夏の肌トラブル対策にはエイジスポット使っておけばOKだ。

夏の肌トラブル

夏の肌トラブルを1本で乗り切った

去年の夏は、ニキビがちょこちょこできたり肌トラブルは稀に起こった。

だが、その時の対策には一貫してエイジスポットを使っていた。

エイジスポット

夏の間は、効果は絶大でもトレチノインは使えないから、その代替品として俺はエイジスポットを選び、何かあったら(なくても)エイジスポットを塗っていた事を覚えている。

だからこそ、夏の肌トラブルにエイジスポットが適していると言う事ができる。

エイジスポットが夏の肌トラブルに効くのはなぜか?

エイジスポットは海外の皮膚科医が手術後に傷ついた肌を再生させるための薬としても使われるそうだ。

肌を再生させると言うことは、トラブルが起こった肌を以前の状態に戻すようなものだから、夏に肌トラブルが起ころうとも肌を再生させて肌トラブルを治す事ができる事になる。

日焼けによるシミの回復にも効果的だ

日焼けしてしまった所にエイジスポットを塗ると、肌の再生スピードが速まり、比較的はやく日焼けが治った。

勿論、日焼けしないのにこしたことはないが、日焼けしてしまった時にエイジスポットを塗っておけば、美白ケアにもなるから便利だ。

そこら辺の美白ケア商品に引けを取っていないと思う。

ドラッグストアに売っている適当な美白化粧水を使うくらいなら、エイジスポット(又はその派生の奴)を使う方が良い。海外の皮膚科医が手術後の傷跡に使うくらいの回復力があるから当然と言えば当然かもしれないが。

とにかく、軽い日焼けのシミ程度なら、エイジスポットで充分すぎる効果が得られる筈だ。

ニキビができても問題ない

俺は主にニキビ関係のためにエイジスポットを使っていたが、たまに口回りにできるニキビができる。

ニキビができたらエイジスポットを少々塗りこみ、ラップで覆って吸収率を高め、その状態で一晩放置すれば次の日にはほぼニキビはすっこんでしまっている。

ビタミンKの効果で肌の再生スピードが高まるから、数日経てば自然に消えるニキビを一晩で消せるのだろう。

保湿パワーが異常に高かった

夏は肌が乾燥することも多くなると思うが、その点も問題ない。

俺は当時は乾燥には悩まされていなかったが、エイジスポットを塗ったあとは以上に保湿されていてシットリ感を感じる事ができた。

肌の乾燥はバリア機能を破壊して、夏の強力な紫外線などのダメージを貫通させやすくし、シミなどができやすくなる。だからこそ、保湿が重要だ。

そういう点で、エイジスポットは保湿と同時に肌の再生もサポートするから、かなり守備範囲が広い。

敏感肌でも使える

俺はトレチノイン治療で肌が敏感になっている時に、エイジスポットを使った。

だからしみたりして痛いかな~と少しビビっていたが、しみもしなければ、肌が荒れることもなかった。

主成分のビタミンKが血行を促進させる作用があるから、トレチノインで肌が薄くなっていた俺は、いつもより少しだけ肌が赤くなっていたが、トレチノインを使っていない人だったら全く赤みは気にならないと思う。

事実、トレチノインを抜けきった後に使った時は、赤みは全くでなかった。

オールインワンのクリームって感じ

俺の様な重度のニキビ・ニキビ跡、クレーターなどに使っても、それらの改善には時間がかかりすぎるから、効果を実感できないと思う。

しかし、夏の肌トラブル対策くらいの軽い症状になら、美白・肌再生・保湿で充分な効果を実感できるだろう。

医療用として使われているだけあって、市販の安いオールインワン化粧品とは効果のレベルが違う筈だ。

sapoo1 sapoo2

夏の肌トラブル対策に、エイジスポットは適していると思う。高レベルなオールインワンなのに価格が安いのも嬉しい。

夏の肌トラブル対策をかるく済ませたい人にはいいと思うぞ

夏になるとニキビができたり、肌トラブルが起こりやすくなるという人は、色々な美容品が必要になり、いちいち購入するのも面倒臭いし、お金がかかるのもネックだと思う。

「これは外せない!」という、いつも使っている美容品があるならそれを使うのも全然いいだろう。

だけど、もしそういうのが無くて、夏の肌トラブル対策をどうするか考えているという人は、エイジスポットを使ってみることをおすすめする。

※現在エイジスポットは取り扱われていません