トレチノインの適切な量を見極めないとヤバイぞ。

トレチノインの量を計る

トレチノインの量が多すぎれば炎症が激化する

元々トレチノインは炎症が激しいが、トレチノインの量が多すぎるとその激しい炎症は更に激化し、炎症による色素沈着・赤みが治りにくくなってしまう可能性が高くなる。

「自分の適切なトレチノインの量」を見極める事が、トレチノイン治療のリスクを下げる為には必要になる。トレチノイン治療を医師のサポートの元で行う様にオススメされるのは、この「適切なトレチノインの量」を医師に判断してもらう為だと思う。

個人でトレチノイン治療をするなら、その適切なトレチノインの量の見極めを自分でするしかなく、そこでハンパな知識で、適当(悪い意味)な量を塗ると、この俺のようにヘマをするリスクが格段に高まるから注意してくれ。

適切な量のトレチノインとは?

トレチノインの量は「個性」だ

適切な量のトレチノインは人により違う。

トレチノインを塗ってすぐに炎症・皮剥けが起こる人もいれば、同じ濃度なのに7日経っても皮剥けすらしない人もいる。逆もまた然りで少しの量なのに過剰に皮剥け・炎症を起こす人もいるだろう。個性みたいなものだ。

トレチノインは体質により大きく左右される為、一口に適切な量と言っても、人により差が出る。だからこそ、自分の適切な量は自分で決めるしかないというワケだ。

自分の適切な量を導き出すための方法

これは至極簡単で当たり前のことだが、まずはトレチノイン濃度の一番低いスティーバA0.025%を使うのが一番安全だ。

低濃度のトレチノイン スティーバA0.025%

そして、その0.025%を爪楊枝(つまようじ)の先にちょっとつける位の量で良い、大体1mmくらいだ。まずはその量を患部につけてみて、自分がどれだけトレチノインの耐性があるのかを調べると良いだろう。

それを朝晩3日ほど行っていると、多くのケースで3日目には炎症・皮剥けが起こっている。その3日目・4日目辺りに何も症状が出なかった場合は、トレチノインの効き目が薄い体質だと判断して、塗る量を若干増やすか、勿体ないが濃度を0.05%に上げる。だが、患部からはみ出さない程度の量にする事は意識しておく事だ。

逆に、2日目くらいから既に炎症・皮剥けが出たり、3日目に「ヤバすぎるだろ!!」ってくらい赤みが出た場合などは、トレチノインが良く効く体質だと判断し、トレチノインを塗る間隔を空けたり、更に量を減らす事になる。

トレチノインの量を減らす具体的な方法

具体的には、

  • 今まで1日に2回(朝と晩)に塗っていたトレチノインを夜だけにする
  • 1日2回ではなく、2日に1回塗るだけにする
  • 塗る量が多くなっていないか確かめ、多ければ本当に1mmくらいにする

これらの対策で、トレチノインを塗る量を減らしていく。

だが、恐らく初めてトレチノインを使った人は皆3日後には「ヤバすぎるだろ!!」という感想を持つと思うから、そこが難しい所だ。

まぁ、自分で「ヤバすぎる・辛い」と思ったのなら、それが君のキャパシティ(限界値)だから、あまり我慢してその量を維持する必要はない

飽くまで安全性を重視して治療していくのがトレチノインのリスクを下げるコツだと思う。俺は無駄に我慢強かったのか、激しい炎症でも我慢して「辛い方が早く治る」と、あながち間違ってもいないがリスクが高すぎる使い方をして、結局は痛い目見た。

だから、ことトレチノイン治療に関しては、あまり無理はせずに、自分の安全を優先させる方が賢いと言える。

リスクで一生赤い肌のままになりたくなければ長い目で見ていく事が大事だ

トレチノイン最大の副作用として、炎症が酷すぎると、その赤みが定着し、一生肌が炎症を起こしたままになってしまうという凄絶な副作用がある。これにはなりたくないだろう?

一度トレチノインを使った事がある人なら分かると思うが、トレチノインを使っている時の肌の赤さは尋常じゃない。普通の人が見たらまず心配せずにはいられない位の赤みだ。それくらいニキビから縁のない人の日常からはかけ離れている。

それが一生続くとなると、卒倒ものだ。俺はその副作用に一歩足を踏み入れてしまったようだが、今はなんとか改善してきている。

俺のようになりたくなければ、トレチノインを塗る量には細心の注意をはらうことをオススメする。それが俺のできるトレチノイン治療の最大のアドバイスだ。

初めて使うなら「こんな少なすぎていいのかな?」くらいの量で全然構わない。トレチノインの効果をナメない方がいい、そんなゴマ粒みたいな少量でもバカみたいに効く

副作用を被ってしまってからでは遅いから、トレチノイン治療は慎重に長い目で見ていくことを心掛けろ。くれぐれも焦ってニキビを治そうとしてはいけないぞ。

【関連記事】

>>トレチノインの効果を評価・レビューする

>>失敗しまくった俺に学ぶ正しいトレチノインの使い方

>>トレチノイン1クール目の経過観察

>>トレチノインの強烈な炎症をも抑える薬を2つ紹介する。

コメント

  1. 匿名 より:

    初めまして!質問なんですが、ハイドロキノンは2%と4%がありますがどう違うのでしょうか?またどちらのが良いとかあったりしますか?

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>匿名さん
      濃度が違うということで、2%の方が刺激が弱く、シミを抑える効果は弱いです。4%は刺激が強いですが、シミを抑える効果は強くなります。
      自分は、4%の刺激でも大丈夫ですが、個人差があるのでパッチテストを行ってから使うことを推奨します。

      それをふまえて、まずは2%からでいいと思います。

  2. 通りすがり より:

    大変わかりやすく参考になります。
    どうもありがとうございます。

    • シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 シンイチ@重症ニキビの治し方専門ブログ【レビュー・考察・分析】 より:

      >>通りすがりさん

      参考になって幸いです!なにかあったら気軽に相談してくださいね。