重症ニキビの治し方専門ブログ

主に重症ニキビの治し方の考察や、トレチノイン治療についてなど、重症ニキビに悩んでいる人の希望となるような情報を発信している。

トレチノイン

初心者はトレチノン何パーセントを使うべきかの考察

投稿日:2016年3月21日 更新日:

トレチノインの何パーセントを使うべきか

初心者はトレチノイン何パーセントを使うべきか

トレチノインにはメーカー、濃度(パーセント)がいくつもある。恐らく初心者はそれぞれの特徴も分からなければ、濃度の違いによるリスクの大きさも分からないだろう。

それは販売ページにも載っておらず、まとめている所もないからしょうがない。

だが、トレチノイン治療の失敗は知識不足だったからしょうがないじゃ済まない。パーセントが高すぎて逆に肌を汚くしてしまうかもしれないし、下手すれば炎症が強くなりすぎて肌が慢性的に赤くなる可能性もある。

以上のは最悪のケースだが、俺はそれを経験したことで豊富な知識とその最悪のケースを打開する方法も発見した。失敗者ならではの使うべきパーセントのアドバイスもできるし、失敗しないための秘訣なんかも教えられる。

では、トレチノインのパーセント選びを失敗しないために必要なことはなにか?

トレチノインの濃度決めが、治療の成功を左右する

俺は初トレチノイン治療で右も左も分からないのに高濃度の0.1%を使って失敗したが、その理由は「トレチノインが自分の体でどういう反応をするか」を知らなかったからだと思う。

0.1%でも全然効かない人もいれば、めちゃくちゃ炎症をおこしバリバリ皮剥けする人もいる。

初心者は「自分の場合だとどうなるか」を分かっていないから、早く肌を綺麗にしたいという思いが先行して0.1%などの高濃度に走る傾向がある。だが、それではダメだ。

トレチノイン治療では、成功させる事より失敗しない事が大事だと思っている。成功しなくても2クール目に入ればいいだけだが、失敗したら余計肌が汚くなるし、手間が増えるし、炎症が強すぎたら抗炎症対策も考える必要がある。

成功させたい人はその1クール内に治そうと高い濃度を使う。失敗しないことに重きを置いた場合、チョイスするべき濃度は必然的に低濃度になる。

  • 失敗しないことを最重要視する
  • 選ぶのは低いパーセントのトレチノイン

トレチノイン治療を結果的に成功させるために必要な要素が以上の2つになる。そして、この2つさえ押さえれば、何パーセントのトレチノインを使えばいいかは大体絞り込めたと思う。

初心者なら絶対にトレチノイン0.025%

以上のことを踏まえて俺が使うなら[BIHAKUEN]トレチノイン0.025%だ。0.025%が一番濃度が低いから、初めてトレチノインを使うのなら0.025%を選ぶのが鉄板と言える。

BIHAKUENの他にトレチノインジェルでも0.025%はあるが、トレチノインジェルはその名の通りジェルっぽくてトロ~~っと垂れるため、慎重にピンポイントに塗るトレチノイン治療には不向きに思える。単純に、個人的にスティーバAを使っていた名残で硬いクリーム状のBIHAKUENが好みというのもある。

だが、浸透率という点ではトレチノインジェルの方が高く、効果が出やすいという話だ。つまり、それだけ炎症も出やすくなるから、初めての人は浸透率が低く安全性の高いBIHAKUENがいいだろう

このブログでのサポートでトレチノイン治療を行いニキビ跡を改善させた「ちかさん」も、0.025%からはじめた。初心者はまずは0.025%、最低濃度から始めるのが一番だ。

失敗リスクを下げると同時に、成功の可能性を高める最良の方法

失敗しないために一番低濃度から始めるの納得したけど、やはりコンプレックスである肌を早く綺麗にしたい思いは強いはず。ならば、0.025%、0.05%、0.1%の3つを同時に揃えておき、いつでも高いパーセントにシフトできるように準備するのが最良だ。

例えば、まず最初は0.025%ではじめるが、もしかしたら0.025%が効かないかもしれない。その場合にすぐに0.05%にシフトできれば免疫がつかない内にはじめられる。又は、0.025%を1週間使ってて、だんだん効かなくなってきたと思ったら0.1%にシフトしてまた皮剥けを加速させる、という方法もとれる。

自分が効く体質かそうでないかは分からないから、0.025%だけを購入した人は使ってみるまで分からず、使い始めて効かなかったら、また1週間くらいの配達待ちで時間をムダにすることになる。

だが、先に3つ全てのパーセントを揃えておけば、上のように時間をムダにすることなく、スムーズに治療を続けられ、その分早く治せるのだ。これは別に焦って治療している訳ではなく、効率的に治療しているだけだからリスクにもならない。

デメリットはその分お金がかかってしまう事だが、早く肌が綺麗になるのと少しの出費、どちらが大きいかを自分の中で秤にかけてみてそれで選べばいい。(お金が気になるなら、全てBIHAKUENで揃えなくてもいいし)

俺は早く治したいから、3回目の治療では0.05%と0.1%を同時に購入した。フェイスラインには0.05%でも十分に聞いたが、頬の部分は0.05%じゃ効き目が弱かった為0.1%にシフトしスムーズに皮剥けさせることができた。

届くのが遅いから早めに注文しておいた方がいい

トレチノイン治療をやろうと決心したなら、すぐに注文しておいた方がいい。配達には1週間強かかるから、すぐには始められない。

現在(3/21)だと、トレチノイン治療を始められるギリギリのシーズンだから尚更早く注文すべきだ。(紫外線強いから6月くらいからはトレチノイン治療はやらない方がいい)

俺は最速で5日で届いたこともあるが、基本的に7日はかかると思うから、夏までに今の肌をなんとかしたいと思っているならお早めに。

  • [BIHAKUEN]トレチノイン0.025%

-トレチノイン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トレチノインの個人輸入に使う段ボールのイメージ

トレチノインを個人輸入する時に注意すべき大事なこと!

安いから個人輸入したいけど、病院でやるべきか迷っていませんか? トレチノイン治療に興味を持った多くの人が、個人輸入で行うか、病院の診断のもと行うかで迷い、色々思案すると思う。 だが、俺に言わせれば答え …

トレチノインの痛みにより不安になることはない

トレチノインは痛くて沁みるが、不安になる必要はない

トレチノイン治療中は痛いが、それは皆同じだ トレチノイン治療中は、トレチノイン・ハイドロキノンはかなりの確率で沁みて痛みを伴う。重症ニキビを治すべくバリバリ皮剥けさせている人なら尚更痛いだろう。そして …

トレチノイン治療の準備

10月からトレチノイン治療を始めるために今するべき事

9月1日現在はまだまだ暑く、紫外線も強いので、トレチノイン治療をするには少し厳しい環境かもしれません。 勿論、夏にトレチノイン治療を行っている者もいるが、初心者はなるべく避けるにこしたことはない季節で …

トレチノインのリスク

初トレチノイン治療の経過観察に学ぶ失敗リスクを下げる方法

私が初めてトレチノイン治療をした時は、かなりの不安と恐れが伴った事を覚えています。「これ以上肌が汚くなるなんて耐えられない」という気持ちでした。 しかし、トレチノイン治療は「適切な方法」さえ理解してい …

使用期限を過ぎたトレチノイン・ハイドロキノンを使った結果

使用期限を過ぎたトレチノイン・ハイドロキノンを使うとどうなるのか? トレチノイン・ハイドロキノン、どちらも1クール(3ヶ月程度)で使いきって下さい、と言われている、更に未開封なら1年は軽く持つようだ。 …