重症ニキビの治し方専門ブログ

主に重症ニキビの治し方の考察や、トレチノイン治療についてなど、重症ニキビに悩んでいる人の希望となるような情報を発信している。

トレチノイン 使い方の疑問点

初心者はトレチノン何パーセントを使うべきかの考察

投稿日:2016年3月21日 更新日:

トレチノインの何パーセントを使うべきか

初心者はトレチノイン何パーセントを使うべきか

トレチノインにはメーカー、濃度(パーセント)がいくつもある。恐らく初心者はそれぞれの特徴も分からなければ、濃度の違いによるリスクの大きさも分からないだろう。

それは販売ページにも載っておらず、まとめている所もないからしょうがない。

だが、トレチノイン治療の失敗は知識不足だったからしょうがないじゃ済まない。パーセントが高すぎて逆に肌を汚くしてしまうかもしれないし、下手すれば炎症が強くなりすぎて肌が慢性的に赤くなる可能性もある。

以上のは最悪のケースだが、俺はそれを経験したことで豊富な知識とその最悪のケースを打開する方法も発見した。失敗者ならではの使うべきパーセントのアドバイスもできるし、失敗しないための秘訣なんかも教えられる。

では、トレチノインのパーセント選びを失敗しないために必要なことはなにか?

トレチノインの濃度決めが、治療の成功を左右する

俺は初トレチノイン治療で右も左も分からないのに高濃度の0.1%を使って失敗したが、その理由は「トレチノインが自分の体でどういう反応をするか」を知らなかったからだと思う。

0.1%でも全然効かない人もいれば、めちゃくちゃ炎症をおこしバリバリ皮剥けする人もいる。

初心者は「自分の場合だとどうなるか」を分かっていないから、早く肌を綺麗にしたいという思いが先行して0.1%などの高濃度に走る傾向がある。だが、それではダメだ。

トレチノイン治療では、成功させる事より失敗しない事が大事だと思っている。成功しなくても2クール目に入ればいいだけだが、失敗したら余計肌が汚くなるし、手間が増えるし、炎症が強すぎたら抗炎症対策も考える必要がある。

成功させたい人はその1クール内に治そうと高い濃度を使う。失敗しないことに重きを置いた場合、チョイスするべき濃度は必然的に低濃度になる。

  • 失敗しないことを最重要視する
  • 選ぶのは低いパーセントのトレチノイン

トレチノイン治療を結果的に成功させるために必要な要素が以上の2つになる。そして、この2つさえ押さえれば、何パーセントのトレチノインを使えばいいかは大体絞り込めたと思う。

初心者なら絶対にトレチノイン0.025%

以上のことを踏まえて俺が使うなら[BIHAKUEN]トレチノイン0.025%だ。0.025%が一番濃度が低いから、初めてトレチノインを使うのなら0.025%を選ぶのが鉄板と言える。

BIHAKUENの他にトレチノインジェルでも0.025%はあるが、トレチノインジェルはその名の通りジェルっぽくてトロ~~っと垂れるため、慎重にピンポイントに塗るトレチノイン治療には不向きに思える。単純に、個人的にスティーバAを使っていた名残で硬いクリーム状のBIHAKUENが好みというのもある。

だが、浸透率という点ではトレチノインジェルの方が高く、効果が出やすいという話だ。つまり、それだけ炎症も出やすくなるから、初めての人は浸透率が低く安全性の高いBIHAKUENがいいだろう

このブログでのサポートでトレチノイン治療を行いニキビ跡を改善させた「ちかさん」も、0.025%からはじめた。初心者はまずは0.025%、最低濃度から始めるのが一番だ。

失敗リスクを下げると同時に、成功の可能性を高める最良の方法

失敗しないために一番低濃度から始めるの納得したけど、やはりコンプレックスである肌を早く綺麗にしたい思いは強いはず。ならば、0.025%、0.05%、0.1%の3つを同時に揃えておき、いつでも高いパーセントにシフトできるように準備するのが最良だ。

例えば、まず最初は0.025%ではじめるが、もしかしたら0.025%が効かないかもしれない。その場合にすぐに0.05%にシフトできれば免疫がつかない内にはじめられる。又は、0.025%を1週間使ってて、だんだん効かなくなってきたと思ったら0.1%にシフトしてまた皮剥けを加速させる、という方法もとれる。

自分が効く体質かそうでないかは分からないから、0.025%だけを購入した人は使ってみるまで分からず、使い始めて効かなかったら、また1週間くらいの配達待ちで時間をムダにすることになる。

だが、先に3つ全てのパーセントを揃えておけば、上のように時間をムダにすることなく、スムーズに治療を続けられ、その分早く治せるのだ。これは別に焦って治療している訳ではなく、効率的に治療しているだけだからリスクにもならない。

デメリットはその分お金がかかってしまう事だが、早く肌が綺麗になるのと少しの出費、どちらが大きいかを自分の中で秤にかけてみてそれで選べばいい。(お金が気になるなら、全てBIHAKUENで揃えなくてもいいし)

俺は早く治したいから、3回目の治療では0.05%と0.1%を同時に購入した。フェイスラインには0.05%でも十分に聞いたが、頬の部分は0.05%じゃ効き目が弱かった為0.1%にシフトしスムーズに皮剥けさせることができた。

届くのが遅いから早めに注文しておいた方がいい

トレチノイン治療をやろうと決心したなら、すぐに注文しておいた方がいい。配達には1週間強かかるから、すぐには始められない。

現在(3/21)だと、トレチノイン治療を始められるギリギリのシーズンだから尚更早く注文すべきだ。(紫外線強いから6月くらいからはトレチノイン治療はやらない方がいい)

俺は最速で5日で届いたこともあるが、基本的に7日はかかると思うから、夏までに今の肌をなんとかしたいと思っているならお早めに。

  • [BIHAKUEN]トレチノイン0.025%

-トレチノイン, 使い方の疑問点

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

トレチノインの購入方法

経験者が「トレチノイン治療成功率を上げる購入方法」を語る

トレチノイン治療を成功させるには綿密な準備が必須 準備ができていないと失敗リスクが大幅に高まる トレチノイン治療は実際にやってみないと分からない事がたくさんある。その時に想定と違う事態が起こっても対応 …

トレチノインでニキビ跡を改善した体験談

トレチノインでニキビ跡を治療した6週間の体験談まとめ

私達の様に、今まで色々な治療をしてきてもニキビ跡が中々治らなかったタイプは、「トレチノインはすごそうだけど、でも本当にニキビ跡治せるかな・・・」と不安があると思う。 私自身もそうで、1ヶ月以上はトレチ …

トレチノインとラップ

トレチノインで皮剥けしない様になったらラップを使え。

ラップがトレチノインの皮剥けを促進させる トレチノインに免疫がつく14日頃から、徐々に皮剥けしなくなっていく為、濃度を変えるか塗る頻度を増やす事になる。 だが、その前にラップで肌をパックする、「ラップ …

トレチノイン治療でハイドロキノンを塗らないと起こる悲劇

トレチノイン治療をしている人の中に、「ハイドロキノンは夜だけ塗れば良い」とか「トレチノインを塗った時だけ塗ればいい」と勘違いしている人が多いように思います。 そのような勘違いによるミスが1回だけならい …

ストップ

スティーバAの0.1%取り扱い終了。どうしようか?

スティーバA0.1%の人気が爆発したのか、供給ストップされているんだが 俺は毎年、秋~冬にかけてトレチノインで肌のメンテナンスを行っているが、今年はちょっとピンチかもしれない。 俺は初っ端からスティー …