われます。なぜなら肌のバリアが壊れているからすぐに蒸発してしまうから(ではないでしょうか。)

私がその負のループを抜けて、肌のバリアを回復し、肌水分量を増やし、脂性肌を改善できたのは、肌内部からの保湿ができたからではないかと考えています。

私が、この厄介なインナードライ型脂性肌を改善した方法については「超皮脂だらけの脂性肌ニキビをプロリンというサプリで改善」で解説しているので、こちらを参照して下さい。

私の肌が、脂性肌でベトベトな状態から、サラサラに変わった方法についての考察をまとめてあります。

プロリンでの脂性肌の改善

-ニキビケアの戦略コラム

Copyright© 重症ニキビの治し方専門ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.