重症ニキビ改善ブログ

ニキビに悩んでいる時はステマサイトばかりで迷惑したため、試行錯誤の末に重症ニキビを改善した私が、その情報を包み隠さず発信しているブログ。

ニキビ改善の戦略コラム

「ニキビが1年間治らない人」がしておいた方がいい事話す。

1件 投稿日:2016年3月30日 更新日:

quality-787663_640-min

ニキビが1年治らないなら、それは重症ニキビだから相応の治療に変えた方がいいと思う。

今まで辛かっただろう。「誰よりもスキンケアはしている筈なのに全くニキビが治らない・・・」そんな理不尽で精神的に病んでしまう期間もあったかもしれない。

ニキビが治らずそんな状態が続いてしまうという事は、あなたは自分のニキビの本質的な原因に対してアプローチできていないと考えられる。本質的な原因にアプローチできれば、ニキビはたちまち改善するだろう。

といっても本質的な原因にアプローチってどうやるんだよ?と思うかもしれない。それを含めて、1年間治らないような重症ニキビの人に、これからしていった方がいい事を話していこう。

まず、結論から言うと、本質的な原因にアプローチするためには、化粧水、美容液でのニキビ治療をやめるべきだ。

化粧水を使うにしても自分との相性を鑑みなければ無意味

もしかしてあなたは、なんとなくとか、口コミ、評判が良いからという理由で化粧水・美容液を選んでいないか?

だとしたらその選び方は失敗だ。その選び方では治るニキビも治らなくなってしまう。例えるなら、「(腫瘍ができていて)お腹が痛い」という人に、胃薬を与えても、胃薬では腫瘍に対してアプローチできないから、無意味だ。この人に対して「本質的な原因にアプローチする」なら、「腫瘍を消す薬」が適切だろう。(勿論、病院に行かせるべき)

あなたのニキビも、「ニキビ」と大きく分類せず、「(乾燥肌による)ニキビ」とか「(脂性肌による)ニキビ」、又は「(ダニによる)ニニキビ」など、自分のニキビがどのようなニキビなのかを明確にしてからではないと適切なアプローチはできない

そして、多くの人が「なんとなく」でニキビへのアプローチを選んでしまっている。そして「なんとなく」だから、広告などで無意識下に擦り込まれている化粧水・美容液などを選択してしまう。

化粧品は酷いニキビはターゲットにしていない

化粧水や美容液といった「化粧品」に分類されるものは、「綺麗な肌をより綺麗に」といったコンセプトで作られている。つまり、あなたが望むような「悪化したニキビ肌を綺麗にする」という目的には合っていないのだ。

例え、「乾燥肌によるニキビ」に対するアプローチとして「乾燥肌を改善させる化粧水」というものを適切に選びだせたとしても、結局は化粧品レベルの力しか持っていない為、酷いニキビを改善させるには力不足となり、改善は見込めないだろう。

本質的な原因にアプローチできていたのは良かったが、結局成分が原因に届かなくては問題は解決しない。多くの人はそこで「なら、浸透率の高い化粧品を選ぼう!」と思うのかもしれないが、よく考えてみればそんなに化粧品に拘る必要ってあるのだろうか?

効果の強さはどう考えても医薬品の方が高い、それなのに化粧品に拘る理由、それが先述したように広告で無意識に擦り込まれてしまっているからではないだろうか。

CMやネットの広告で、頻繁に目にしていると、単純接触の原理により脳に強く焼き付く。だから、いざ自分がその状況になった時に、一番印象に残っている「化粧品」を選択してしまうんだ。(医薬品はCMも広告もしてないからね)

だが、本来なら化粧品なんか使わずにさっさと医薬品で治療するべきだ。化粧品に無駄な時間を割いているから、ニキビがどんどん悪化して治しにくくなってしまうんだ。日本がニキビ治療で外国に50年くらい遅れをとっているのには、こういう事も関係あるかもしれない。

1年も治らない重症ニキビなら、どんどん悪化して凸凹になってもおかしくない

ニキビは潰さなくても、何もしなくても、悪化してくると徐々に肌を凸凹クレーターにしていく。そして凸凹クレーターになると治療は更に困難になる。

ニキビはできるだけ早く治すべき理由がこれなんだ。チンタラしているとどんどんニキビが悪化して凸凹とかいう見た目的に最悪なものを肌にひっさげる事になり、ストレスがヤバイ。1年間ニキビが治らないのなら尚更危機感を持つべきだろう。

medicina

毛穴での炎症が真皮内(毛穴の外)に波及すると瘢痕(ニキビ痕)を残しますので,そうなる前に炎症を抑えることが重要です

出典:MedicalFinder-medicina

そのままニキビのダメージが真皮にまで到達してしまえば、最も治しづらいと言われている凸凹クレーター跡になってしまう。そうならない為に、なるべく早く、効果的な治療を施す必要がある。つまり、化粧品レベルのものを使っている暇はないのだ。

クレーターニキビ跡

出典:Looking For Only The Best Products For Acne Scars? Look No Further!

かけがえのない人生を無駄にしないため、今から1年無駄にしろ

今から1年間必死で治療すれば、必ず良くなる。そう思え。これからの明るい未来を奪い返すために、今から1年間頑張ってみないか?

青春時代をニキビに悩んで過ごした人や、社会人生活をニキビを隠しながら欝々と暮らしている人、みんな人生を思いっきり心の底から楽しめてはいないだろう、俺もそうだった。

これからは、本気でニキビを治そう。だから化粧品はもう使わなくていい。化粧品を使うだけ時間とお金の無駄だ。

これから使うべきなのは医薬品。ディフェリン、アキュテイン、トレチノイン、ベピオゲルなどの、ちゃんとニキビに対して効果が認められている・ニキビを治すために作られた薬を使うんだ。医薬品はそのためにあるんだ。

1年間も治らないなら、根本的なところからアプローチすべき

1年間もずっとニキビが治らないなら、肌を生まれ変わらせるのが得策だ。そして、それも化粧品ではできないが、医薬品なら可能になる。

俺のニキビ跡を改善させたトレチノインは、新陳代謝を普通よりも何倍も加速させる。つまり、ニキビが治るのを何倍も早くすることができる。トレチノインを使った後は、古い肌が排出され、新しい肌になっているから、まさしく肌を生まれ変わらせている。

だから、1年間ずっと治らないというような人にはトレチノインが有効だと思う。勿論、他の薬もどれもかなりのパワーがあり、重症ニキビを改善させるポテンシャルがある。

このブログでは、俺が使ったことのあるトレチノインについては詳しく解説してサポートなどを行っているから、興味が沸いたらぜひ見てみるといい。

1年間治らない様な重症ニキビには、化粧品ではなく医薬品を使え

俺はニキビに悩み始めの頃、「なんとなく」で選んだ化粧品を「なんとなく」使っていた。勿論それで治るはずもなく、ニキビがどんどん悪化し、ニキビ跡にもなり、顔中ニキビに覆われてしまうまでになった。

化粧品で無駄な時間を使ってしまったからこうなってしまったが、最初から医薬品を使っていればこんなに悪化することもなくあっけなく治っていたんだろうな~、最初から医薬品使っておけばな~~と切実に思う。

そうすればこんなに苦労する人生を歩むこともなかっただろうし、普通の人の様に楽しく明るく生きていたかもしれない。

だが、俺はニキビに感謝すらしている。勿論、肌が汚くなってしまったのは悲しかったが、それを乗り越える勇気や、人との関わりの大切さ、人の心、物事を考える力、豊富な知識、決断力などを得ることができた。

最初から医薬品を使っていれば、ニキビは簡単に治っていたかもしれないが、これらの経験も得ることができなかった。恐らく普通に生きていたのではこれらの経験を得るのは難しかったと思う。だからこそ、ニキビに悩むことで、不本意ながらそれらの経験を得られたのはとても感謝しているし、この経験値を失いたくはないと思っている。

まぁ、苦労なんてしないにこしたことはないと思うかもしれないが、あなたもこの1年間ニキビに悩み、色々な経験・知識を得たと思う。医薬品を使ってニキビが治ったら、ニキビに悩んだ経験で学んだことを活かし、人間的に成長するのを楽しむといい。

関連記事

月面

ニキビの放置が肌をでこぼこさせる原因になる。

ニキビを放置するとでこぼこの原因になるぞ ニキビは炎症を発生させ、その間、肌にダメージを与え続けている。そのニキビがどんどん悪化し、重症ニキビになると、肌へのダメージも深刻になってくる。 そうなると、 …

ニキビ治療

ニキビは肌の病気ではない

ニキビに悩んでいる多くの人が、ニキビは肌の病気だと思っているのではないでしょうか。 肌に出る病気なんだから肌の病気だと思うのは至極当然の事かもしれません。となれば、当然肌の病気であるニキビは、スキンケ …

ファッションと自己肯定感

肌荒れの恐怖は社会的な死

肌荒れは、肌だけではなく「心」にもダメージを残しています。欧米では、肌荒れに悩む人は、同時に精神科にも通っているとの報告もあります。 肌が綺麗な人は、「たかが肌荒れでそんなに悩むなんてアホらしい・・・ …

絞り

色々やっても皮脂が治らないのは、「絞り」ができてないからだ

ニキビと密接な関係にある皮脂についてのコメントをもらったので、この機会に「なぜ色々やってるのに皮脂がとまらないのか?」という事について私の見解を記載しておこうと思います。 20歳の男です。皮脂が出まく …

生活習慣を変えずにニキビ薬だけ変える愚行はやめよう

ニキビ薬コレクターはもう止めよう 昔の俺を含め、多くのニキビに悩む人はニキビ薬を次々と買い漁るニキビ薬コレクターだったと思う。 ニキビ薬を探している途中で、自分のニキビを治すのに大切なことを気付ければ …

コメント

 この投稿には、 1件のコメントがあります。


  1. yuna より:

    人との繋がりの記事①、②と見させていただきました。
    今の心の状態と向き合うことができたからか、涙と、とても勇気をもらいました。

    にきびにも悩まされましたが、今は全体にある毛穴の目立ちや角栓に、どうしても人との繋がりを最低限にしていました。
    お化粧があまり出来ない敏感な状態なので、前向きにケアを欠かさないようにして、綺麗になったときの肌を想像するぞーって過ごしてはいました。

    なのに、やっぱり怖いんですね、人の目線が。目じゃなくて、他の部分を見られると居たたまれなくなってました。
    昔からそんなプライドばかり高かったのかもしれません。

    だけど、それは自分を受け入れてないのと同じで、ちゃんとほんとうの前を向けていませんよね。

    不安になることもあるだろうけど、ここで伝えてくださったこと思い出したいです!勿体ない生き方はしたくないと思えました。
    人との繋がりはかけがえのないものですよね☆
    ありがとうございました☆

comment

・メールアドレスが公開されることはありません。
・コメント内容は引用される事があります。
・運営者シンイチへの直接のメールは、お問い合わせフォームからお願いします。

CAPTCHA