重症ニキビの治し方専門ブログ

主に重症ニキビの治し方の考察や、トレチノイン治療についてなど、重症ニキビに悩んでいる人の希望となるような情報を発信している。

トレチノイン 使い方の疑問点

10月からトレチノイン治療を始めるために今するべき事

投稿日:2016年9月1日 更新日:

9月1日現在はまだまだ暑く、紫外線も強いので、トレチノイン治療をするには少し厳しい環境かもしれません。

勿論、夏にトレチノイン治療を行っている者もいるが、初心者はなるべく避けるにこしたことはない季節です。

だが、あと一月待ち10月になれば、そんな過酷な環境から一変し、トレチノインでニキビ治療をするのに適した季節になっていくでしょう。

トレチノイン治療と紫外線の影響

トレチノイン治療は、軽度~重度のニキビに対して効果を発揮したケースがいくつもあり、一刻もはやく自身の最大のコンプレックスである肌を新品に生まれ変わらせるのに適していると考えています。

中には、「レーザーでも治りませんね」と言われた重度のニキビ跡を改善しているケースもあり、ニキビ・ニキビ跡などの肌トラブルに悩む者なら一度は実践してみるべき治療だと思います。

そんなトレチノイン治療を10月から始めるためには、ちょうど今頃からその準備をはじめておくのがいい。

今準備をはじめる事で、10月からのトレチノイン治療を、より効率的・より安全・より安く始められるハズです。

トレチノイン治療の安全性を高める準備

トレチノイン治療は、市販の化粧品・美容液などでのスキンケアとは違い、『守らなければ副作用が発生してしまう厳格なルール』があります。

10月に入ってからトレチノインについての情報収集をはじめ、治療方法を学んでいたのでは、知識不足・勘違いなどを正す間もなく治療をはじめる事になってしまう。

そして、その知識不足はトレチノイン治療のルール違反に繋がり、キレイにするハズだった肌を、更に汚く・赤くしてしまうリスクを挙げる事になります。

だからこそ、1ヶ月という準備期間を設け、その間にゆっくりでもいいから情報収集をしておく事が超がつくほど重要になると思います。

毎日何かしら調べていれば、基本的な情報、新しい情報がどんどんインプットされ、今までの自分の解釈が間違っていたかもしれない!という事に気付くチャンスも得られます。

とにかく、「えっと~、まずはトレチノイン塗ったから・・・次はえっと~・・・」という様な完全に知識がインプットされていない状態でトレチノイン治療をはじめるのはリスクが高い。人に聞かれたらスラスラと教えてあげられるくらいの情報量にすることで、『守らなければ副作用が発生する厳格なルール』に触れずに安全に治療をすすめることができます。

トレチノイン治療を効率的に進める準備

トレチノイン治療は、基本的には一番低濃度の0.025%のトレチノインクリームから始めるべきだと考えていますが、効き目には個人差があり、0.025%でバリバリ効く人と、0.1%でも中々効かない人がいます。

最初に0.025%を使ったけど効き目が薄かった場合、またいちいち次の濃度の0.05%を購入しなくてはならない。配達には7~14日かかる為、待っている間だけ無駄にハイドロキノンを消費し、トレチノインに対して若干の免疫もつけてしまう為、非効率的です。

だからこそ、一度に異なる濃度のトレチノインクリームを、ケチらずに購入しておく事が重要だと考えています。

  1. BIHAKUEN0.025%
  2. BIHAKUEN0.05%
  3. a-retGEL0.05%
  4. a-retGEL0.1%

このくらい購入しておけば、どんな体質の人でもスムーズにトレチノイン治療を進められると思います。

トレチノイン治療はお金をかけた分だけ安全性を買えると考えています。

まず0.025%を使い、全く効き目がなかった為0.05%を使う。幸い、0.05%では効果が出てバリバリ皮剥けしたが、14日も経てば皮剥けがおさまってきた為、更に皮剥けを促進するためにBIHAKUEN0.1%を使用した。

既に0.05%に免疫がついており、BIHAKUEN0.1%では皮剥けは弱かった。だからa-retGEL0.1%を使ってみたら、再び皮剥けが促進された!

以上の流れだと、効き目がなかったり、免疫がついてしまった時に、すぐスムーズに濃度変更できます。だからトレチノイン治療の効率・効果を最大限にまで引き上げられています

まず0.025%を使い、全く効き目がなかった為、0.05%を購入。9日間配達を待つ間に、ハイドロキノンが4分の1減る。

0.05%では効果が出てバリバリ皮剥けしたが、14日も経てば皮剥けがおさまってきた為、更に皮剥けを促進するためにBIHAKUEN0.1%を購入。9日待ち、その間に1本目のハイドロキノンの残りが浪費される。

到着したが、すでに0.05%に免疫がついており、BIHAKUEN0.1%では皮剥けは弱かった。だからa-retGEL0.1%を購入し、その間9日待つ。その間もハイドロキノンを浪費する。満を持してa-retGEL0.1%を使ったが、BIHAKUEN0.1%で多少の免疫がつき、a-retGELの効き目は弱かった・・・。

以上の流れだと、3回買いなおしている為、合計18日間も無駄にハイドロキノン・トレチノインを塗る期間ができてしまっている。そのせいでハイドロキノンは異様に減り、トレチノインの免疫もつきやすくなり、次の濃度が効きにくくなってしまっている。しかもまとめ買い割引も受けられずにコスト的にも効率が悪い。

つまり、トレチノインクリームを先にまとめて購入しておく事で、①トレチノインの効き目UP、②ハイドロキノンの消費量削減、③1クールをフルに治療できる、④単品購入するより安くなる、という4つのメリットを得られます。

10月前に準備すればコストを安く抑えられる

トレチノイン治療開始のセオリーは秋頃です。

つまり、10月~12月くらいが一番トレチノイン治療を実施しやすい時期になります。

当然、大多数の人が、紫外線が弱くなる10月頃を見計らってトレチノインクリームを購入しはじめます。

そうなると、10月にいっきにトレチノインクリームの購入数がハネ上がる事で、お店側の在庫がなくなる可能性が高くなる。そして、それは価格の高騰に繋がる。

以前、1本2000円くらいだったトレチノインが、5000円近くにまで価格高騰した時があった。そして頻繁に入荷待ちになった。

このような事があるから、トレチノインクリームは少し早めの9月中に購入しておく事をお勧めします。

9月中にするべきトレチノイン治療の準備

  1. トレチノイン治療の知識をインプットしておく
  2. 異なる濃度のトレチノインを購入しておく
  3. ハイドロキノン・日焼け止めも購入しておく
  4. ビタミンC誘導体入り化粧水も購入しておく
  5. 必要であれば赤みを抑えるオプション品も購入しておく
  6. トレチノイン治療に関する疑問点などがあれば解消しておく

1,トレチノイン治療の知識をインプットしておく

トレチノイン治療に関してはネット上にかなりたくさんの情報がある。個人のブログや2chもある程度参考にはなると思います。

一番基礎的な情報は、美容皮膚科や病院のウェブサイトに掲載されているものを参考にするのがいいでしょう。

この「重症ニキビの治し方専門ブログ」でも、トレチノイン治療カテゴリを設けている為、その記事を読み漁り、私のトレチノイン治療体験談も参考にしてみて下さい。

失敗経験や成功経験などリアルな情報があるから、少なからず参考になると思います。

2,異なる濃度のトレチノインを購入しておく

先述したように、治療を効率的に行うために異なる濃度のトレチノインクリームを用意しておく事を強く推奨する。

なぜBIHAKUENとAretGelの0.1%を別々に購入する必要があるのか?

そこに疑問を抱いた人は、『BIHAKUENとトレチノインジェル、どちらを使うべきか?』を参照して下さい。

3,4,ハイドロキノン・日焼け止め・ビタミンC誘導体も準備

トレチノイン治療に必須なハイドロキノン、日焼け止め、ビタミンC誘導体入り化粧水もあらかじめ準備しておくべきです。

ハイドロキノンは2~4本用意しておけば安心。日焼け止めは2本あれば1クールもつだろう。ビタミンC誘導体も濃すぎない5%程度のものを用意しておくといい。

それ等に関して詳しくは、『私の失敗経験に学ぶ正しいトレチノイン・ハイドロキノンの使い方』を参考にして下さい。

5,必要であれば赤みを抑えるオプション品も購入しておく

トレチノイン治療には炎症がつきものです。

なるべく抑えるように治療するが、少なからず肌に赤みは出てしまいます。

そんなときでも学校や職場、人と会う場などに行かなくてはいけない場合は、赤みを抑える薬などで少しでも赤みを隠しておけば、精神的な苦しさが全く変わるでしょう。

私がトレチノイン治療の際に赤みを抑えるために用いた薬などについて言及しているから、必要に応じて以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

トレチノイン治療は、準備が超大事

トレチノイン治療は、なんの知識もなしに、準備も不足した状態からはじめれば失敗するリスクが高くなります。そして、治療前以上に肌を汚くしてしまうでしょう。

しかし、しっかりと知識をインプットし、準備も整えれば、失敗する確率は大幅に下がり、トレチノイン治療で肌をキレイにするチャンスを得られます。

まだ失敗を経験していない人には準備の重要性がよく分からないかもしれない。しかし準備不足で失敗した私からすれば、準備は超がつくほど大事だと気付きました。先輩からのアドバイスだと思って、ここらへんは徹底してみて下さい。

-トレチノイン, 使い方の疑問点
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メール

トレチノインの刺激が痛すぎて濃度を上げる勇気がない

こんばんは。はじめまして。 このブログを読んでトレチノイン治療を始めました。 元々ニキビ跡と顔の赤みが酷く、毛穴の開き、 シミも増えてきて悩んでいます。 トレチノインはBIHAKUEN0.025を 朝 …

日光

ハイドロキノンの後に塗る日焼け止めをヘリオケアで代用できるか

ハイドロキノンとヘリオケアの併用 以前から、メールやコメントで「ハイドロキノンの上から日焼け止めを塗らずに、ヘリオケアで代用してもいいのでしょうか?」という質問が多くくる。 俺も同じように考えた事があ …

トレチノインで赤くならない事に困っている?

トレチノインを塗っても赤くならない時にするべき事

稀にトレチノインを使っても全く赤くならない人がいる トレチノイン特有の赤みが出ないと「せっかく勇気を出してトレチノインを使ったのに、ネットで言われてるように赤くならない…」と心配になってしまうと思う。 …

使用期限を過ぎたトレチノイン・ハイドロキノンを使った結果

使用期限を過ぎたトレチノイン・ハイドロキノンを使うとどうなるのか? トレチノイン・ハイドロキノン、どちらも1クール(3ヶ月程度)で使いきって下さい、と言われている、更に未開封なら1年は軽く持つようだ。 …

トレチノインに関する質問

トレチノイン治療の塗り方・時期・期間への考え

トレチノインの大まかな事は、「俺の失敗経験に学ぶ正しいトレチノイン・ハイドロキノンの使い方」で解説していますが、サイトの記事数も増え、目的の情報を探しにくくなっているようなので、こちらでも補足しておき …